ここから本文です
ふるさとの空、都会の空
ひろーい宇宙にちっぽけな私たち ふるさとの空を守れるのも都会の人達の協力あってこそです。 ナイス!いつもありがと!

書庫観光情報

群馬県渋川市周辺の観光情報です。
記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

赤城自然園 H30.4.15

 群馬県渋川市赤城町にある赤城自然園。今年は季節の進行が速くてすでにアカヤシオは終わり、園内ではシャクナゲやシラネアオイなどに主役が交代しています。

 シャクナゲ
イメージ 1

 シラネアオイ
イメージ 2

 カタクリ
イメージ 3

 セゾンガーデン
イメージ 4

 モクレンも咲いています。
イメージ 5

 ムスカリ
イメージ 6

 青空があると絵になります。
イメージ 7

 キバナカタクリ
イメージ 8

 お土産コーナーも品数が増えてきました。
イメージ 9


 土日は渋川駅からシャトルバスも運行を開始し、より便利になりました。セゾンカード、UCカードを持っている方は入園料1000円が半額の500円になります。中学生以下は無料です。

この記事に

2018 赤城山麓花めぐり

 今日は、桐生市内で開催中の創作人形展とオカメザクラを見に行ってきました。が、オカメザクラはすでに散ってしまっていました。

 気を取り直して、空っ風街道を渋川市方面へ。昔の「国立青年の家」付近の生活環境保全林整備事業で整備したヤシオツツジの丘では、アカヤシオが花盛りでした。
イメージ 1

 対照的なオカメザクラ
イメージ 2

 アカヤシオがすごいです。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 少し離れた山頂にも桜が見られました。
イメージ 7

 保安林の看板
イメージ 8

 お昼は、北橘町の「やまさき」へお蕎麦を食べに!
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 次に赤城町三原田地内にあるシダレザクラ並木

 坂の上から見るとこんな感じです。
イメージ 13

 坂の下から撮影
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 そして、同じく三原田地内です。ここでは近くの方が、夜間ライトアップしています。
イメージ 20

 夜間ライトアップ(スマホ画像)
イメージ 21

イメージ 22

 そして最後はやっぱり福増寺の夜間ライトアップ
イメージ 23

イメージ 24



 今年は12月が寒く、3月が暖かかったので桜の咲く時期も早くなったと思われます。渋川市周辺では、桜の満開が平野部から山沿いへとどんどん標高が高くなっていきます。

この記事に

 群馬県渋川市赤城町にある赤城公民館の玄関ホールで、赤城町在住の町田さんが和紙人形で自分が暮らしてきた光景そのものを表現した作品展が開催中です。

 「まゆと生糸は日本一」と上毛かるたで歌われた養蚕県だった群馬県。ここ赤城町でも養蚕が盛んにおこなわれていました。
 その光景も10cmにも満たない和紙人形でそれは見事に表現されています。是非とも会場に足を運んで実際にご覧いただければと思います。

 なお、3月10日(土)11時にオープンする、津久田地内に完成した吹きガラス工房「六箇山工房」は、赤城公民から約1kmの場所にあります。歩いてでも行けますね。
 
 ということでまずはこの作品から

 養蚕の様子
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 しいたけの栽培
イメージ 6

イメージ 7

 婚礼の様子
イメージ 8

 夕食会?
イメージ 9

 運動会
イメージ 10

 子供の遊び
イメージ 11

イメージ 12

 縄つくり
イメージ 13

 田植え
イメージ 14

 会場の様子
イメージ 15

 会期など
イメージ 16

 沢山の作品がありますので一部のご紹介でした。

 昭和の懐かしい農村風景や暮らし、子供たちの遊びを和紙人形で再現しています。是非お出かけください。


◆町田喜和子さん 創作和紙人形展
開催期間:平成30年3月1日(木)〜平成30年4月22日(日)
開催時間:08:30〜17:00

この記事に

 渋川市こもち地区にある『ロウバイの郷こもち』のロウバイの花が見ごろを迎えています。
イメージ 1

 『ロウバイの郷こもち』は、平成17年度に七不思議の寺として知られる雙林寺(そうりんじ)所有の約3,000坪の丘の一面にロウバイ320株とカエデ30株を植栽し、地元の「花と緑のボランティア」の方々の善意と地道な取り組みにより現在まで維持されています。
イメージ 2

 ここは市街地から比べると標高が少し高いので、開花も平野部より少し遅めです。2月27日現在、8分咲きといったところだったでしょうか。
イメージ 3

 遊歩道には、木材チップが敷き詰められて歩きやすくなっています。売店などありませんが駐車場は10台分くらいは駐車できます。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 開花状況を見て帰りました。
イメージ 7

 帰りに、『道の駅こもち』の近くにある『かわづ桜の丘白井』の開花状況を見てきました。

 まだつぼみでした。
イメージ 8

 赤城山系が良く見えます。木も大きくなり満開になったらとても綺麗な場所になりました。
イメージ 9

 場所は道の駅こもちやベイシア子持店の近くです。散策もできますので、満開になったらお出かけください。
イメージ 10


(取材日 H30.2.27)

この記事に

 先日、群馬県渋川市赤城町にある「赤城公民館」に寄った時に、公民館の玄関ホールで、赤城美術クラブ主催の『美術工芸作家展』が開催されていました。作品は絵画、工芸、彫刻、木工など、赤城町在住の美術工芸作家さんたちの作品が並んでいました。

 先日、上毛新聞のウィークリー経済で紹介されていた山椒のすりこぎ棒を販売している鈴匠さんでは、全国でも珍しい『オニグルミの油』を商品化し販売しています。

 すりこぎ棒とオニグルミ
イメージ 1

イメージ 2

 こちらはガラス工芸の『六箇山工房』さん。私は知りませんでしたが是非工房も訪問して見てみたいです。
イメージ 3

 ブル木の工芸
イメージ 4

 そのほか、赤城町で活躍している方々の展示物がたくさん並んでいました。
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

 作品展は、平成30年2月25日まで。26日、27日は作品の搬出日です。

 JR敷島駅近く、赤城公民館の近くに来られましたら是非よってご覧くださいませ。

この記事に

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事