全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
山の上ナースステーションの市岡です。
定期的勉強会で作業療法士からみた「食事動作」について、食事環境、姿勢、先行期(視覚情報)を中心に勉強会を行いました。

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 1

イメージ 4

子どものころ、食事中はテレビを消して姿勢を正し、お喋りしないで食べなさいって言われたものです。

イメージ 5

舌骨下筋群は、頚部や体幹筋群に過活動や呼吸状態に影響して阻害しやすい。
首や肩を柔らかく保つ!

イメージ 6

やっぱり見た目は大事(´¬`)

風間OTありがとうございました。

開く コメント(0)

ラピオンリハビリセンターの梶原です。


昨日、当事業所の定期勉強会を行いました。


パーキンソン病に関する内容をおこないましたのでここでシェアします


難病指定されていますが、比較的身近な疾患だと思います。
当事業所でも何名かいらっしゃいますので、そのような方によりよいサービスが提供できるように勉強会の題材として取り上げました。

・総論
・症状
・アプローチ

など話しています。
10分強の動画ですので、よろしければご覧ください!





開く コメント(0)


山の上ナースステーション PT 佐々木です。

 

111日 日本病態栄養学会年次学術集会で発表していきました。

 

テーマは「訪問看護ステーションにおける動作の評価スケールBMSと栄養の評価スケールMNA-SFとの比較考察」です。

 

堅苦しいタイトルですが、訪問において管理栄養士の介入が上手くいくと生活動作にも影響がでますよって話しをしてきました。

ただ、管理栄養士が介入したすべての人が栄養状態、生活動作ともに改善するとは限らず訪問ならではの課題も多く見えてきました。

今後は新たな課題を解決できるように取り組んでいきたいと思います。

 

学会を通じて

発表者の多くは病院での栄養管理の発表が多く、

在宅での管理栄養士の取り組みに対する発表はほとんどなかったのが印象的でした。

訪問看護で管理栄養士と連携を取れている事業所も少なく、弊社は一歩先を行く取り組みをしているのだと実感することができました。

「在宅はこれからの分野。期待しています!」という意見を頂き、在宅が抱えている栄養状態の問題に対して今後、注目度が高いテーマなのだと思いました。

 

最後に

忙しい業務の中、協力して頂いた方々有難うございました。


イメージ 1


開く コメント(0)

ゆく年くる年…

ナーシングデイ山の上・小島です。
私、山梨から通っておりますが、本日の出勤時、温度計はマイナス3度を表示しておりました…
それでも元気いっぱい寒さに負けず頑張ります(汗)
さて、もうすぐ年越し〜お正月となって参りますが、12月のイベントとしては多くの方がクリスマスをお楽しみになられたことでしょう。
ナーシングデイでも何かできないかな、と、音楽療法の先生に相談し、12月の音楽療法をクリスマスバージョンにしていただき、ささやかながらクリスマス会的に開いて頂きました。
日ごろから一緒に過ごしているご利用者様、お子様たちへ、スタッフの皆がクリスマスカードを作ってくれました。
デイご利用者様の他、サポートハウスの方にもお越し頂き、とても良い時間を過ごさせていただきました。
ご利用者様方に健康や楽しみを、と思いながらも、月並な言葉ですが私たちが元気をいただいていると実感します。これからも一瞬でも多くの笑顔が引き出せたら嬉しいです。

年内中は大変お世話になりました。12月29日で年内は終了となり、年明けは1月4日からまたスタート致します。
新たな気持ちで新年を迎え、ご利用者様、ご家族様、職員の仲間とともに、良い時間を過ごしていけたらと思っております。皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。
イメージ 1

開く コメント(0)

マル。

〜○について考える〜
本日の講師 : 理学療法士 菊地
イメージ 1

12月の勉強会は問題解決に関しての勉強会が開催されました。
これから迎える高齢化社会に対しての取り組みとしても、日野市、地域全体で手を取り合いながら支援する必要性があると感じました。
イメージ 2

皆さん、真剣に講義を聞いている様子です。

イメージ 3

最後に、ディスカッションをしています。


開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事