ここから本文です
浅間暮らし 2017(ヤマキチョウ便り)
人生街道脇道から暫し戻って来ました。

当ブログのお休み

 明日より、入院のため当分の間、当ブログを休止します。幸いにも順調な治療で経過すれば10月の初旬には再開出来ると思います。

 なお、治療中の闘病記録はリンク欄にあるサブブログにて密かに記録することにしてます。
 闘病中は皆さんのブログ情報に活力を得ることが大きいです。病床から毎日スマホで楽しみにしてますので、よろしくお願いします。(^.^)

この記事に

浅間高原撤退の日

 3ヶ月の自由の身を頂いて、初夏の頃から楽しい日々を過ごした。
 自由の身も後半は夏らしくない長い長い天候不順続きで、ストレスが溜まるとか我がまま言ってしまったが、それでも自由がある内は人間らしく幸せなものです。

 浅間高原の終盤、とうとう今年もキベリタテハには出会えなかったのが心残りになりました。一瞬だが林道を流していた時、見た気がしたのだが証拠写真もないので、夢だったことにしておこう。

 2009年には高原のマツムシソウの吸蜜シーンを見たので、回顧シーンとして掲載しておく。
イメージ 1

イメージ 2

 今朝、最後のヤマキチョウのオス、羽化に立ち会えなかったけど、明日あたりに羽化でしょうか、無事旅立って下さい。無責任だけど見送り出来なくて御免なさい。
イメージ 3
 
  さあ出発です。(午前9時10分)
  夏休み終盤なのに、軽井沢の街中は車で混雑してました。

 帰宅したら、何故だか庭先を1頭のホソオチョウ♂が飛び去った。兎に角滅茶苦茶暑いです。


この記事に

今期最後の山中散策

 天気予報ほどには晴れなかったけど、山中では晴れ間が結構あった。
 3日後に再入院が決まったので、今日は最後の山中散策でした。

 最後の探索になる蝶はベニヒカゲでした。以下、フウロ吸蜜シーン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 ベニヒカゲらしくない、キイロヒカゲでもいいのかな?(^.^)
イメージ 9

イメージ 10

 クガイソウで吸蜜。
イメージ 11

 コウゾリナで吸蜜。コウゾリナでの吸蜜チャンスは極めて少ないです。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 アキノキリンソウで吸蜜。この花での吸蜜もチャンスは少ない。
イメージ 16

 本日一番綺麗だったメスの個体です。
イメージ 17

 白い縁毛だって完璧です。
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 この個体も先ず先ず綺麗だった。
イメージ 21

 以上、全てメスでした。
イメージ 22

 4日前に観察したコヒョウモンモドキの幼虫は集団で移動したらしく、全く見当たりませんでした。
イメージ 23

 糸で作られた巣そのものがすっかり無くなって、見事に後片付けして引っ越してました。
イメージ 24
 早いと9月中旬には移動して越冬に入る集団があるらしいけど、今夏が冷涼だったことから時期が早まったのでしょうか。

この記事に

何とか晴れました!

 午前中は土砂降りの雨も降ったけど、午後になってやっと晴れて来ました。

 浅間高原も秋の装いが感じられます。
イメージ 1

 ミヤマシジミの観察、今は端境期、コマツナギに幼虫とアリと食痕がある。
イメージ 2

 エゾアカヤマアリに護衛されてるミヤマシジミの幼虫。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 端境期だが、3化で一足早く羽化した誠に綺麗なミヤマシジミのオス。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 キアゲハの雌雄の求愛シーン
イメージ 11

イメージ 12

 夏眠から目覚めたスジボソヤマキチョウのオス。
イメージ 13

 今期最後のヤマキチョウの蛹、オスですが羽化は3日後くらいでしょう。
イメージ 14

 ギンヤンマの産卵シーンでした。
イメージ 15

この記事に

今日は引篭もり

 何時になったらスッキリとした晴れ間があるのだろう、今日も朝からドン曇、午後には雨が降り出した。
 今日は全く出かけることも無く、気分も外も暗い1日だった。

 何も無いでは寂しいので、未掲載の5日前の1枚をUPしておきます。綺麗なミヤマシジミのオス。
イメージ 1
 浅間高原を撤退する日が3日後になり、これで今シーズンも終わりそうですが、最後にスカッとした青空の下で記憶に残るようなシーンを見たい。
 天気悪くても首都圏では猛暑らしいけど、こちらではむしろ寒い日が続いてる。

