無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

接遇・マナー

山の上ナースステーション PT佐々木です

2018年 リハビリ部門の定期勉強会、今年は訪問の質を高めるためには、何が必要かという事で各リハビリスタッフが考え、勉強会を開く事になりました。
 
1回目はSTの坂東さんによる「接遇・マナー」についてです。
 
訪問による専門的なスキルも大切ですが、まず、社会人としてのマナーを身に着ける事が利用者様とのより良い関係を作るとこに繋がるとのこと。
 
内容は接遇とマナーについての講義と症例を踏まえてのディスカッションとなりました。
 
講義では接遇マナー5原則 「あいさつ」、「表情」、「態度」、「身だしなみ」、「言葉遣い」や、訪問マナーなどを学びました。
普段の業務で無意識で行っている事を改めて意識に上げてみると、出来ている事、出来ていない事がわかりました。出来ていない事に対しては明日の業務から意識するようにしていきます。
 
ディスカッションではグループに分かれて症例を踏まえ、どのような対応がbestなのかをみんなで考える機会を作りました。グループワークは色んな人の考えを聞けるいい機会なので楽しめます。

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

新入職員が続々と

代表の柴田です。
7月の看護小規模多機能型居宅介護、こどもデイサービス開設に向け、6月1日から続々と新入職員が入職してきます。

開設までの1ヶ月間は研修期間です。就職してこられた方々はみんな、熱い思いや志を持って来られました。きっと、素晴らしい空間を作り上げてくれると思います。

初日に、どんな職場を作っていくかのグループワークを行い、『自分や自分の家族が入りたいと思える所を作りたい』とみんなが話しているのを聞いて、いい人材が集まったと感激しました。

私も1年間は自宅に帰らない覚悟を決めて取り組みます。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

代表の柴田です。
本日、建設中の看護小規模多機能型居宅介護施設の外観全景を見ることができました。
木造ならではの暖かさと地域に溶け込む雰囲気がとっても素敵です。
開設は6月を予定していましたが、準備が微妙に間に合わず7月1日に変更予定です。

1階は看護小規模多機能型居宅介護とこどもデイサービス山の上、2階は訪問看護ステーションと居宅支援事業所、法人本部が入ります。
既存事業所の引っ越しは6月中旬を予定しています。
関係者の方々には、本社・既存事業所の移転に伴い、ご迷惑をおかけすると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

山の上ナースステーション 市岡です。
春は別れと出会いの季節ですが、今年も新しいスタッフが入職いたしました。
年度はじめでバタバタと、また季節の変わり目ということもあり落ち着かない毎日でしたが、今日は新しく仲間に加わったスタッフを中心に勉強会を行いました。

お題は、私が目指す看護(大切にしている言葉)
イメージ 1

いま、メジャーリーグで大活躍中の大谷選手が、プロ野球選手になるために目標達成を整理した「マンダラート」というツールを用いて参加者全員がお題をまとめて発表するといものでした。

普段、スタッフ1人ひとりの思いや志しを聞くと言うのは、あまり多くない機会です。
今日は思いや志しを聞き、共通する点、新たな発見を見出すことができました。
イメージ 2

私たちが目指す訪問看護は、皆同じ思いです。良いメンバーと働いているなと、とても暖かい気持ちになりました。



この記事に

開く コメント(0)

療養通所の日々

ナーシングデイ山の上は、高齢者と医療的ケア児が一緒に過ごしています。

お互いを気にしながら支え合う光景がなんとも微笑ましい。高齢者には笑顔が戻り、子供たちにはやさしい気持ちが芽生えます。

そんな素敵な光景を皆様にも。
そして、この四月に小学校に入学した山の上の子供たちは4人。慣れない環境で頑張りはじめています。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事