ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

その光がもたらすもの

 十戒かよ!って、ほんとうに海が割れて道ができた。
 
 本当に困る。毎回、毎度、今更言っても仕方がないが、稲葉が挑戦すると思っていた。具体的には羽生に勝てると思っていた。しかし結果と内容は私の望外のものとなった。本音を言わせてもらえば「まさか」である。

 史上初の6人によるプレーオフとなったA級順位戦、最終日、一番長い日と言われる段階で、だれがこの結果を予想しただろうか?おそらく日本に5人もいないんじゃないかと、わりとホンキで思う。豊島の失速で本命は久保が6割、といったところだろうか?

 今、手元に珍しく『将棋世界』2017年6月号がある。中古で買ったが実に数年ぶり、相変わらずの内容の濃さに、少しの安堵と重い息苦しさを覚える。買ったキッカケはナベのブログにおすすめとあったから。目を引く特集がある。これはナベが勧めた記事ではないのだが「棋士が選んだベスト対局10+1」というものがある。そこでダントツの一位を占めたのが第74期名人戦第2局-佐藤天彦vs羽生善治の一戦であった。今体調を崩している先崎が現代のコラムで羽生を太陽に例え、その太陽が沈みかかっている。と書いたキッカケにもなった一戦である。ご存知の方も多いと思うが、端的に言えば、終盤羽生が詰みを逃して負けた一戦。

 一位!という感じの将棋ではない。指し手の魂が、郷田風に言えば「情念」が滲み出るような将棋ではないと思う。しかし一位、これは先崎のコラムにもあったが、棋士が、正確には羽生を意識した、したことがある棋士、は書いてあるように「辟易」としたおもいが少なからずあったのは想像できる。言葉を借りれば「やっと負けたか、と。」やはりどう考えても普通の人間の勝ちっぷりではないのが羽生であるし、それこそが羽生たる所以なのだが、羽生らしからぬミスなので、そこに棋士たちが束になってヒビを入れようとワァーと襲い掛かったように思えて仕方がない一位なのだ。それほど羽生善治という存在が大きいか、恐ろしいか、そんなことを如実に表した、浮き出たといったほうが適切か、とにかくそんな結果に思えてならない。

 そして今、竜王を奪取し、永世七冠を手にし、国民の鏡となった羽生、
まるでモーセの十戒のようだ、と思わずにいられない。道ができていく
 名人の行方はまだわからない、だが恐ろしい、本当に怖い。本人はどう思っているのか本当に知りたい。7冠達成時の時に感じたといっていた「周りの空気」をどう感じているのか、そこに神はいるのか、このことは是非とも残してもらいたい「現象」であるし、現実でもある。

 すでにネット社会では「神」であるし、多くのマンガでその存在は絶対的な存在で描かれている。アラヒトガミであろうか?普通のタイトル棋士の何倍デカいのか?
やはり、とどのつまりは、ことばが追いつかない存在なのである。羽生の為にできたことば、というものができないだろうか、歴史の形成、それも恐らくは史上一位の巨星の光を、私たちは見つめ、その光が起こす化学反応に喜ぶ。
そして今、直視できないほどの光を放っている。
今はただ、この瞬間の光に酔いしれたい。

  • 顔アイコン

    はじめまして。
    昨日、ネットの海を漂っておりましたら、こちらのブログにたどり着きました。

    羽生先生、名人挑戦本当に嬉しいです。
    春の豊島の連勝で名人挑戦は諦めてましたけれども、そこはやはり冬島(笑)
    そして、0局での深浦の限りない羽生愛を感じました(笑)

    名人・竜王に似合うのは鬼畜眼鏡しかおりません。
    低い可能性から挑戦権を獲得するというドラマティックな展開、持っているオトコというものはこういう人なのでしょう(笑)
    これで名人復位100期だったらマジで笑います。

    プレーオフの対豊島、対稲葉、ずっと観てましたけれども、こういう将棋が昔から観ていた羽生将棋なんだなとつくづく思いました。
    だからなのか、今大人気のなんとか6段の将棋は受け付けません。
    強いとは思うのですが、どうも違う…って書いたら炎上しそうですね(笑)

    お書きになられている記事はすごくおもしろい記事ばかりなので、ブクマさせて頂きました。
    これからもお邪魔しますのでよろしくおねがいします。

    [ 洗心 ]

    2018/3/23(金) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > 洗心さん
    コメント、ありがとうございます。
    不定期で数もなくロクなことは書いてませんが…、

    確かに、違いますね。血が見えないんですよね〜。

    次世代の大きな転換点が迫っている真っ最中であって、、羽生もまた、こんな風に恐れられたのかなあ、といろんな想像をしているところです。

    [ teiru ]

    2018/3/24(土) 午前 3:01

    返信する
  • 顔アイコン

    久保さんと豊島さんが負けた時点で羽生さんが挑戦するように思いました。多分奪取と思いますが100期目を名人にするのが凄い!

    [ 棋楽 ]

    2018/4/9(月) 午前 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    > 棋楽さん
    こんばんは。
    棋楽さんは以前から羽生挑戦を予想されていましたね。
    私は正直ない、と思っていました。(苦笑)
    王道を歩くのにも器量がいるんだな、と今回思い知りました。事実上位2人の負け方はらしくなかった、これもまた天の計らい?なんてことは言いたくないのですが100期取ったらほんとにアラヒトガミだと思います。本気で。

    [ teiru ]

    2018/4/13(金) 午後 4:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事