ここから本文です
浅間暮らし 2017(ヤマキチョウ便り)
人生街道脇道から暫し戻って来ました。

書庫全体表示

プチ遠征したけど

 暫くお天気は好いらしいけど、本格的な寒さが続きそう、しかし、今日は少し寒さが和らぐとの予報なので、埼玉県内のプチ遠征を決めて出かけて来ました。

 予報では気温は13度だったが、やはり、15度を上回らないと蝶の活動は無理でした。暫く観察をしていたら、ここをホームグランドにしておられるダンダラさんご夫妻がお見えになった。
 蝶が飛び出さないので、越冬のポイントを教えて頂いて何とかシャッターを切ることが出来ました。

 クヌギの樹上にムラサキシジミの塒があり、1頭が居ると教わって撮った。帰宅後PCに取り込んで見たら、触覚が写っていたので2頭が居ることが分かった。
イメージ 1

 ウラギンもこの気温では活動しません。
イメージ 2

 以前にムラツの塒ポイントを教わっていたものの、再度、観察すると全く何処だったか分かりません。ダンダラさんに今日も教えて頂いた。5頭居た塒ですが、前回は暖かくて四散しており1頭でしたが、今日は2頭のみ居ました。
イメージ 3

 少し高い梢の暗い位置なので内蔵ストロボ発光です。Pオートで全てカメラ任せですがf2.8、1/250、iso100でした。
イメージ 4

 敢えて、撮影角度を変えドングリをバックに取り込み、こちらはf2.8、1/320、iso100でした。
イメージ 5

 こちらはf2.8、1/400、iso100でした。ドングリは↑の画像より少しボケが少ない。ピント位置が少し奥にズレた様です。
イメージ 6
 ドングリを取り込むなら、絞り優先で思い切って絞り込めば良かったと後で思った。

 全て、OLYMPUS STYLUS1で撮影ですが、レンズシャッターなのでシャッター全速にストロボが同調してくれます。このカメラ、この点が一番優れていると思う次第です。電子シャッターやフォーカルプレーン式では、内臓ストロボでこんな高速では同調しませんから。

 本日はダンダラさんに越冬ポイントを教えて頂けなかったら、1度もシャッターチャンスは無かったと思います。有難うございました。

 夕食後、今日も四季彩館に出かけた。今日は露天風呂の修理が終わり再開でした。
 煩い近所の爺連中は皆入浴が終わって脱衣所で騒いでいたけど、内風呂、露天風呂共に全く静かで良かった。(^.^)
イメージ 7

 今週の男風呂はヒノキ風呂です。岩風呂より暖か味があって好きです。
イメージ 8

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事