ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

貴乃花の行方

 青木がヤクルトへ復帰、3年10億と紙面が伝えている。青木の能力や集客力を考えると安いと思う。複数年が決め手になったのだろう。3年フルはきついと思うが1年は出られない、なんてお約束はやめてもらいたい。

 さて、本題に入る。今回は大相撲。ここ数か月紙面やニュース、ワイドショーを白熱させている。この構図はどこかの本職の分裂の構造と一緒じゃね?と思う方も多いだろう。年寄りは若いのを潰す、若いのは古いものを壊そうとする。この構図はある意味世界に通ずる普遍的なテーマで最も古く、根源的なテーマであるといえる。破壊と創造。行きつけの風呂やのサウナで、貴乃花親方がインタビューに答える映像を見た。ので少々。

   やっぱ違和感

 笑顔が気持ち悪い。その作り笑いに「やっぱこの人普通じゃないな」と思わされる。何でもこのTV出演は違反らしく、理事選の前に勝手なことしやがって、と八角周辺は息巻いているらしい。まったくバカげた話である。一派の会合があったホテルを張っているカメラがある時点でおかしい、明らかにリークである。そして各親方が高級車で出ていくなか、貴乃花だけはタクシーで、それもカメラに向けて会釈、完全にTVと通じていることが伺えた。そして例のインタビューへ、まるで茶番である。
 何かと付きまとう洗脳説、それを信じさせるに十分な映像と問答だった。実際には洗脳とまではいかないまでも、考え方や他人に対する接し方が著しく偏った人間になったのだろう。若い時に強くてお金持ちで地位もあった。そして、世の中の妬みにもてあそばれた。人を信用できないのだろう。何を考えているのかまったくわからない。だが、付いていく人間が相当数いるのは現在の相撲界が相当にオカシイのがわかる証拠でもある。中でも錣山親方の存在が大きく、「自由な立場でモノをいえるようになりたい」と割って出たのは有名。

 この2人の現役の時の初取り組みは有名で、負けた寺尾の悔しがり方は今でも焼き付いている。絶対に勝てると思っていたらしくそれをひっくり返されたことに我慢ならなかったらしいが、少々パフォーマンスも入っているのでは?と思ったものだ。

 だが人物は人を引き付ける。解説を聞いていると快活で適格で平等、精神的清潔感を感じさせる。マスクもよく女性受けも良いだろう。要するに貴乃花にとってはこれ以上ない援軍なのは明白で、これに追随する親方も多くいただろう。そう、この寺尾の存在が大きいのだ。

  力の世界

 私は将棋が好きで、その構図も将棋界とよく似ている。構成員は全て元力士であり、例外がない。(第三者がいない、横審は置いておく)そしてそれは「強い者が一番」という最も単純なルールが支配する世界であり、それが己の指針となっている人間が作る小さな社会ということである。「強え〜やつが一番、弱かったのは黙れ」ってな空気がどうしても存在するのである。だからそのルールからすると貴乃花と八角ではケンカにならないのである。貴乃花のあの強気はそこからきているのは容易に想像できる。
 なまじか人気があり過ぎる為に組織は潤沢であり、そこに発生する利権を巡る今回の抗争であるが、そこを考えると世論は貴乃花派を押すのは当然である、が、如何せんその貴乃花が危うい。

  貴乃花の資質

 やはり相撲界を背負って立つには問題がある、と言わざるを得ない。事の発端である日馬富士問題を見ても、伊勢ケ浜親方が部屋にまで横綱連れて謝りに行っているのに、それを無視した。これは足蹴にするようなものである。事の経緯はどうであれ、これは大人の取るべき行動ではない。知らなかったなどという子供の言い訳は通用しない。伊勢ケ浜の会見での涙は少々しみったれた感もあったが、己が弱かったから、との無念の思いも感じさせた。こういう所があっては大所帯を預かるにはどうしても問題があると思う。個人では強いだけでよいが、組織は強いだけではダメなのだ。それは弱い者が集まることで社会を形成していることと同じで、個人だけは限界があるのである。そのことをまだ十分に理解していない。あるいは理解できないかもしれない。

  寺尾こと錣山をトップに

 結論として理事選を勝てば(二名当選)錣山をトップに据えていくのが最も妥当な人選であろう。人気、信用、マスク、十分に頼れる人物である。横綱ではなかったので、どうしても力の世界である相撲界では、自分がトップに立つべきではない、との思いが本人には強くあるのだろう、だから貴乃花の元で相撲界の為に全力を尽くす、と思っているのではないか?
 貴乃花の元で若頭として尽力しているが、将来は錣山がトップに立つのがどう見ても理想である。本人にその気はないだろうが、周りがその方向へ持っていくべきだ。彼なら八角陣営とも上手く交渉できるだろう、これは貴乃花では無理だ。よって組織運営には錣山が最も適任である。

 血が濃すぎるから問題が起こる、これは将棋界も同じ。やはり第三者を入れることが最も簡単で効率が良いと思われるがこれができない、しようとしない。利権を他人に渡そうとしないのはわかるが、権力が集中しすぎていることが問題なのだ。相撲人気は衰えることを知らずまだまだ白熱が続きそうだが、そろそろ変革の時を見たい。

 やはり気持ちのいい人ですわ 暇つぶしにどぞ↓
 

  • 顔アイコン

    相撲界は本当にえらい世界ですね。あんまり真剣に問題を考えない方がいいように思います。所詮見せものプロレスの興行と同じ。ただ税金が投入されているのには抗議しないといけませんが。

    [ 棋楽 ]

    2018/1/30(火) 午前 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > 棋楽さん
    そうですね、あんまり毎日やるもんだからつい^^;
    相撲は好きなんですが、今思うと朝青龍がいた頃のが楽しく見れたようにも思います。強きヒールの出現を期待している今日この頃です。

    [ teiru ]

    2018/1/30(火) 午後 10:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事