福島県の山と風景

福島県の山々や風景写真をご紹介します。ぜひ福島県の山に登ってみてください。

西大巓

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

白布峠から登る

イメージ 1


■西大巓
■西大巓は吾妻連峰の西端に位置し、オオシラビソの原生林が広がり、山頂からは360度の大展望が楽しめる。連峰の最高峰で、日本百名山に選ばれた西吾妻山へは約30分でいけるので足を延ばすハイカーも多い。

■西大巓を目指すコ―スは5本ある。南からグランデコスキー場からパノラマゴンドラを利用するかデコ平駐車場に車を置いて登るグランデココース、西は、早稲沢から登るコースと西吾妻スカイバレー最高点・白布峠から登るコース、そして北からは天元台からスキーリフトを利用して西吾妻山を経由するコースと天元台から若女平、西吾妻山を経由するコースなどがある。
           
■西吾妻避難小屋と弥兵衛平小屋(明月荘)を利用した吾妻連峰縦走コースは西大巓が始点または終点となる魅力ある縦走コースである



■白布峠駐車場
■西吾妻スカイバレー最高点にある駐車場で大変広く、立派なトイレが設置されている。磐梯山や、裏磐梯など一望でき、特に、紅葉時期は多くの人でにぎわう。白布登山口は道路を横切り、駐車場反対側の側道を米沢方面に進む(矢印で表示)。

■西吾妻スカイバレーは戦国時代、山形県米沢と会津の合戦では徒歩や馬で越えていた白布峠に通じた道路です。白布高湯〜早稲沢間を結ぶ17.8km。磐梯山を望みながらヘアピンカーブ(東鉢山七曲)が連続する道を上り下りすると桧原湖の眺望が開けます。
吾妻スカイバレーはかつて有料道路であったが、生活道路として恒久的に無料開放された
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 28



■白布峠登山口
■駐車場から東の高台に向かう。緩やかな坂を300mほど進むと雑木林に囲まれたところに白布峠登山口の標識があるところに着く。ここの標高は1400m、西大巓は1982mなので約580mを登る。
イメージ 4

イメージ 5



■緩やかなアップダウンが続く
■登山口から展望が効かない樹林帯の中、アップダウンの道が続く。1回目のピークは1445m、2回目のピークは1458m、3回目のピークは矢筈山1510mである。ここには石標がある。登山口から矢筈山までは約45分で、この先やや長い下りになり馬場谷地まで続く。
イメージ 6

イメージ 7


■馬場谷地
■矢筈山から長い下り道が続き、小沢を数回渡ると湿地帯の馬場谷地に着く。登山口からは一部荒れていてヤブこぎに近いところもあるが、比較的歩きやすく快適な歩きができる。昔の登山道は湿地帯の中に木道が敷かれ、ここを通っていたらしいが今は植生保護のたため立ち入り禁止になっている。湿原の南側に道路がつけられている。このため、湿原は木の間から一部しか見ることができないが、初夏にはミズバショウサンカヨウ、ショウジョウバカマ、リュウキンカなどの花が見ることができる。登山口から馬場谷地までの所要時間は約1時間、矢筈山からは15分です。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

■木の間から眺める馬場谷地
イメージ 11

■湿原からの出口跡
イメージ 12



■植生はオオシラビソになる
■馬場谷地を過ぎると植生は変わり、オオシラビソ(アオモリトドマツ)の針葉樹原生林が続く。白布峠から登る西大巓コースには、峠を1番とし、西大巓を50番としたコース番号が随所につけられている。
イメージ 13

イメージ 14



■大岩がある急登地帯
■ほぼ中間点の馬場谷地から西大巓までは約2km。オオシラビソなどの大木の中、緩い登りを過ぎるとコースの頑張りどころとなる。大きな岩が堆積した登山道が続く。苔が岩に張り付き、傾斜もあるので滑りやすく大変登りにくい。ロープがところどころにあるがそれでも滑るので安心はできない。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


■西大巓近し!
■足場の悪い大岩の急登がゆるやかになり、歩きやすくなる。灌木類が多くなり涸れたようなオオシラビソの木らしいものが目に着いてくる。周囲の木々の間から山頂らしい姿が見えるがなかなか届かない。早稲沢からのコースと出会えば西大巓山頂に着く
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 24

イメージ 23



■西大巓山頂
■西大巓は展望に恵まれた吾妻連峰西端峰で360度の大展望を楽しむことができる。展望がない吾妻連峰最高峰の西吾妻山とは対照的である。西吾妻山、安達太良山、磐梯山や磐梯高原に広がる桧原湖ほかの湖沼群などが遠望できる。西には飯豊連峰も展望できる。

■目の前に見える西吾妻山には東側の急な道を下り、鞍部の水場を過ぎ、西吾妻避難小屋をから右に折れるとすぐである。西吾妻山の山頂は標識が1本あるだけで樹林におおわれて展望はない。展望がないとはいえ西大巓から30分で着くので足を延ばす人は多いようである。

■西大巓山頂を示すコース番号50番
イメージ 29

■展望に恵まれた西大巓
イメージ 25

■西吾妻山に行く登山道から見た西大巓(別の日に撮影)
イメージ 30

■西大巓山頂から磐梯山と裏磐梯
イメージ 26

■西大巓山頂から雪に覆われた飯豊連峰
イメージ 27



西大巓の詳しい情報は
福島県の山を紹介するサイト
をご覧ください

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事