ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫全体表示

記事検索
検索
 触れたいことが数件あるので、まとめて。それと、今並べている『石田和雄名局集』から局面を上げたり、今回はとっ散らかる様子?

 まずは遅れながらNHK杯、準決が2つともいい内容だったので、はて決勝は意外とアッサリ決着ついちゃうのかな〜と予想してました。序盤からお互い引かずギリギリまで押し込む押し込む、致命傷じゃない?と思われた和俊六段も、持前の粘り腰が出て勝負形になった。良さそうに見えた先手だがハッキリとした思わしい手もなく、悪手とまでは言えない緩手を後手に詰められた。結果から見れば順当だが、和俊六段は今回の活躍で一気にその名を轟かせた。大分前になるが羽生に勝った長沼七段を思い出した。いい棋譜、それも羽生善治を破った棋譜となれば、それだけで一生、酒の肴には困らないんじゃないかと思ってしまう。まぁ〜本当はそこで満足してはいけないんですが、いかんせん羽生善治という人は人間じゃないので、本当に毎度形容が難しい、人間じゃない人間。と今は思っている。ともかく今後注目度や仕事が違ってくるのは目に見えているので、+の方向に生かしてもらいたい。勝った新会長には、次は自然、タイトル戦ということになる。まだまだ老け込むつもりはない、と駒は十二分に語っていた。

 同世代でライバル、島研でも一緒だった森内の順位戦引退のニュースは今でも驚きを隠せない。将棋ファンなら、真っ二つに見解が異なってくるニュースだろう。私個人の意見は断固反対。加藤一二三大先生の爪を煎じて飲め!と言いたくなる。A級以外じゃ指さない?B1の何がいけない?美学?それは違うんじゃないでしょうか?永世名人って荷重な看板背負ったからって、いくらなんでも早すぎでしょう、逃げの一手にしかみえない。今後風当りは強くなるだろうと予想するが、最終的な判断は歴史のみぞ知る、といったところか。まあ〜でも早すぎるわ、全然潔くない。やっぱり本音は「重い」の一言に尽きるのかな〜。今こそ自身の著書『覆す力』を発揮するときではないのか?

 だいぶネタが古くなってしまって申し訳ないが、まぁ〜マイペースこそが続ける秘訣と考えているのでお許しいただきたい。では、冒頭であげた局面この一手を。
 
 難度は決して高くはない。が、並べていて私自身がシビレタ、というか(いい手だなぁ〜)と心底思った手なのでご紹介することにした。正解は次回に書くが、今の時代調べれば直ぐにわかることでもあるので、そんなにもったいつけることでもないのだが、是非、お考えいただきだい。尚、コメントいただければ正解手をお伝えします。

イメージ 1


 本では、石田「これが筋」と一言。筋です、はい。と唸るしかなかった。
 繰り返しになりますが、決して難しくはないので、お気軽にお考え下さい。

 決勝、もう一つのイスの行方は、先週の将棋の熱が残っており自然と気になった。
橋本崇載八段対佐藤和俊六段、準決勝第二局、順当にいけば8割ハッシーだろう、そんな軽い予想は外れた。投了図、2八の歩が何とも言えない。羽生を揶揄った罪か、自身の罪か、あの受けしかなかったのか、ともかく歩が全てを語っている。私にはそんな風に見えた。やはりどんな競技も準決勝が一番アツイ、決勝も大事だが準決が熱い。

 過去の対戦は2局で、どちらも橋本が取っているとのこと、ただお互い過去はそんなに関係ないようだった。だいぶ時も経っている。お互いが是が非でも取りたい初の晴れ舞台への切符。▲1三馬を指した手つきはしなっていた。見返してみると、この▲1三馬を指した数秒後、相手玉受け無し、とみて自玉の詰みを読んでいる。頓死は食わないぞ、最後の集中力を使っているようだった、相手玉は全く見ていない。だが直後の△1二金を受けて手は両手とも頭部へ、秒を読まれる中「エッ」、一呼吸置いてまた「エェッ」。見返してみると▲1三馬で決まり、と読んでいたのがよくわかる。ついでに書くと、途中自分がアップになるところで呟くように「優勢」と言っている。これはイヤホン・ヘッドフォンで聞かないと聞き取れない小ささ。録画があり、暇な方はどぞ、▲4二銀を打つ前、すなわち決めに行く前である。解説の広瀬八段が「本人も何かあるとみているはずですね」の直後だ。それを聞いた佐藤はどんな気持ちだったろう。
 
