ボードゲーム(ドイツゲーム)のつぶやき

遊んだボードゲームに関することや思いを綴って参ります

ボードゲーム会の備忘録

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

(協賛:はりらんボードゲームサークル様)

これから紹介するのは筆者の体験したボードゲームのみのプレイバックです。
ブログを読まれてボードゲームに興味をもって頂ければ幸いです。

筆者が到着した時、賑やかに2卓ゲームが始まっていました

辺りをぐるっと見渡すと空いたテーブルには、ゲーム終わり待ちで手持ち無沙汰な参加者さんがいらしたので声をかけて一緒に持参した「宝石の煌き」「ヴァンパイアクイーン」をプレイ、そうこうしている間に、1卓ゲームが終了したので、そこに混ぜてもらって「ゲシェンク」をプレイ

★ 「ゲシェンク」 20〜30分くらい

場にランダムに出たカード(マイナス点)を取るか、取らない代わりに1チップ支払ってパスをするか。これを場のカードが尽きるまで続けます。
パスをして溜まったチップはカードを引き取るときに一緒に全て貰えます。
ゲーム終了まで所持金チップは非公開です
チップが尽きればパスは出来ず、カード(マイナス点)を引き取らなければいけません。
なので、チップはとても大切。
下記写真の左下にある㉛と㉕のプレイヤーはマイナス56点カード点と所持金チップ(プラス)を合わせて得点計算になります
イメージ 1

筆者は⑰のマイナスカードと所持金チップ1枚を計算してマイナス16点でした

イメージ 2

ゲームを楽しむ間に人も徐々に増えてきたので卓別れして、筆者の卓では「ゴキブリポーカー」をプレイ

★ゴキブリポーカー 20〜30分程度
ランダムに配られた全8種の害虫カードを相手に押し付けあうブラフゲーム。
非公開でカードを渡されたプレイヤーは、カードの真偽を当てます。

【例】
プレイヤーA:8種ある中から任意の害虫名を宣言してから1枚カードを非公開で差し出す

プレイヤーB:カードは伏せられたまま真偽を言い当てる

プレイヤーBが言い当てればカードを出したプレイヤーAにペナルティとしてカードを突き返すことが可能。
当てれなければプレイヤーBのペナルティとして自分の正面に公開で置かれます

または、カード内容を見て第3者へカードを回して回答権を移すことも出来ます

ゲーム終了条件は同種の害虫カード4枚か、もしくは全8種をペナルティとして受け取ったプレイヤーは敗北します。


イメージ 3

筆者は下記写真の3種(ごきぶり・かえる・ねずみ)ペナルティで済みました
イメージ 4

★ 「カタンの開拓者たち」45〜60分程度

必要な資源を集めて道や町を建設し都市に発展させ勝利点10を目指します

資源は、木材・レンガ・羊毛・鋼鉄

これらの資源カードを組み合わせ建設に必要な素材を揃えていきます

筆者は青の駒です

イメージ 5

また手番では、他プレイヤーと資源交渉も可能。
資源カードの他には発展カードと呼ばれる特殊カードもあります
【例】 独占カード:全てのプレイヤーから宣言した1種を独占して奪うことができる

この他にもダイスの7で登場する盗賊駒(資源が出なくなる効果)
道を伸ばすと貰える最長街道(ロンゲストロード) :ボーナス2点
などなど
下記写真は発展カード・ボーナスの一部
イメージ 6

建設5点・発展カード3点・最大騎士力2点
(合計10点で勝利できました)

★ PESCADO
イメージ 7

特殊カラーダイスを振って場に並べられた得点トークンを入手します
イメージ 8

まずは、ダイス5個を振って出目に該当するカラートークン(上記写真)を入手します
左から3色は1点・2色は2点・1色は3点

場に並べられた6枚の共有トークンと更に他プレイヤーが入手したトークンも入手対象となります

基本のダイス5個とは別に、トークンを2枚(他プレイヤーの入手トークンを含む)諦める(裏返す)毎に追加ダイス1個(最大2個)を受け取れます

ゲーム終了条件は得点トークンが無くなるまで

(筆者は、勝利点17でトップ)

★ コンプレット 15〜25分 程度

1〜100まである駒(非公開)を階段数(連続数)で矛盾なく揃えれば勝利
手番で出来ることは、中央の場から駒を選び任意の位置に配置して入れ替える
もしくは、駒を取らず自分の任意の駒の位置を差し替える

