秋ですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

世界遺産の春日大社へ行って来ました。
春日大社は神社建築様式で、檜皮葺屋根の美しい建築物です。曲線が重なり合う着到殿の屋根や、灯篭も美しいですね。
やまちゃんが訪れた日は 結婚式、お宮参り、七五三と、人生の節々のおめでたい儀式が行われており、良いパワーがみなぎっておりました。

この記事に

開く コメント(0)

 まだまだ、日中は暑い日もありますが、朝夕は秋の気配が感じられるようになりました。
 ご無沙汰しておりますが、皆さんお元気でしょうか?

 先日2級建築士の設計製図試験が終わりました。今年の課題は「家族のライフステージの変化に対応できる三世帯住宅」でした。三世帯とは、親夫婦、子供夫婦、その子(親夫婦にとっての孫)、或いは、祖父母、夫婦、子供(孫)など様々な家族構成が考えられます。経済が低迷し、女性が家を守っていられなくなった現代の理想的な家族構成は3世帯同居、という事でしょうか。家族のライフステージには、様々な場面があります。子供が成長し、家を出て、老夫婦が残される。子供が結婚し同居し、子供が産まれる。子供が成長する過程で、老夫婦がさらに年を重ね、身体能力の低下に従い介護が必要になる。そんな家族のライフステージに寄り添い、増改築やメンテナンスをしながら、ずっと住み続けられる家は素敵ですね。
 今住んでいる住まいを長く使い続けるためには、早めのメンテナンスが大切です。
 また、介護の為の増改築は補助金が受けられますので、お気軽に、ご相談下さい。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

今年は猛暑ならず、酷暑!とにかくこんなに日本の夏って暑かった?と首をかしげてしまいます。やまちゃんの体感としては、マラッカやラスベガスくらいの暑さです。ラスベガスは砂漠の真ん中にあり、皮膚がヒリヒリするような暑さですが、湿度がない分カラッとしていて、日本のように辛くはないのです。暑い国と言うのは、朝から晩までスーツを着て仕事をする訳ではありませんし。とにかく、すっかり夏バテのやまちゃん。お盆休みはゆっくり読書でもしたいものです。
8月10日〜16日お休みを頂いております。
社長はたまに出社しておりますので、お急ぎの方は、やまちゃんの携帯まで。

毎日暑いですが、皆さま お元気でお過ごし下さい。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

慢性的に体調が悪く、病院を転々としていたやまちゃん、ついに市立豊中病院に行って来ました。結果は、同じで、特に悪性の原因は見つからず、ついに阪大病院に行く事になってしまいました。
細長い敷地に三角の形状に建つこの病院は、駅に直結した大病院なので、人気があります。
市立豊中病院は、病院建築で有名な設計事務所の仕事で、2000年に賞を取っています。
やまちゃんが気にいったのは、入り口付近の受け付けと待合室の採光の取り方です。病院の憂鬱なイメージをやわらげる清潔で明るい待合室となっています。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 当社は明日から連休に入りますが、本日は通常営業です。
 いつものように、ランチブレイクの後、トイレにはいりますと、トイレの扉付近で老婦人がもじもじ。
 「あの〜まことに申し訳ないのですが・・・」 トイレが流れなくて困っているのかな?と思うと「どこを押せば流れるのかしら?おばあちゃんだから・・・」 某商業施設ですが、レバーの位置が横にあったので探せなかったんですね。
やまちゃんが、ちょいと除かせていただき「そのレバーを押してください。」と指差すと、ご理解いただき事なきを得ました。
 しかしながら、わが国のトイレは様々な様式があり、水栓ボタンも、昔からある和式のレバー式のもの、新幹線のトイレのようにペダル式のもの、様式便器の横にについているもの、タンクにレバーがあるもの、別に壁に取り付けられているものなど、様々です。どこを押して流すのか、わからなくなっても仕方ありません。
 最近は家庭のトイレにもタンクのないタイプが設置可能です。タンクがないことでトイレ内を広く使う事が可能です。介助が必要な場合などにお奨めですよ。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事