 その後、両者とも広瀬八段の解説した通りに指し手が進む、先に手を変えたのは佐藤の方だった。銀で受けると思われたところに香、後にわかることだが、一手開けばこの銀があるので相手玉に詰み筋ができる。この時、相手玉の詰み筋まで読んでいたのは、世界中恐らく彼だけだろう。自玉の受けの時間に相手の玉の詰み筋まで読んでいたのだ。圧巻である。そう、彼は飄々としてポーカーフェイス、名前や顔は知っていても彼の将棋まで知っているファンは恐らく少ない。危なっかしいなぁ〜間違えそうだな〜と思う私を尻目に橋本王を一気に詰ませた。羽生に勝つこと、は棋士にとってどんな意味を持つのだろうか、結果を見ればそれは間違いなく彼にとってプラスの力となって背中を押した、広瀬八段いわく「見事なカウンター」で掴んだ自身初の大舞台への切符、決勝戦は「佐藤カード」となった。

 橋本は将棋以外でも何かと注目を集める稀有な棋士だ。貴重といってもいいかもしれない。奇抜なファッション、将棋BARの経営、連盟を「将棋ムラ」と揶揄した著書の出版、ツイッターで素人相手に本気で噛み付くヤンチャぶり、etc。閉鎖的で封権的でジメジメしてそうな世界を、1人声高に「壊せ〜!」と昔から叫んでいる。研究会などには参加せずにソフトには全否定の姿勢を取っている。極端にいえばソフトの将棋は別の将棋、と言い切る。先の三浦問題の発端にもなったツイッター発言(現在は閉鎖)もあった、是が非でも盤上で結果を出したかっただろう。新会長とはいえ、連盟のトップと決勝の大舞台で戦いたかっただろう。その無念はいつまでも感想戦を行えない投了直後の彼の姿が物語っていた。ただ、お茶の間へ礼儀として、カメラを向けられると凛として背筋を伸ばす演技が精一杯。だが、その背筋は時を経ず、すぐに崩れ落ちる。ほんとうに勝ちたかった、そのおもいが、画面から滲み出ていた。

 決勝は康光寄りが8割だろうか。正直見えないが、和俊が勝てば大金星になる。大殊勲の星として勲章物だろう。自身の棋歴にも眩しすぎるほどの星になる。△8七飛と打った時、しかめっ面で首を傾げる。(▲6八玉の変化はわかりません、調べてもいません)しかし、橋本が▲同金と応じると、一瞬頬が「ニャ」とした。(おぉ、とった〜詰んだ〜勝った〜)喜びを必死で抑えているのだ。これも録画しているとわかる。対局者心理を探っていく面白さである。この和俊の若き頃の文を別のサイトで読んだことがあるが、オッタマゲタ。私なんか問題にすらならない、ジャイアンも一撃級の生意気ブリブリの文だ。興味のある方はご一読あれ。
 
 それと触れておきたいのが広瀬八段の解説。さすがはタイトルを取った棋士だなぁ〜と思われた方も多いのではないだろうか。所々、スピードについていけない所が私にはあったが、わかりやすく他の変化なども参考になるものばかり、藤田との息もピッタリで聞いていて何のストレスもなく解説の言葉が入ってきた。これはなかなかあるようで、ない。好き嫌いはあるが、彼の場合は広く受け入れられるとおもう。

 ともあれ決勝は私にとってオマケのようなものだ、正直、この準決勝の二局でお腹一杯で、しばらく何もいらない状態にある。これで決勝がもっといい将棋だったらホントにタイヘンだ。こんな嬉しいタイヘンならいつでも歓迎なんですがねぇ〜。(苦笑)将棋を知って、覚えて、ほんとによかったなぁ〜と、こんな素晴らしい将棋を見るといつもながらおもうと同時に、確かな幸福に包まれる。だから、やっぱりプロの存在は、我々ファンにとって是が非でも必要なのである。

 特になし、本題に入ります。

 定跡形や流行形をソフト同士に指させてデータを取った。寝ている間も動いてくれるコンピューターをフル活用して。

千田ー「その中からなるべく僅差のものをファイルにして、コツコツ集めていったがどうもこの方法はうまくいかなかった。12月までやっていたが、それで勝てるか、というと違うきがする。得たものもあるが、今は定跡形の勉強は軽くに留めています。」

今後はどう活用する?