筆者は手前の列(3個埋まらず)
イメージ 9

★ バンジー

ランダムに配られたカード5枚の手札の合計値を5以下にさせることがゲーム終了トリガーになります
イメージ 10

手札1枚と引き換えにセンターの山札から1枚ドローか、2番手以降は捨て札からのどちらかから交換

毎ラウンド山札から1枚ランダムに選ばれたラッキーカードと同じ数字の書かれた手札はゼロ扱いになります

もうひとつ特殊カード、バンジージャンプ絵柄カードもゼロ扱いですが、ゲーム終了時に手札合計値5以上だった場合には10扱いとなるので注意が必要です

上記写真にある6のカードはプレイヤーを1人スキップさせる効果があります

下記写真は筆者の終了手札です
このラウンドは10がラッキーナンバーなのでゼロ扱いになり合計値1という具合です
イメージ 11

★ ごい牌 (ごいたのマージャン牌番)

石川県 能登半島に古くから伝承される郷土ゲーム

このゲームは4人限定のチーム戦です

1チーム2人のどちらかが場に8枚の牌を出し切れば勝利です
下記写真
イメージ 12
上記写真の場合は、筆者がスタートプレイヤー(親)
左上に任意の牌を非公開で場に置き、その下に飛車牌(任意)を配置しました

次プレイヤー(敵)は、これを止めるために同じ牌(この場合は飛車)か、王を出さなければ
いけません

誰にも止められず1巡すると新たに非公開の牌を置くことができます

その下に金を配置

その後、金・角を他プレイヤーに出され止められましたが、さらに私が角・香で止めました

同じように香・馬と回ってきたので右上の馬・玉と受けて勝利しました

玉(王)上りは50点

これもチームプレイの賜物です
イメージ 13


★ ラブレター
1〜8まである数字カードに書かれた効果を使用して数字の強さや能力を競い最後まで残れば勝利です

イメージ 14

手札1枚からスタートして手番が来たら山札から1枚ドロー
相手を1人選び手札2枚の内のどちらかの効果を発動させて勝負

今回は3点先取

残念ながら1点も取れませんでした

冒頭にも書きましたが、ボードゲームに興味を持たれた方は、お近くのボードゲーム会に足を運ばれてみてはいかがでしょう

容量の関係でブログ用に解像度を限界まで下げています

お読み頂きありがとうございました

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

(協賛:ボードゲームサークル はりらん様)

今日は新年のボドゲ初めをイエローサブマリン姫路店にてして参りました。

ここでは、筆者自身が体験したボードゲームのみのプレイバックになります。

13時過ぎに到着しましたが、すでに2卓ほどがボードゲームを遊ばれていました。

新年1発目は持参したカタンの開拓者たちを4名プレイ

オレンジ(黄)色が私です

イメージ 1

ロンゲストロード(2点)を得るも 合計8点止まりでした

6の小麦を盗賊に押さえられ苦しい展開でした

下記写真にあるレンガ2:1資源交換の港を押さえていたので効率よくゲームを運んでいましたが、後半は鉄の資源が足りず開拓地の都市化が出来ませんでした
イメージ 2

次第に人も増え始め ボーナンザ ダイスを6名プレイ
ちょっと長期戦になってきたので12点制に変更
なかなかダイスとカード運に恵まれず8点でした
イメージ 3

スカルキング 6名プレイ
「ヨーホーホ」の掛け声で始まり、各自が各ラウンドごとに自分の勝利回数を予測します 
勝利回数がピッタリ正解すれば得点になり、外れるとマイナス点になります
これを10R行い、その合計点で勝者を決定します

イメージ 4
前半の4Rくらいまではピッタリ正解させていましたが、中盤〜後半まで外しまくりトータルマイナス点でした。

ラスト10Rはピッタリ正解(2勝)しましたが手遅れでした。下記写真
イメージ 5

Number9 4人プレイ
最上段(×3点)に7を置いて合計83点でした
イメージ 6

持参した 宝石の煌き 4名プレイ
初見の方がいらっしゃり、「もう1回!」頂きました('ω')ノ
さらにゲーム終了後 「このゲーム名なんて言うんですか?」とネット検索までする気に入りようでした

