ボードゲーム(ドイツゲーム)のつぶやき

遊んだボードゲームに関することや思いを綴って参ります

ボードゲームのつぶやき

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あくまでも個人的な見解、いわゆる長時間な重ゲーはスーパーカーのようなもの

ハイスペックすぎるがゆえに走る場所・環境に著しく左右されがち

なので最近は、出番の少ない重ゲー購入を自重中‥

でも、スーパーカーは魅力的なんだよなぁ‥悩ましい‥

なので時折、タイミングが合えば、ちゃっかり遊ばせてもらうw

それと‥

経験上、ボドゲ会で丸1日ボドゲ遊んでも、重ゲの特性上、1つ遊ぶのもやっとという感じ

重ゲ限定会とかでもない限り、ずっと重ゲーの卓は続かないのが一般的

じゃあ、どのタイミングで重ゲー卓を立てるのかを強いて挙げるなら、全体の時間の3割を経過したくらいが切り出しやすいと感じる

全体の5割でギリギリ‥6割超えたら、もう重ゲを遊ぶ精神力・体力共に著しく低下しているのが一般的

それどころか重ゲを全くやらない人も少なくない

悲観的な事ばかり挙げてきましたが、

それでも重ゲは他にはない確かなやりごたえを与えてくれます

なので結局のところケースバイケースなんでしょうね

求められる環境があるかないかを見極める

そこに帰結すると思います








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ドイツゲーム購入を始めてから約1年半経過

ボードゲームの箱の色落ち、剥げが随所に目立ち始めたので対策として業務用テープで痛みやすい箇所から重点的にテープ補強。

貼る際には、空気を入れない様に貼っていくのが意外と大変

今回は100均の業務用テープを使用

下記写真はテープを貼った状態
かなり光沢感が出ます(この辺は好みが分かれそう)
フラッシュ付きで撮影すると角度によっては光で真っ白

イメージ 1

テープカット注意点
ハサミでカットしようとしたら刃にベタベタくっつくのでカッターを使用

べた付いてカットすることが難しい方には、専用のカッター付きホルダーも別売りであるので、そちらをお勧めします

良かった点
色剥げ防止
耐水性・耐久性アップ
ローコスト

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

具体的にはラウンド制による強制終了ではなく、一定条件(例えば勝利点)を満たすことによってゲームが終了するもの

個人的にはリプレイ性が高い楽しいボードゲームと思っております

アズール
アブルクセン
アンダーカバー
イスタンブール
イマジナリウム
いろはことば
インディアンサマー
お邪魔者
海底探検
ガイスター
カタンの開拓者たち
カルタヘナ
キャメルアップ
QJET
キングオブトーキョー
クク21
くだものあつめ
くま牧場
ごいた
ごきぶりポーカー
コードネーム
コヨーテ
コンプレット
サバイブ(アイランド)
人狼ゲーム系
スカル(薔薇と髑髏)
セレスティア
ZERO
センチュリースパイスロード
たぎる論理
ダンシングドラゴン
チケットトゥライド
チームプレイ
ディクシット
テラ
テラフォーミングマーズ
10ミニッツトゥキル
ドメモ
ハーバー
hands
犯人は踊る
ヴィアネブラ
ピクテル
ビンジョーコージョー
ファウナ
フェアリータイル
ブラフ
宝石の煌き
ポストマンレース
ボーナンザ ダイス
ボブジテン
街ころ
マニラ
魔法のラビリンス
ミシシッピクイーン
ラティス
ラブレター
ラミィキューブ
ワイナリーの四季
ワインと毒とゴブレット

筆者が経験した中から抜粋
きっとまだまだあると思います

なぜ、ゲーム終了がプレイヤーに委ねらていると楽しくてリプレイ欲を刺激されるのでしょうか?

個人的な見解ですが、PCネットゲームの1つのオープンワールドの自由感、開放感に類似した感覚を覚えるからではないでしょうか

規定数ラウンドで終わってしまう焦燥感、圧迫感よりも、条件を満たすまでゲームは続き、探求心や競争心を掻き立てられことも要因かと思われます

もちろん限られた規定数ラウンドで終了するゲームも筆者は楽しくて好きです


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

名作アグリコラが今年4月再販!

でも筆者はフタリコラを1度しか遊んだことがない 

現在はプレ値が付いて1万円オーバーなので買っておくべきなのか‥

というか、アグリコラは先ほど述べたようにフタリコラしか経験がない‥

値段で言うならファミリコラでいいのでは?

そもそもアグリコラとファミリコラの違いもよくわからん‥

Twitterではファミリコラの評判も上々‥

アグリコラはスルメゲーらしいし‥

価格は今なら予約すれば約6000円で購入できる‥

でも最優先で買うゲームなのか?

定番名作だけに周りが持ってる可能性高いし

最優先で買うか悩み‥



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この前に「スコットランドヤード」を4人で遊んだら、犯人役をすることになった

とにかく、つらい… 刑事5人から逃げられない‥(まあ、そういうゲームなんだが…)

個人的に、刑事サイドが優遇されすぎて犯人サイドとのバランスが良くないと感じました。

刑事サイドが見落としとかしないかぎり、逃げるの難しい…

犯人役はゲーム的に勝率が低いだけではなく、単純に楽しくない‥

もっと言うなら犯人役をする楽しさやメリットが少ない…

なので、自分なりにバリアントルールを考案してみた(まだ実践してない)

どういったルールかというと
犯人は24時間(ターン)逃げ切れば勝利だけではなく、(ここからバリアント)目的地(数字)を決めて犯人は目的地(空港)に到達しても勝利にしたい

目的地の決め方は、犯人役がダイスを3個振って出た目を任意で組み合わせて1〜3桁の目的地(2か所任意・どちらか1か所に到達すれば勝利)を非公開で決定させ紙に記入して裏替えして刑事には分からなくします(この時、犯人スタート地点から5マス以内に目的地を設定してはいけない)

こうすることで、刑事は、犯人の位置だけではなく空港(目的地)の2つを探すことになって、刑事サイドの圧倒的有利が緩和され犯人側とのバランス調整に役立つはずです。

犯人は、ただ24ターン逃げ回るだけではなく、目的地(空港)に到達すれば勝利という目的意識も生まれ、刑事サイドにも緊張感が生まれて、より戦略的にゲームを楽しめるのではないでしょうか

タイムリミットは24時間!それまでに逮捕しないと犯人は密かに用意していた小型飛行機で海外へ逃亡というシナリオ








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事