山女太郎の渓流釣りと海釣り

釣りが楽しまれるだけでも幸せを感じる・・・歳かな??

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

何年か前まで椎葉では有志による「椎葉平家マス釣りがち大会」が開催されていた。
「平家マス」とは椎葉村のダムや河川で育ったヤマメが、ワカサギなどの小魚をたっぷりと食べて大きくなった個体(ランドロックサクラマス)の事を何と呼ぶかと議論され、公募して一番多かった名前としてつけられたものです。
ダムではルアー釣りで、耳川本流や支流でも稀に五十センチを超える個体が釣れていました。
しかし、去年か一昨年あたりから「椎葉平家マス釣りがち大会」は自然消滅したようだ、理由は分からない。
主因としては「釣れない」だろう、副因として参加者が少ない事もあるかも知れないし他にも要因が有るのかも知れない。
去年、今年とダムでは大物が上がっていない、と言うよりも小さい奴すら殆ど釣れていない。
何故だろうと考えた時に、
去年は小物すらルアーを追っかけて来なかった、以前は小物が食いつかないまでもルアーについて来ていた、今年の状況を見ると来年の予想も出来る、間違いなく来年も釣れない、尺以下は少し出るだろうが平家マスと呼ばれる五十センチクラスはほぼ釣れない、再来年も同様だ。
今年、漁協がダムに稚魚放流したとしても尺上が釣れる程の効果が出るのには最低三年は掛かる、それもワカサギも放流されたとしての事だ。
漁協が言うにはワカサギは供給元である諏訪湖が不漁でこの二年は購入できなかったとの事だ。
ワカサギの発眼卵は諏訪湖だけが出荷しているわけではない、他にも出荷している所がある、一年目は仕方ないとしても二年目は何故二か所に発注しなかったのか、半分でも確保して居たら良かったのにと思う。
いずれにせよ、自然産卵だけでヤマメが沢山釣れる川なんて日本のどこを探しても(ひょっとしたら北海道はあるかも)無いでしょう。
椎葉の山が昔のように豊かになり、沢山の水を貯え川の水量を安定させ、気候が穏やかになるまでは無理な願いです。
それまでは河川とダムへの稚魚放流に頼るしかありません、このままであれば平家マスは幻の魚になってしまいます。
椎葉での釣りを、そして椎葉を愛する皆さん、声を上げましょう。

椎葉村のホームページ下段のお問い合わせをクリックし、漁協あてに、
平家マスを増やすためにダムにヤマメの稚魚とワカサギを放流して下さい・・・・とメールをして下さい。

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事