イメージ 7

残念ながら、私は貴族カードすら取れず11点でした
イメージ 8

メンバーが入れ替わり 最後にもう1度カタンの開拓者を4名でプレイ

私の色は白

ロンゲストロードを獲るも またもや8点止まりでした( ;∀;)

確率的には低いはずの2が異常に出ながら2にだれも居ないという状況が続き異様な盛り上がりをみせました

イメージ 9

そして、2に開拓地を配置した途端に2が出なくなるお約束でした( ;∀;)

イメージ 10

19:30頃まで たっぷりボードゲームを堪能できました

写真にはありませんが、合間にコヨーテやノイも遊びました

このブログを読まれてボードゲームに興味を持たれた方は、お近くのボードゲーム会やCAFEに足を運ばれてみてはいかがでしょう





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

(協賛:ボードゲームサークルはりらん様)

こちらでは私の遊んだボードゲームのみのプレイバックとなります。

ご興味を持たれた方は、是非、お近くのボードゲーム会・CAFEに足を運ばれてはいかがでしょう

13時過ぎに会場に到着。すでに10名近い方がいらっしゃり各々がボードゲームを楽しまれていました。

★ 初見 サグラダ 4名プレイ
20個のダイスをお題カードに従って埋めていきます

イメージ 1
イメージ 2
上記が私のお題です。(写真右上のお題のダイスカラー(黄)は自分にしかわかりません) 黄色ダイスのみダイス目が得点になります。
なので写真の場合25点です。
写真右下に見えるお題に従って置かなければならない(本来はダイスの下敷きになっていて、その上にダイスを置いていきます)
イメージ 3
さらにボーナスがあり、ダイス1・2が1組ごとに2点 写真の場合は2組出来ているので4点ボーナスです

あとは5色ボーナスは3点です。写真の場合、5色が2組あるので6点です

なので合計35点でした

★ Number9 4名プレイ (下記写真は得点計算のために並べています。実際に各数字タイルは積み重なっています)
写真上から3段目 7×3 21点 2段目17×2 34点 1段目 27×1 27点 0段目の有象無象(5と6が0段目はつらい)
合計82点
イメージ 4

★ 初見 カチーナ 4名プレイ
1から8までの数字タイルがあり 基本的には大きい数字が強いのですが、中には能力を持ったタイルがあって、強さが逆転したりします
縦横に7枚までしか並べれません
イメージ 5

サマリーを写真に撮ったけどテキストまで判別不可各数字タイルの能力が載っています
イメージ 6

なかなかルールについていけず62点でした
またやりたい
イメージ 7

★初見 マニラ 4名プレイ
ボートに乗って、商品を運びます。
各自の所持金30ペソと株券2枚(ランダムで配られ自分しか確認できません)。
初めに競りをしてスタートプレイヤーを決定させます。
スタPには各株券購入の権利が得られます

イメージ 8

各株券の価値は商品を乗せた船がゴールした場合のみ上昇します
下記写真の場合は、ヤシの実(茶色)5ペソ 織物0ペソ 根菜類0ペソ 翡翠5ペソ 
どれかひとつの商品が30ペソになるとゲーム終了し持ち株の決算になります。
イメージ 9
 
所持金と持ち株を合計すると 133ペソでした
イメージ 10

★初見 マジェスティ 4名プレイ
カードを手に入れて、お金を得て、さらに多くのお金を稼ぎます
イメージ 11
上記写真は、製粉2枚 醸造2枚 魔女5枚 酒場1枚 お城1枚 
カードを得る度に収入コンボが発生します
魔女のカードを得る度に製粉・醸造コンボが発生して収入がありました
さらに全プレイヤーの中から各カード取得枚数の優勢を得れればボーナスが得られます(カード右下に得点)
イメージ 12合計金額は168金でした

19時頃までボードゲームをして帰路につきました

相席して下さった方々に感謝です




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

(協賛:ボードゲームサークル はりらん様)

