ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

 第16回(最後の食卓)この回は文役の井上の心の底から出たアドリブ(私の想像ですが恐らく間違いないと思います)が見物、気が付かなかった方は是非そこに注意してご覧になって下さい。まずは松蔭、江戸から萩に召還状が届きその旨を伝えると
「いよいよですな」笑顔で腹をくくり、やっと金子に会える、顔がそう伝えます。
司獄 福川の計らいで江戸への出立の前日に獄から開放してもらえます。
この辺は事実っぽく、2.3年見てきた事実と松蔭への尊敬の念もあったのでしょう。
そして大沢との最後の二人でのシーン、演技力で大沢は圧倒します。
 わずか30年の人生、されど30年の人生。家族との最後の食事と時間。
コミカルに描いたり、母が背中を流したり、そしてやってくる文と寅次郎のシーン。
文が「逃げろ、逃げてくれ、生きてくれ」と説得します。
寅次郎「お前には多くのものをもらった、力、叱咤、そして人をもらった」
そして金子とボタンのエピソード、色々なやり取りの後、
寅次郎「文、私は死なん、有るだけの私と魂を持って井伊大老と向き合い、必ず御公儀を説き伏せ、そうして必ず、再び萩へ戻ってくる」
ここで文の瞳から溢れんばかりの涙がドバァーっと流れます。
寅次郎「約束する」
ここ!次の文の言葉、しばらく間を置いて寅次郎を見つめ本気かと思うか細い声で
「何年ぐらい?」←これは本物のアドリブだと私は思いました。ほんとは「兄さん」
とか「寅兄〜」とかの予定だったんじゃないかと、元々泣くことは上手な子ですが
涙の出方、言葉の出方、表情、全部、全然違います。
今まで主役として居た伊勢谷が本当に居なくなる、そんな思いが本当に重なり、
彼女の心の奥底から出た本心だと確信しました。
リアル彼氏は嫉妬する、二宮だっけ?もし私が二宮なら許せないぐらい嫉妬する、
私も嫉妬した、くやしいがさすが伊勢谷、女にはモテるわ、やっぱ。
ほんとにいいシーンでした。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事