ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

A級プレオフと渡辺明

 順位戦も終わり、A級のプレーオフを残すのみの今日、豊島の進撃が続いている、開き直りの境地か、自力か、恐らく双方が相まって、最初は絶望的に見えた山頂も見えてきた。もともと普通に指せば挑戦している自力は持っているので驚かない。やはり「ここ一番」の自爆が弱点というイメージはまだ拭いきれない。勝率だけ見れば8割超える。初タイトルや挑戦が懸かると大抵の棋士は一度や二度は緊張や外野に押されて退くのがほとんどだ、しかし豊島ぐらいの経験値を持ってすればそろそろ十分すぎる。王将戦も負けた、棋譜はまだ見ていないが、久保には相性がよくないので責めることはしないが、名人挑戦権を手にすれば少なからず化けるだろう。谷川がよく言う「若いうちにチャンスをものにすることの重大さ」との言葉が頭をよぎる。今はただ応援している。遅すぎるぐらいなのだが。

 もう一人、谷川の言葉少なからず当てはまる、と私が思う棋士がいる、名は渡辺明。

 デビューしたころは金看板である「中学生棋士」を担ぎ、期待されだが、どうも目立った活躍はなかった。この頃の渡辺のことを老師は「敗け過ぎだ」と書いている。この一言のキレのよさに私は見事に真っ二つにされた、のはもうウン十年も前のことだ。だがしかし今になってみると、あたってる。チャンスはまた来る、とおもう若い頃は、実は短い。

 谷川に本の中で「活躍が足りない」とお叱りを受けたとブログにあったが、あのにくったらしい狐目の少年も33歳である。デビューから必死で将棋をしとけばよかった、と何千回、何万回ぐらいは思ったとおもう。つまるところそれも才能だと気づくのは大抵その大事な時が去った時だ。

 そしてその彼が今、経験したことのない不調に陥っている。それは勝率が5割前後を推移と、数字が物語っている。理由は明白だろう。

 彼のブログを読んで思ったのだが、はやり以前、以後では口調が違う。天彦をナベが「天彦さん」などと呼ぶだろうか?まさか〜ないない。読んでいて気持ち悪ささえ覚えた。どうも第三者が入っているような感じがする。大本の文はナベのものだろうが、チェックが入っているように思う。もし全文彼が書いたものだとしても、その傷の大きさは隠せない。だが今は、応援してくれるファンは少ない。返上してもいい、とまで啖呵を切ったのだ、それだけは、ナベ自身が「一番言われたくない言葉」なのか、とブログを読んでいて思った。

 元々シャープで歯に衣着せぬ物言いが特徴である。だが今はその切れ味のよい刃が自身にもグサグサと向けられ、血だらけでへたり込んでいるようだ。正直、折れたか、折れる寸前か、そんな状態だと想像させられる、あのブログを読んでいると、

 一過性のものか、ズルズルこのまま落ちていくのか、そんな言葉があったが33歳でいう言葉ではない。そんな老け込むような年齢ではなく、むしろ指し盛り、といっても過言ではないだろう。森内は30歳で名人になり、40歳で竜王・名人の二冠となった。なんで順位戦引退したかね〜ほんとわからん。まあ今はナベだ。

 ここからはあくまで想像だが、原因は自身に課したソフトとの決別、とまではいわないが、調整法、モデルチェンジの真っ最中であること。三月のライオンでの島田開の不調の原因をいう柳原の言葉、あれがそっくり当てはまると思う。
 そして言いたかないが、一番はやはりあのことが原因であろう。便利な時代にはなったが、便乗した心ない言葉が氾濫するネット社会において、その言葉を読んでしまっていたら(読んでいるだろう、そんな風なことも書いてあった)凶器と化した言葉の数々にズタズタになっただろう。今も。
 
 自身の言葉に責任を持つ、という強い姿勢と反比例する内なる自分、その内なる自分が勝手に敵を大きくしてしまっているように思う。今までのナベではないのは誰が見ても、読んでも、明らかなのだ。元には戻らない、と私は思う。人間は変わる。

 とどのつまりは本人次第だが、変わることは悪いことではない。

 今ふと思ったが、昔は将棋雑誌や新聞が力を持っていて、羽生なんか随分、口撃されたようである。それを思うと羽生からやはり変わったんだなあと、伸び伸び指している、きた、面々だと思った。

 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事