福島県の山と風景

福島県の山々や風景写真をご紹介します。ぜひ福島県の山に登ってみてください。

小野岳

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ブナの原生林を登る

 
 
イメージ 1
 
 ■小野岳は会津平野の南の玄関口の湯野上温泉のシンボル的山で標高1383m、ブナ、ミズナラに覆われた静かな山。阿賀川(大川)をはさんで大戸岳と対峙している。小野岳の登山コースは大内宿側の大内登山口から登るコースと、小野観音堂登山口から登る二つのコースがある。
大内登山口側の西の山麓には江戸時代の宿場町がそのまま保存された大内宿場や南側には湯野上温泉があり、多くの観光客が訪れる人気スポットである。
 
■2012.5.27 小野岳山開き
 
■コース  大内登山口〜鉄塔〜小野岳
 
 
■大内登山口
約10台以上の駐車スペースがある
イメージ 2
 
イメージ 13
  
イメージ 16
 
 
■画像ではわからないが、 ほどほどの傾斜があるうっそうとした杉林の中を登り始める
イメージ 17
 
 
 
 ■右側に流れる小沢に沿って登る
イメージ 18
 
 
 
■水飲み場・この後には水はありません 。登山口から水飲み場までの所要時間約20分
イメージ 19
 
イメージ 20
 
 
 
■ 水飲み場を過ぎると沢から離れて、傾斜がきつい杉林の中を登る
イメージ 21
 
イメージ 22
 
 
 
■登山道は急な階段になり足腰に堪えます
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
 
天望台と書かれた標識が立っていた 周囲の展望がなく、天しか見えないので天望台なのか
イメージ 5
 
 
 
■休憩スポット・天望台です
イメージ 6
  
イメージ 7
 
 
 
■天望台から先は杉林から見事なブナ林になり、尾根道を登ります
イメージ 8
  
イメージ 9
  
イメージ 10
  
イメージ 11
 
 
 
■ブナの見事な樹林帯の尾根道を進むと主稜線にでる。送電線見回りの分岐で、ここを右に進む
イメージ 12
  
イメージ 14
 
 
 
■緩やかなアップダウンのあと1223mのピークを過ぎると最後の急勾配が待っている
イメージ 15
  
イメージ 23
  
イメージ 24
 
 
 
■小野岳山頂
細長い広場の奥に二等三角点がある。南側の展望はないが、東の目の前には大戸岳、北側には
梯山、吾妻連峰や遠く飯豊山も見ることができる。西には博士山、志津倉山なども望むことができる 
イメージ 25
  
イメージ 26
  
イメージ 27
 
イメージ 28
 
 
■東側にそびえる大戸岳
イメージ 44
 
 
■みごとなブナの樹林帯
イメージ 29
  
イメージ 30
 
イメージ 31
  
イメージ 32
  
イメージ 33
  
イメージ 34
  
イメージ 35
 
イメージ 36
 
 
■見かけた花々 
イメージ 37
  
イメージ 38
  
イメージ 39
  
イメージ 40
    
イメージ 41
 
 
 
イメージ 42
 
イメージ 43
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・END・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
小野岳のコースほかの詳細な情報は
をご覧ください
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事