輸入車修理ブログ

整備士の奮闘ぶりを紹介します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

95 トーラスワゴン A/Tの滑りで 走行不能。

DレンジやRレンジに入れると ショックが何も無い。
ATFを点検すると ぜんぜん入っていない。

下回りを見ると かなりの量のオイル漏れ。
オイルパンのガスケット周辺からのオイル漏れが激しいが
場所が特定できない。
ミッション周辺を洗浄後 ATFを足して試乗してみると
A/Tのオイルポンプのオイルシールよりオイル漏れでした。

エンジンとA/Tを一緒に降ろして
A/Tを分離後 トルクコンバーターをはずしオイルシールを交換しました。

また 同時にオートマオイルパンのガスケットと
バルブボディーケースのガスケットの材質がコルクで
劣化が激しいので、同時に交換しました


http://www.yamamimotors.com

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事