千田ー「ソフトといろいろやってわかったのは、やはり人間は終盤力に問題がある。ということ。自玉が安全か危険か、判断する能力がソフトと比べると著しく低い。このことは以前からわかってはいたが、あまりにも度が過ぎます。今後は終盤力の強化を真っ先にします。その方法はソフトの評価値を見ながらこの形はどうだ、こうだ、とサンプルを増やす。そうすることで人間的なミスが減るのではと期待しています。年の初めから3ヵ月ぐらい使って終盤を特化しようと考えている。」

人間が終盤に弱いのは時間や疲労などあるのでは?

千田ー「そうですね。しかし時間や疲労に関係なく形勢判断そのもが間違っていることが多々ある。それでは元も子もない。ソフトで自玉周りの感覚を鍛えれば、時間が少なくても冷静に指せるはず。」


ここから著者が「研究会ではわからないこと」と題して終盤の重要性について書いている。これは大昔から言われてきたことなので割愛する。千田が試行錯誤して改めてその重要性に辿り着いた、のめり込み過ぎて生活のリズムを崩した、etc。
 そして自玉の安全度について、人間的感覚とソフト感覚の違いに言及する。つまり、人間的に見れば危険でもソフト的には安全、ということが多々ある。その逆も。そういった感覚を身に着けられれば実際の局面に正確に指すことができる。守る必要のない場面で安心して攻めることができるようになる。それをソフトの膨大なデータを蓄積し、パターン化しようとしているのが斬新だ。
 詳しい方はご存知だろうが、千田は初手3八銀やNHK杯準優勝など、実績も出している。本人からすればまだまだだろうが、ソフト研究をしての変貌を自身はどうとらえているのだろうか。

  棋王戦第一局の初手7八金は記憶に新しいですね。本日はこの辺で、

NHK杯 康光光る!

ご覧になった方は、やっぱプロってすげ〜なぁ〜、と思っているのではないだろうか。
同じ「佐藤」対決。しかも新会長と名人、準決勝、これだけでも激アツ必死である。

 「将棋はそんなに簡単なものじゃない」

 そういって、ソフトに否定的な立場をとっている康光。新会長として将棋界を背負っていこうとする気合と覚悟、メラメラと燃えるような熱い魂が、そのまま駒に乗り移ったような、そんな素晴らしい将棋だった。この一局で、新会長を応援したい、そんな思いにさせてくれた。いや、させられた将棋だった。とかく▲1八銀は鮮烈だった。

 三手目、リアルタイムで見ていた私は、思わず声を大にして叫んだ。
「はぁ〜!角頭歩!!!」 やってくれたぜ、康光。見せてくれるじゃね〜かよ。
序盤から画面に釘付け必死である。
 天国か地獄か、それともどちらでもないか、そんなところにいるとされる米長は、しっかりとこの将棋を見ていたことであろう。新会長は、どうやらやってくれそうだ。
しかし冷静に見てみると、最近得意としている角交換向かい飛車の理には適っている。ふむふむ、なるほど、なるほど。

 だが、相手は名人である。駒を並べている最中、康光が「玉」を持つのに物凄く違和感を感じて見ていた。だがそこは序列。強いもの、勝ったものがエライ世界という単純で厳しい世界だ。どこの世界にも「肩書が人を変える」と言われる。一年間名人を務めた天彦は、三手目▲8六歩を受け、にわかに表情が曇った。「俺、名人だぞ、名人だぞ、ゴルアァァァぁ!」表情はあまり変わらないほうだが、四手目△8四歩を指す姿は、怒りに満ちていたように見えた。となると力戦調になるのが自然な流れ。
挑発的な一手は将棋の流れを決めた。激流必死である。