ここで紹介するゲームは、自身が参加したゲームのみです

午後2時前に到着したら、もうすでにボードゲームで遊ばれていました

ちょっと人が集まるのを、談笑しながら待ちつつ

3人ほど揃ったので

持参した宝石の煌きをプレイ

手番で出来ることは、宝石メダルを手に入れるか、宝石で得点カードを購入する
これを繰り返し、先に15点ゲットすれば勝利


イメージ 1

1戦目は11点どまり
赤いルビーに望みをかけたが、カード運に恵まれず
イメージ 2

2戦目
10点
高得点のカードを2枚ゲットしたけど、時すでに遅し

イメージ 3

タイムボム
ポリス陣営とボマー陣営に分かれて、解除成功のカードを全て出せればポリスの勝利
boomカードを出せればボマー陣営の勝利
ただし、誰がどちらの陣営かは秘密です
もちろんカミングアウトもありです。しかしブラフかも〜
2枚目でタイムボム起動w
ポリスやったのに〜
イメージ 4

メンバーも4名になったので ごいたをプレイ
かれこれ半年ぶりくらいにやったので、ルールうろおぼえでした
今度こそルール覚えた
イメージ 5

4〜5戦やったかな?
チーム戦で序盤は足を引っ張ていましたが、ラストは綺麗に自分で勝利を飾れました
イメージ 6

デモンワーカー 初見プレイ
やりごたえのあるワーカープレイスメントゲーム
序盤は何をしたらいいのか分からず、なんとなくプレイ

手札の召喚悪魔カードの能力を活かして戦略を練るので初見はつらい

イメージ 7

45点の最下位 グヌヌ〜
こういうの初見で把握するの苦手
でも、リトライしたくなる

イメージ 8

ピントがまるであってないw
私の世界の見方を6名でプレイ
 お題「2泊までの旅行なら不要だが、それ以上となると、必要だと思うもの」
ワイ 「生まれたばかりの仔犬」
イメージ 9

ゴキブリポーカー ロイヤルを6名でプレイ
しかし、肝心のSPカードが山札に埋もれていました

イメージ 10

黄金体験 初見プレイ
自分以外のプレイヤーにお題カードを見せてヒントもらいつつ、お題を推理するゲーム
自然と会話が生まれて盛り上がりますな
イメージ 11

イメージ 12

楽しい時間を過ごせて感謝です

別卓では大勢の方で賑わっていました

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今回は10時過ぎに会場へ到着

もうすでに数十名の方で賑わっておりました 

ここでは自身が遊んだゲームのみのプレイバックになります。

初めに持参したラミィキューブをプレイ
同色で連続数のラン(3枚以上)、混色で並列数のグループ(3枚以上)を組み合わせて場に出し切れば勝利です
手札が少し残った〜
イメージ 1
特にラミィキューブは自分で遊んだ以外にもリクエストがあって活躍してくれました

持参したボドゲで遊んでもらえると嬉しくなります

今回の持参ゲー チームプレイ
6人で その名の通り2人1組のチーム戦
お題カードをチームで合計8枚達成させて最も高得点のチームの勝利
ただしチーム同士の相談はNGなのです

確か7枚達成して27点やったかな〜w
イメージ 2

初見プレイ
絵札を数字の数だけ揃えて高得点を目指す
同種のキャラなら より高得点
30点で2位

イメージ 3

ホワイトボードに告知や かわいらしい絵
イメージ 4
イメージ 5

持参ゲー お邪魔者 遊びたいという要望があったので〜

序盤は平和に金鉱堀〜
途中で 行き止まりしかないわ〜 という怪しい発言が…
案の定 お邪魔者やった〜w

イメージ 6

お邪魔者を躱して見事 金塊ゲット〜
イメージ 7

みんなで タンブリングダイス
初めチーム戦して ソロ戦スタート
ソロ戦は3位

イメージ 8
イメージ 9

これも持参ゲー

4人で ゴキブリポーカー ロイヤル
さそり3枚リーチで やばみ〜 と崖っぷちからの逆転勝利〜

イメージ 10

7wonders
戦争が起き、自分の意志とは裏腹に戦乱に飲み込まれたw

イメージ 11
勝利点を中心に軍事も集めつつ

イメージ 12
たぶん42点やったかな〜

イメージ 13
 
こんなに たくさんのボードゲームで遊ばれてたんですな〜
途中に撮ったので実際には もっと
イメージ 14

お別れの挨拶を済ませながら、私は4時半に撤収しました
イメージ 15

他には 犯人は踊るを8人で何度も遊んで盛り上がりました( ^ω^ )

遊んで下さった皆さんに感謝です

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事