ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

ニーチェ・養老・変化

今回のテーマは養老孟司も同じ様な事言ってます。「人間を構成している成分は約1年で90%入れ替わる。人間は川のように流れ移り変わる。本当の自分など存在しない」
   「自分は常に新しくなっていく」
 かつてはこれこそ真実だと思っていたものが、今では間違いだったと思う。かつてはこれこそ自分の変わらぬ信条だとしていたものが、今では少しちがうと思う。それを、自分は若かったとか、浅かったとか、世間知らずだったと断じて葬らないほうがいい。なぜならば、当時の自分にとっては、そう考えたり思ったりすることが必要だったのだから。当時の自分の階段にあっては、それが真実であり信条だったのだ。
 人間は常に脱皮していく。常に新しくなっていく。いつも新しい生に向かっている。だから、かつては必要だったものが、今では必要でなくなったにすぎないのだ。
だから、自分を批判していくこと、人の批判を聞いていくことは、自分の脱皮をうながすことにもなるのだ。さらなる新しい自分になるために。「悦ばしき知識」  
 もう一つ、大好きなマトリックスから。「心と肉体は一つだ」モーフィアス
ニーチェが心なら養老はまさしく体。ほぼ真実!?

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事