ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

 え〜久しぶりの更新、サボったサボった、毎日書くのってすんげ〜大変だね。
まぁ〜前回の続きで「花燃ゆ」関連で書きたいと思います。もたもたしてるしね、今
 松蔭が死んで一区切りした後、やはり、いや必ずこの人が出てきますね。
(坂本龍馬)昭和の文豪 司馬遼太郎が書いた小説で一躍脚光を浴び瞬く間にヒーロー
になり、今や日本人では知らない人はいないほどの存在、司馬が掘り起こした人です。
 ここでちと脱線しますが、今ヤフーの宣伝でやたらと(明治維新の本当の理由)
みたいな触れ込みで話題になっている人がいます、話も全部聞きました、内容的には
説得力もあり、まぁ〜信じてもいいかなぁ〜って思う内容、語る人も立派みたいだし
しかしなぜ司馬が生きているうちに出てこなかったのか?内容や語り口から察するに
随分以前から知っていた内容っぽいし、司馬が生きているうちに論争すればそれはそれで面白い展開になったはずなのに、死んでから声を上げた。そこが引っかかります、
やはり司馬が怖かったのか?それとも待っていたのか?待っていてくれたのか?
その辺の本当の事が知りたいデス。見方によっちゃ司馬に喧嘩を売る行為、だからね
 では本題、その坂本龍馬を演じる伊原剛志、演技は特に言う事なし、ベテランだし
私は演技よりもその人選、キャスティングに疑問を抱きました、この人在日です、
映画「硫黄島からの手紙」でも階級のある日本兵を演じてますし、その辺の葛藤というか、アイデンティティーというか、誇り、というか、鈍感とか無知ではないはず。
最近、東京大学名誉教授になった在日の姜尚中、この人の「在日」って本を読んだ事ありますが、本当に苦労というか辛酸を舐めてるというか、在日という宿命を自分の存在意義を見出そうと苦労し懊悩し勉強し、とにかく大変な想いをされています。
だからこそ、なぜ日本のヒーローである坂本龍馬を受けたのか、
そこが一番の疑問です。二番目はなぜ在日である伊原にオファーしたのか?
私の考え方が古く差別的なのか?いや、大多数の人が同意見だと思う、
 龍馬は日本人でなければならない。
じゃない?なので差別主義的な発言ですがやっぱり最初に 違和感 が来るのです。
古くは古事記、秀吉の出兵、征韓論をめぐって新政府と西郷の対立と内乱、紆余曲折
あり、35年統治、という事実。いじめと一緒で統治された方は忘れない。
 だからね〜どうしても理解できんのよ、在日の龍馬って、
百歩譲って、友好の象徴、って意味?でも向こうが煽って挑発の毎日だし、そもそも
建国の指針が反日だし、あの国、憲法みたいなもんに書いてあるのよ、反日精神が、
 う〜ん、やっぱ今の私はどう考えても納得できない、合致しない、違和感しかない
伊原さん、その役は断るべき役です、ちょっと図々しいです、大河ドラマなんです、
オファーした人には、アホんだら!ボケカスこら!ちっとは血を歴史を守らんかい!






顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事