ここから本文です
浅間暮らし 2019(ヤマキチョウ便り)
オマケ人生何とか頑張ってます。

書庫全体表示

 ぐんま昆虫の森でフォトコンを観賞した後、ふと思い付いたのが足尾銅山の事であった、と言うのも18日(土)にNHKで「足尾から来た女」前編が放映され、録画してあった事が頭に浮かび、その足尾がぐんま昆虫の森から近い事に気付いたので、妻と早速行って見ようと決めたのです。
 
 それとは別に、足尾銅山は思い出のある場所、14年前、妻とわたらせ渓谷鉄道で行って町をあちこち散策した事がある、当時、電車でのんびり旅行しながら史跡を散策するなんて殆んど無かったけど、その数ヶ月後に人生の最大の転機が訪れた事(大学病院で診察直後に白血病とされ空病床も無いのに強制収容された(笑)、面会謝絶、ステージは末期だったらしい)もあってひと際忘れられない旅行になった。
 
 まずは、足尾銅山の採掘坑道に行った、14年ぶり2度目の見学だけど、妻と私の2人だけしか見学者は居なかった。
イメージ 1
 
 その後は精錬所跡地へ行って見たが、相変わらず当時のまま残された工場が人気も無く存在していた。
イメージ 2
 此処は以前、蝶観察の先輩であるnaokiさんが絵を描きに行った場所なので氏のHPの絵が頭の中でダブって見えます。
 
 
イメージ 3
 精錬所跡の側壁には今でも銅の滲み出た形跡が残っていた。
 
イメージ 4
 わたらせ渓谷鉄道の終点「間藤駅」から先の廃線になった区間は今でも線路が残っていました。
 
イメージ 5
 当時の水力発電の跡もあるけど今回は火力発電所の跡を見てきた。全くの廃屋になっているがそのまま残っており、レンガ造りの建造物は壊れていた。
 
イメージ 6
 
 
 こちらは当時の選鉱所跡地になっているが立ち入り禁止だった。
イメージ 7
 
 人気の少ない町だけど選鉱所跡地の前で買い物帰りの老婆に出会った、挨拶されたので立ち話だけど、当時の事を尋ねたらこの方は19歳から選鉱所にて働いたそうだ、鉱石を一個一個手に取り選別するのが仕事だったらしい。
イメージ 8
 写真を撮らせて貰ったけど、テレビや本に出ないですよね?なんておっしゃっていた。(笑)お別れする際、目の前にある川向こうを指差してご自宅を教えて頂いた。妻と私に今度来たらお茶でもご馳走するからと言ってくれた。私にとって、これぞ「足尾の女」でした。
 
 結局、足尾銅山を訪れた翌日の今日、録画した「足尾から来た女」前編を見たけど、物語は足尾銅山の公害問題で数十Kmも下流にある谷中村が無くなる事らしい、脚本では事実に基づかない部分もあるだろうが、主人公は足尾の人では無く谷中村(現渡良瀬遊水地にあった)の女性らしいので、タイトルの「足尾から・・」と言うのもおかしいけど、敢えて足尾銅山鉱毒問題と結びつけて分かりやすくしたものと推測する。(後編は25日放映)
 
 話は前後するが、銅山の史跡探索の後はnaokiさんが以前お勧めの銀山平にある足尾温泉の「国民宿舎かじか荘」を目指して約7kmの山道を走って、午後3時頃、入浴だけさせてもらった。
イメージ 9
 前方に衝立の様な山があって、日没は極めて早い。
 
イメージ 10
 男女共に今日は一人きりで入浴だったが、naokiさんが言っていたとおり、アルカリ泉質のツルツル温泉だった。良い温泉だったと妻も喜んで帰路についた。
 

この記事に

  • 顔アイコン

    廃止された鉱山はむなしいですね。
    三重県いなべ市にも有ります。
    岐阜の飛騨市神岡鉱山もそうですね。
    まだ1部操業してるが鉱山はやっていない。

    スーパーカミオカンデなどの最先端研究は地の奥でやっています。池の山の地下1500mです。
    20年前に鉱山には入らせてもらった事が有ります

    [ 御池池守 ]

    2014/1/22(水) 午後 3:23

    返信する
  • 顔アイコン

    廃鉱でも使い道があれば良いですが、大方は負の遺産になりますね。

    [ 浅間の煙 ]

    2014/1/23(木) 午後 3:27

    返信する
  • 顔アイコン

    足尾に出かけたのですね!私の好きな地域です。あの煙突の絵まで覚えていてくださり恐縮です。かじか荘も今頃は冬ごもりでしょうね!温泉に入れ良かったですね。かなりつるつるでしょう!
    子供の頃から、足尾線(当時)の原向駅から庚申山とその先、鋸山まで往復30キロ近く歩いたものです。もう無理ですが・・・(笑)

    今日は渡良瀬遊水池まで出かけるつもりでしたが、曇り空で肌寒く明日に延期?しました。足尾銅山〜田中正造・荒畑寒村〜遊水池・・・その公毒で足利も被害を被り、果ては谷中村滅亡という
    日本経済発展の裏の暗い原点の地ですが、今ではツマジロウラジャノメ・クロヒカゲモドキが目的で年に数回出かけます。

    [ kom*r*saki9*6o*u ]

    2014/1/25(土) 午前 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    かじか荘、今はシーズンオフで山間の秘湯でした。
    余りにも良い湯だったので、かじか荘で売っていた湯の花を買って来て連日お風呂に入れてますが、やはり、現地の泉質見たいには再現出来ませんね。(笑)
    本日、足尾から来た女の後編なので楽しみにしてます。

    [ 浅間の煙 ]

    2014/1/25(土) 午後 7:02

    返信する
  • 顔アイコン

    初めまして。

    足尾の廃線の先はチョウも面白いです。
    ホソバセセリ、ムモンアカシジミ、クロヒカゲモドキといった産地が限定される種が見られて、色々と勉強になります。
    (現実には「何でここにいて、あそこにいないんだぁあああ!」てな具合に何も判らないんですが(涙))

    長畑

    [ mar*p*sa*09 ]

    2014/1/26(日) 午後 6:38

    返信する
  • 顔アイコン

    長畑様
    昨日は貴重なお話ありがとうございました。
    上記コメント(naokiさん)にあるように、クロヒカゲモドキの産地らしいですね。しかし私的にはツマジロウラジャノメが見たいです。
    ツマジロウラジャノメは2008年には近所のホームセンターの屋外展示品置き場で見つけたので驚きました。長畑さん流に言えば、「何でここにいるんだあああ!」でしょうね。

    [ 浅間の煙 ]

    2014/1/26(日) 午後 8:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事