この記事に

 今日は買い物、食事などで軽井沢、佐久平、小諸と廻って車坂峠、地蔵峠を経由して帰宅しました。

 小諸の大手食料品スーパーで買い物した後、駅前の停車場ガーデンでクロツバメシジミを観察して来ました。
イメージ 1

猛暑で頭がボーとしてきて長続き出来なく休み休みだった。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
 昨日、今日と湯の丸・高峰林道で明らかにベニヒカゲを採取している年輩男性2人を見かけた。長野県・群馬県共に天然記念物指定の種なので明らかに違反行為である。
 昨日は長野県側だったけど、直ぐに車にネットを隠してカメラに持ち替えたが、今日は群馬県側、高峰高原のお花畑の近くで堂々としてネットを振っていた。残念ながらネットの中の蝶を確認出来なければ注意のしようもないです。

この記事に

山中散策でした

 早朝は晴れてましたが、天気予報に反してやがて直ぐに曇り空、四方を高山に囲まれた浅間高原の予報はあてにならなかった。
 それでも県境の向こう信州は晴れ渡ってるそうな、こんな日は意外と県境の山中はそこそこ天気がいい筈なので、午前10時を過ぎてから山中に入ることに決めた。

 お天気が悪くても見られるベニヒカゲのメス探索が今日の主目的だった。ヤナギランで吸蜜するメス。
イメージ 1

 アザミで吸蜜するメス
イメージ 2

 フウロで吸蜜するメス
イメージ 3

 マルバダケブキで吸蜜するメス
イメージ 4

 マルバダケブキとの組み合わせだと、不思議と地味なベニヒカゲも燃えるような派手な種に見えます。 透過光で撮った。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 フウロ咲き乱れる草原、翅裏の白帯が特別綺麗なメスだった。
イメージ 11

 縁毛もまだ綺麗なメス、曇り空、ストロボ同調
イメージ 12

 メスにはオスとは違って、この様にステッチ状の縁毛があって綺麗なのです。
イメージ 13

 今日、見たクジャクチョウ、マツムシソウで吸蜜。
イメージ 14

イメージ 15

 ヤナギランで吸蜜中のシータテハ
イメージ 16

 マツムシソウで吸蜜中のシータテハ
イメージ 17

 擁護壁のミネラルで吸水中のエルタテハ、この高原では以上の3種+キベリが定番タテハ蝶だったけど、今年もキベリタテハは全く見られません。(>.<)
イメージ 18

 ヒョウモンチョウもまだ飛んでました。
イメージ 19

 クガイソウにコヒョウモンモドキの共同巣を発見。
イメージ 20

 あまり気持ちの良いシーンではないですが、大量の幼虫が共同生活をしてます。
イメージ 21

この記事に

 今日は曇り時々晴れ、お昼時から暫く晴間はあったので、ヤマキチョウ探索に出かける。
 しかし、中途半端な晴間、先日来のフィールドでは全くヤマキチョウが飛ぶのは見られなかった。
 別のフィールドに移動、陽が射した時間帯に1回メスが飛び出したけど、物凄いスピードで飛び去った。帰宅の時間になりましたがその直前に2頭目のメスが草むらから飛び出しました。その個体は逃げることなく、暫く吸蜜で付き合ってくれました。

 先ずはルドベキアで吸蜜しました。
イメージ 1

 この時期、定番のコウゾリナでも吸蜜。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 マツヨイグサでも吸蜜、ここまでは黄色い花でした。
イメージ 6

イメージ 7

 ヒメジオンは滅多に吸蜜しないけど、今日は吸蜜しました。決して黄色い花を選ぶ訳ではありません。
イメージ 9

 陽が陰って来て、お休みモードになりました。
イメージ 8
 ヤマキチョウ探索は忍耐を必要とする蝶なのです。 昔は藪漕ぎしてまで探し回ったけど、今はそんな無茶はしなくなった。(^.^)
 しかし、昨日のクジャクチョウでは藪漕ぎして、直径30Cm、深さ1mくらいの穴があって片足入ってしまったが、事なきを得た。溶岩樹形の穴の様な不思議な穴だった。


 先日来のコムラサキの状況も確認して見ましたが、残りの卵は全体が黒いままです。緑の胴体部分が見えない、何だか孵化しない気がしてます。今日は産卵後12日目でした。
イメージ 12

 一昨日に孵化した幼虫は葉を移動して10枚くらい下の葉に移動していました。
イメージ 10

 今日、樹上を飛交う黒い影を見た。飛んでいるのではっきり分からなかったけど、スミナガシだと確信を持って、留まるのを待った。望遠で見るとやはりスミナガシだった。
イメージ 11
 浅間高原でスミナガシを見たのは2度目、滅多に見かけない種です。それにしても食樹のアワブキなんて見かけない。
 夜は今日も雨、スッキリした晴れ間がありません。明日あたりは期待出来るのでしょうか。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事