福島県の山と風景

福島県の山々や風景写真をご紹介します。ぜひ福島県の山に登ってみてください。

磐梯山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 
イメージ 1
 
 
■磐梯山周辺は観光会津のメッカである。表磐梯は輝く猪苗代湖があり、裏磐梯は磐梯山の爆発でたくさんの湖沼群ができ、五色沼を中心とした高原には多くのハイカーが訪れている
 
■掲載したコースは磐梯山のコースの中で最も短い、山岳の書籍には載っていないコースである。猪苗代スキー場から林道に入り、終点まで進むが、途中荒れている個所があるので一般車は避けた方がよい。林道に入れば一本道で迷うことはない
 
 
 
■登山コース 
赤埴林道終点登山口(標高1296m)ー猪苗代コース合流点ー渋谷コース合流点
ー川上コース合流点ー黄金清水ー弘法清水(4合目)ー磐梯山
イメージ 10
 
 
 
■赤埴林道終点登山口
赤埴林道は猪苗代スキー場の最下部(ホテルニュー磐梯の裏側)の北に延びる道を進んで林道に入る。終点の駐車場は10台以上のスペースがある。林道は荒れているところがあるので車高の高いジープなどが最適で一般車はキズが付く恐れがあるので避けた方がよい
看板の脇から登山道に入る。階段状の急な坂があるが15分足らずで猪苗代コースと合流する
イメージ 34
■赤埴林道入口(猪苗代スキー場最下部・ホテルニュー磐梯の裏)
 
 
イメージ 11
 ■赤埴林道終点登山口
 
 
イメージ 31
イメージ 12
 
 
 
■猪苗代コース合流点
林道終点から15分で猪苗代コース合流点に着く。ここから先は緩い登りで快適な歩きができる。6〜7月は多くの花が見ることができる。特に磐梯山でのみ見ることができる磐梯クワガタが咲くイメージ 13
 
イメージ 14
 
 
 
 
■沼ノ平
平坦な登山道を進むと沼の平に着く。緑に包まれたオアシスのようなところで目の前には険しい磐梯山の東壁を見ることができる。この先も、渋谷コース合流点まで緩やかな登りとなる
イメージ 15
イメージ 16
 
イメージ 2
 
 
 
 ■渋谷コース合流点
ここまでは緩やかな登りで歩きやすかったが、この先はガレた歩きにくい登りが続く。振り返ると平坦な沼ノ平が一望できる。前方右手には櫛ヶ峰があり、磐梯山の荒々しい姿がだんだん見えてくる
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
イメージ 32
■登山道から振り返って沼ノ平を眺める
 
 
 
 ■川上コース合流点
爆裂火口壁を登る磐梯山のコースの中で最もダイナミックな川上コースとの合流点。眼下には目がくらむような火口壁がひろがっている。遠くには桧原湖や銅沼(アカヌマ)が見える。右手に三合目・天狗岩を見ながらガレた坂を一気に登ると黄金清水となる
イメージ 6
 
イメージ 7
■爆裂火口壁 
 
 
イメージ 8
■三合目・天狗岩 
 
 
 
■黄金清水
天狗岩から15分足らずで黄金清水に着く。水量が豊富で枯れることはないようである。この辺りは平坦で7月頃はシナノキンバイが咲いて真黄色になる。この先急な坂を登りきると 休憩所・弘法清水小屋が見えてくる
イメージ 9
  
イメージ 17
  
イメージ 18
 
 
・・・・磐梯山トップに戻る・・・・ 
 
 
 
■四合目・弘法清水
 弘法清水は八方台コース、裏磐梯コース、渋谷コース、猪苗代コース、川上コースなどからのハイカーが集まり、弘法清水小屋と岡部小屋があるので休憩場所としていつも賑わっている
イメージ 24
 
イメージ 25
  
イメージ 26
■弘法清水小屋 
 
 
イメージ 27
■岡部小屋 
 
 
■最後の急登 
弘法清水から山頂までは所要時間20〜30分の最後の頑張りどころ。グループが続いているとすれ違うのに長く待たされることがある。時には待つことが休憩になって助かることもある。無理をしないでマイペースで登りたいイメージ 28
  
イメージ 29
  
イメージ 30
 
イメージ 19
 
 
 
■磐梯山山頂
360度の大展望は飽きることはない。眼下の鏡のような猪苗代湖、会津平野、裏磐梯の湖沼群、吾妻連峰、安達太良連峰、飯豊連峰、那須連山など 見ていると疲れも忘れるほど十分楽しむことができる
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 33
■猪苗代湖
 
 
イメージ 23
■山頂にある岡部小屋
 

・・・・磐梯山トップに戻る・・・・
 
 
磐梯山のコースほかの詳細情報は
をご覧ください

 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事