一月も終盤ですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

寒い日が続きますが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?初出早々、やまちゃん10年以上ぶりにインフルエンザにかかり、更に一週間のお休みを頂くていたらくでの幕開けとなりました。
そんな流行に敏感な?やまちゃんは、これまた何年ぶりかに銀座へ行って来ました。GINZAsixは銀座らしく、最先端なラグジュアリーな商業施設でした。中でも、TSUTAYAは従来の書店とアートギャラリーを兼ね備えたお洒落な空間となっていて、飽きません。解放的な吹き抜けと、贅沢な空間利用がなされています。前社長の教えを忘れず、トイレもしっかりチェック!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



皆様、今年の漢字 「災」が表すように、2018年度は 地震、台風、大雨 と自然災害に見舞われた年でした。下請け業者さんが大忙しで、お問い合わせ頂いても、なかなか見積もりに行けず、年内に工事が出来ないまま 年越しとなるお客様が大半で、心苦しい限りです。ようやく国は建築士や職人さんの不足の対策を考え出したようですが、現状はまだまだです。

お陰様で、山之内工務店は来年、創業95周年を迎えます。前社長が作った「おかげさまで90年」から5年目を迎える事となります。突然の就任から5年、山之内工務店を続けて来られたのは、ひとえに地域の皆様のおかげだと感謝しております。本年度は先先代社長の時代から変わらなかった事務所の改修工事を行い、工務店と言う少し近寄り難いイメージを一新いたしました。職人技とプレファブリケーション、二分化されるニーズに合わせて、工務店の新しい形を模索して行きたいと思います。住宅のリフォームや、店舗の内装など、お気軽に ご相談ください。
2019年度も、宜しくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

弊社12月28日より冬季休暇を頂きます。
新年は1月7日より、通常営業となります。

この記事に

開く コメント(0)

家は 人の為にある

旅から帰った時、災害がある時、人は家に安らぎを求めます。安全で快適な家に住むことは、大切な家族を守ることです。残念ながらいくら頑丈に建てても、家は経年により劣化しますし、メンテナンスが必要です。ただ今被災された方のお問い合わせが多いです。やまちゃんが、大工さんなら直ぐに飛んで行って修理してさしあげたいのですが、熟練した職人さんの数は減る一方で、改修工事のお問い合わせは激増しているのが現状です。特に職人さんの技術により施工性が左右される瓦屋根工事などは、かなりお待ち頂いております。新築と違い、改修工事は難しいので、慎重に調査して躯体に問題がないかを調べた上で必要な工事の見積もりをお出しし、お客様に納得頂いた上で工事の日程を組む必要があるからです。
火災保険に入っていれば無料で、すぐに修理出来る、と言った業者にはご注意ください。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

シドニーのアイコン

シドニーオペラハウスは何度見ても、どこから見ても興味深いですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

シドニーの建築家達

シドニー博物館は、総督の邸宅跡地にあります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事