風彩山人倶楽部

暇を見てはあちこちぶらり散策

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全348ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

白鳥が・・・・・・・

    編隊を見て今わが目を疑う
 朝方空を見上げるとわが目を疑いました。「白鳥」が編隊を組んで飛んでいるんではないですか!
         いま10月の第1週です!
そんなはずが無いと再び良く見るとやっぱり「白鳥」です。       一体どうなっているのでしょうか。
               今日の記事はこれだけです。
     冬が早いかも知れませんね。

開く コメント(10)

        身を清め心新たに・・・・・・・
 今日は、山形にある出羽三山「湯殿山神社」に出かけてきました。「羽黒山神社」には行ったことがあるのでここに行きたかったのです。
 幸いお天気もそんなに悪くなく無事到着、参拝をしてきました。ただ写真が無いのは訳があります。ここは奥宮(本宮)周辺は神聖な場所として撮影が禁止されているのです。そのためその実態は行って見なければ分からないのです。
 写真にある鳥居の場所まで「専用道路」で上がり、そこからは徒歩か専用バスで行きます。本宮入り口からは徒歩で進み、先ずは靴を脱いで裸足になります。そのまま「御祓い」を受け、身体を清めた紙を水に流します。その後御神体の前に進んで行き拝礼、その後に御神体に触れます。御神体とは赤く温泉で変色した大きな岩で、その脇を裸足で上っていくのです。その御神体の裏側に拝礼する場所があり下界を望むことが出来ます。その奥から戻ると足湯がありそこで浸かり、最初に靴を脱いだ場所で再び靴を履いて戻るのです。
 そしてそこの全てが行って見ないとわからないのですね。
 私はそこからさらに登山道を登り、紅葉に染まっている山容を写しました。月山の紅葉は進んでおり、来週あたりはピークを迎えるかもしれませんね。もちろん参拝者も多くなり混雑するでしょうね。
 
     ここが入り口、これ以上の写真はありません。
イメージ 1
 
ごらんのように大きな鳥居が待っています。
イメージ 2
 
 
登山道を4時間かけると頂上に出ます。少し上って今の様子を。
イメージ 3
 
「湯殿山スキー場」の林道を登り山頂付近を望遠で撮影
イメージ 4
 
これは、スキー場上部にあるブナ林(森の遊えんち)
イメージ 5
 
ブナ林の中にある沼。紅葉が進めば素晴らしいだろう。
イメージ 6
 
ブナの実が落ちていた。
皮をむいて食べるとナッツのように美味しい。
熊の食料でもある。
イメージ 7
 
誰が書いたのかこんな看板が
イメージ 8
 
 
 

開く コメント(5)

       「クラゲ」に魅了される。
 今日、月山「湯殿山神社」に出かけてきました。時間があったのでかねてから行って見たいと思っていた鶴岡にある「加茂水族館」に立寄ってきました。建物も古く一時は潰れるのではと心配されたのですが、「クラゲ」で一躍脚光を浴びて現在は新しく建て替え工事の真っ最中!
 テレビで紹介されていた時から一度はと思っていましたが、なるほど!通常の魚類は「GAO」(男鹿水族館)で見れますが「クラゲ」は別物。
 今日は「クラゲ」に魅了されました。まるで宇宙を見ているような不思議な感覚と地球上にこんな不思議な生き物がいるのに驚きます。
 写真を写すのに夢中で名前すらわからず・・・・・・・。夕方でしたが人の流れは途切れることがありませんでした。
 新しくなったらまた来てみようと思いました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
       宇宙戦争? UFOが入り乱れて飛び交っています。
イメージ 5
 
これは大きな展示槽のクラゲです。椅子に座って皆さん眺めていました。
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
          ああ不思議だ。これが生き物なんて!
イメージ 8
 
              少し前の「火星人」
イメージ 9
 
               発光体をもつ「クラゲ」
イメージ 10

開く コメント(2)

          今日は「きりたんぽ」!
 本日は、仕事でキノコはお預け!皆さん山に入っているはずと思いながら一日を過ごしました。そんな一日が終わり帰宅したら「フジさんが、舞茸を届けてくれたわよ」と妻が嬉しそうに話してくれた。
 台所に行くと匂いがプーンとする。「おお舞茸だ!」早速、きりたんぽを買いにイトクに出かけました。
 自分で採って食べるのも良いが、頂いて食べるのも良いもの!
   フジ君もスガ君も難儀をしたのだろうと思うと大事に頂くことにする。
   
   サトシクンとアブさんは急遽都合が悪くいけなかったそうです。
    
    もしかしたら今シーズン最後の舞茸かもしれませんからね。
 
     ※前回残してきたマメは全て採取されていたそうです。
 人も随分と入っていて足跡がいたる所についていたということでした。
 
イメージ 1

開く コメント(6)

赤い夕暮れ

         港セリオンの夕暮れ
 秋田から帰宅途中、土崎の駅に着きウイロードの窓を見ると港方面が赤く染まっていました。そこにセリオンの姿が見えました。
 窓の近くには何人かの方がカメラやスマホを構えていたので私も仲間に入れてもらい写しました。
 今日は飲みがありましたが、明日は仕事・・・・・・・早めに帰宅です。
イメージ 1
 

開く コメント(2)

全348ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事