最新記事

すべて表示

波返し≒撞木歩き≒蹴り

波返しの原理は、撞木立ちからの歩み足、前蹴り、回し蹴りの原理と同じであります。 波返しという大きな動作で原理原則を学び他の動作に当てはめてゆくという学習方法だと思います。今回気づいたことは例えば左前撞木に構えて右脚を上げる時に左脚の方向に落ちてゆくと居ついてしまうことです。進行方向に落ちてゆきたいのは人情ですが、これでは居着くと思います。

波返しのメカニズム3

2017/7/23(日) 午前 6:00

前回記しました省エネのメカニズム。 まず、膝を抜きます。(股関節抜きとか仙腸関節操作とかはまた、別の機会に)両方同時に抜くと前方へ落下してゆきます。 片脚抜いて片脚は大腰筋で持ち上げます。これは同時です。 片脚は膝を抜いて重力落下を起こすので大腰筋で持ち上げた側の体が逆に上がってしまいます。重力落下している間は無重力状態なんで重い脚を上げた ...すべて表示すべて表示

波返しのメカニズム2.5 実験

2017/7/22(土) 午前 9:16

実験です。但し足首膝にかなりの負担を伴うのであくまでも加減して自己責任で行ってください。怪我等には一切責任をもてません。 できる方(無想会会員の皆様)少し足を肩幅かそれより狭く開いて立ってください。 右脚でも左脚でもかまいませんからその場で膝抜を抜きます。 その瞬間反対の脚を伸ばしたまま横に上げてみてください。体が上げた脚のほうに上がらない ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事