ここから本文です
山本少年サッカークラブ応援コラム
『仲間を大切に、仲間の為に、仲間と一緒に…』 山本少年サッカークラブで、サポーターも選手と一緒に夢を掴みましょう!

助っ人

週末に行われたFCAカップ/U-12初日
イメージ 1
初日のリーグ戦が参観日と重なった為、
6年生大会ながら来れる4年生を助っ人として手配しました。
イメージ 2
さすがにいつも戦う相手とは2学年も違うので、
サポートする様に見てたのですが、意外や意外…
対等に戦っているではありませんか…
サイドバックからのオーバーラップなどは6年生顔負け。
イメージ 3
改めて
『逆境がハートを強くする』…その言葉の意味を感じました。
イメージ 4
『強い相手に物怖じしてしまうのでは…』
『相手が6年生だからどうせ…』
そう思った時のサポートの為に引率同行したのに
その思いは、嬉しい方に裏切られました。
やっぱ強い相手と戦う方が強くなるなぁ〜
イメージ 5
ちなみに帰りに助っ人の4年生に感想を聞いてみると
『楽しかったぁ〜』だって…
イメージ 6
背番号13・14・15番
頼もし過ぎるゼィ…

この記事に

習慣

昨日、引率させて頂いた学年で気づいた事があったので、
その学年の保護者に集まって頂き情報を共有し
指導者と一緒にサポートして頂く様に協力を得ました。
イメージ 1
その情報とは
■1つ目
『車に乗り降りする際に挨拶すること』
 乗る時は『お願いします。』
 降りる時は『ありがとうございました。』
送迎用の車はたまたま用意されている訳ではありません。
お父さんお母さん達が忙しい中、準備して下さっているんです。
また配車が自分ん家の車でもそれは一緒です。
たまたま自分ん家の車が配車になっただけで、
サッカー部の選手として乗降車する際は挨拶しようと…
イメージ 2
■2つ目
『グランドで、すれ違う人達とは挨拶をする』
 挨拶って必要なことですよね…
 っーか、この手の習慣はやり続けないと身に付きません。
 やり続けることが必要です。
 そして、大人がしない事は必ず子供達はしなくなります。
 ですから、保護者さんも一緒にして欲しいと。
今は難しい時代で『知らない人には声を掛けない』時代かも知れませんが、
サッカー選手としてスポーツマンとして人格形成する為に
必要な事だと思っていますので、言い続けて行きます。
イメージ 3
『元気で明るい!山本少年サッカークラブ
是非みんなで習慣として続けて行きましょう〜

この記事に

☆筆の里みついわカップ/U-8
イメージ 2
■11月19日(日)
■熊野第四小学校
■2年生
■6人制 (12-5-12)イメージ 1
0-1× vs片山
3-0〇 vs熊野
5-4〇 vs中山
3-1〇 vs江波

筆の里みついわカップ/U-8を引率した指導者のコメントです。
イメージ 3
『この晩秋一番の寒さとなった今日。
 選手の目標は”優勝トロフィー🏆を持って帰ること!”を掲げ一生懸命走りました。
 しかし指導者の目標は、”全員出場”と”全員でいろんなポジションを経験すること”
 全試合前後半、GKを経験させキャプテンも経験させました。
イメージ 4
 しかしながら事実上の決勝戦となった第1試合は、
 残り数分での失点が大きく響き、選手達の中には涙する者もいました…
イメージ 6
 実はこの負ける経験が、選手達をまた一歩大きくする試練で
 負けた数だけチームは強くなって行くと思っています。
 選手達の目標は叶いませんでしたが、指導者の目標と負ける経験が
 必ずや彼等を強く大きくすると信じて、
 また明日からのトレーニングに励みます。』
イメージ 5
 今日はそれにしても寒かったなぁ〜。

この記事に

試合結果

☆8.20BA杯仲間の絆サッカーチャレンジマッチ

■11月19日(日)
■祇園北高等学校
■5年生
■11人制 (15-5-15)

0-2× vs梅林
0-5× vs緑井
0-0△ vs大塚

この記事に

☆FCAカップ/U-12/二日目
イメージ 1
■11月19日(日)
■久地南小学校
■6年生
■8人制 (15-5-15)
イメージ 3
ブロンズトーナメント
3-0〇 vs祇園
4-0〇 vs平田(島根県)
0-2× vs黒瀬
イメージ 4
FCAカップ/二日目を引率した指導者のコメントです。

FCAカップ二日目、ブロンズトーナメントに臨みました。
 初戦、準決勝と自分達のやりたいサッカーをする事が出来ました。
 決定力には課題がありますが、
 3人目の動き、オーバーラップ、サイドチェンジ等、
 個々に頼った攻撃ではなく、チームで崩す事が出来ました。
イメージ 5
 決勝では、当たりが強くスピードのある相手になりました。
 今まではプレッシャーで蹴るだけのサッカーになってましたが、
 今日は最初から意識も高く、体を張り連動した攻撃も見る事が出来ました。
 連携ミス、セットプレーから失点してしまい惜敗しました。
イメージ 6
 今日の敗戦は、次に繋がる敗戦になったと思います。
 選手、コーチ共に悔しい結果となりました。
 なんとか勝たしてやりたかったです!』
イメージ 2

この記事に

試合結果

☆ジョイフットカップ/U-11
イメージ 1
■11月18日(土)
■戸坂運動公園
■5年生
■8人制 (15-5-15)
イメージ 2
Aリーグ
2-1〇 vs府中南
3-0〇 vsJFC
1-1△ vs高陽
Aリーグ2位通過
イメージ 3
順位決定戦
1-1〇 vs川内
 (PK:3-2)

この記事に

☆FCAカップ/U-12/初日
イメージ 2
■11月18日(土)
■可部小学校
■6年生(プラス4年生)
■8人制 (15-5-15)イメージ 1
Aブロック②グループ
0-0△ vs南観音
0-2× vsCAVATINA
イメージ 3
Aブロック②グループ2位抜け、総合4位
明日はブロンズトーナメントヘ

FCAカップ/初日を引率した指導者のコメントです。
イメージ 6
今日は、山本小が参加日でしたので、4年生から3人助っ人を借り、
 途中まで8人で戦いました。
イメージ 4
 4年生はよく動き堂々とプレーしてくれ、6年生にもよい刺激になりました。
 チャンスも多く作りましたが、決めきれずリーグ2位で
 順位決定戦に望む事になりました。
イメージ 5
 そこからは6年生で戦いましたが、
 なかなか調子があからず敗れ、
 明日はブロンズトーナメントに臨みます。
 明日は、優勝目指して戦います。
イメージ 7

この記事に

観戦者コメント

また、こんな意見も頂きました。
イメージ 2
 観戦してる側はとても新鮮でした。
 帰ってから
 「⭕⭕コーチに誉められたよ!」
 と自慢気に教えてくれました
 ほんと、コーチのことを尊敬してるんだなと思いました。
イメージ 1

この記事に

指導者コメント

こんな意見も頂きました。
イメージ 1
今日の午前中は、他学年を担当させていただきました。
 試合に入るにあたり、3つの約束を選手としました。
 ・サッカーを楽しむこと
 ・1つ1つのプレーを大事にすること
 ・取られた瞬間から取り返しにいくこと
 シンプルなことですが、
 相手がどこであれ、相手が誰であれ、気持ちさえあれば
 次の瞬間からすぐにでも取り組めることなので、
 今日できたなら次からも継続していって欲しいなぁ。
イメージ 2
 私自身もひさしぶりの高学年の指導でしたので楽しく見させていただきましたが、
 苦しいとき・劣勢のとき・うまくいかないときに、
 外にいるコーチではなく、ピッチのなかにいる選手たちで声を掛け合い、
 率先してリーダーシップを取れる選手が一人でも増えれば、
 チームとしてもっともっと成長できると感じました。
イメージ 3
 私自身も普段見ない学年を見させていただくことで勉強になりましたし、
 改めて、山本SC全体として取り組むことの大事さを感じました。
 是非、また一緒にやりましょう!
イメージ 4

この記事に

指導者コメント

いろいろな感想を頂いています。
イメージ 1
今日は指導者シャッフルという事で、低学年を担当しました。
 「サッカーを楽しむ」をテーマに、
 アップの時からみんな元気が良く、大きな声も出ていました。
 試合になると、出場意欲も非常に高く、
 やりたいポジションの奪い合いもありましたが、
 みんなで話し合いお互いに仲良く順番に譲り合うなど
 お互いを尊重した微笑ましいシーンも垣間見ることができました。
イメージ 3
 無邪気にボールを追いかけ、笑顔の絶えないサッカー。
 心からサッカーを楽しむ姿を見て、今日の午前中だけでしたが、
 改めてサッカーについて教えてもらえた1日だったかと思います。
イメージ 2
 普段見ている学年には、どうしても高いレベルを求めて
 語気強く指導してしまうことが多々ある為、
 改めて子供達がサッカーを楽しむ観点からも指導していきたいと思います。
イメージ 4
今日は指揮をとってもらい他学年のサポートさせてもらいました。
 みんな練習からよく声がでて、
 試合でも気持ちが入ったプレーに感動しました。
 うちの学年もこんなんだったら良いのになぁと思って、
 自学年に今日どうだったて聞いてみたら『楽しかった』…
イメージ 5
 子供達にサッカーを楽しませる事を忘れてるのかなと思いました。
 ついつい熱くなって言ってしまったり怒ってしまったりと反省しました。
 今日の気持ちを忘れずに、これからの指導に取り組んで行きたいです。
 良い指導が見られて参考になりました
イメージ 6

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事