 ここで小話を。挑発と康光といえば、真っ先に浮かぶのが竜王戦での出来事だ。
ご存知の通り、将棋界は強い者が一番エライ世界。この序列を巡って過去に様々な盤外戦が繰り広げられてきたが、康光は若き竜王を目の前に、それをやってのけた。康光本人にすれば、意図的ではなかったのかもしれないが、タイトル戦慣れした康光がそんな無礼をするとも思えない。私は挑発と捉えている。
 それは昼食休憩を迎える時に起こった。確か第4局ぐらいだったと思う(正確ではない)通常、昼食のメニューを頼む際、タイトルを保持している者、つまりこの場合は渡辺が「先に注文する」のである。ところがその日に限って康光は年若き竜王を尻目に「自分が先に注文した」のである。その時の情景を記事で読んだが、当然渡辺は面白くなかったらしく、康光を睨みつけたが、康光は知らんぷりで下を向き、盤面を見つめていた。確かこんな感じの記事だった。
 いくら若年だろうが、憎かろうが、生意気だろうが、読み筋が合わなかろうが、etc、竜王は渡辺である。竜王戦である限り、いや序列一位である限り、相手が羽生だろうが優先されるのは渡辺でなければならない。ましてや永世称号も持つ棋士でウッカリとはとても思えないのである。
 もっとも、少しの気後れも遠慮もない相手に腹が立った、といったところが本音ではないだろうか。あるいは本気で揺さぶりを仕掛けたのかもしれない。
 その昔、康光はとある棋戦で米長とあたった。米長はご存知なんでもやる。米長は早くに現れ、下座に座り、当時タイトルを持っていた康光を待った。そこへ現れた康光は、下座に座る米長を見るやいなや、「先生、困ります」と言い続けて、小一時間のすったもんだのやりとりの末、米長に上座に座ってもらって、対局が始また。その将棋は米長が勝った。このことを老師は痛烈に批判していたのが忘れられない。「こんなみえみえの盤外戦にやられているようでは、お話にならないよ、康光君」こんな感じで書かれていた。
 
 見返すとエライ長い小話になってしまったが、とにかく康光という人は、「礼儀を重んじる一方で、挑発もする」ということを伝えたかった。若かった頃は礼儀正しく定跡形の正統派の将棋だったが、羽生に連敗を食らったことがキッカケで独自の棋風を開花させた。今の康光の将棋はひとつの完成形に見える。今だからこそ、その独自の将棋は強烈に輝いている。事実、これまで破った相手が凄い。増田、慎太郎、千田、そして天彦である。ソフトにはない血が確かに見える。これはこれで物凄く魅力的に映る。糸谷、山崎、(順位戦・・・何やってんだ!あんな見え見えのミス待ちに・・・)当然だがこの辺りにはもっと活躍してもらわなければ困るし、何よりファンとして面白くない。

 今日のNHK杯は冷静を取り戻した天彦が持前の丁寧な受けで長期戦になったが、将棋の内容は終始、康光がリードしていた。好守の切り替えの早さ、正確さ、そして何より指し手が語るほんとうの康光がたまらなかった。
 「名人?まだ一期でしょ?どれ、どんなもんかいっちょやったろうかいの〜」
 勢いと気合で盤面をリードし、冷静と正確さで完璧に勝った。
 康光流ここに在り。完勝のもう一つ上の完勝ぐらいの完勝。

 なんだか気持ち悪いぐらいベタ褒めの内容だが、本心なので仕方がない。何より今日の康光は凄くかっこよかった。指す姿、決断の速さ、気合、指し手、内容、結果。どこをとっても文句の付けようがない。相手の天彦にとっては、角頭歩でやられたと悔やむだろうが、さすがは名人、すごいなぁ〜と皆思っていると思う。恥じることなど何一つない。最後まで諦めない粘りとトッププロの技術、そして執念を存分に表現していた。

 だた、今日は新会長の日であった。佐藤康光ここに在り。
 こんな将棋が指せる人だ、きっとやってくれる、やってくれなければ困る。
 

3.11

 3.11 あの揺れから6年の歳月が経った。

 時の流れと、アメリカ同時多発テロの呼び名も重なって、さんてんいちいち、又はさんいちいち、と呼ぶメディアが多い。

 6年、小学生が中学生になる時間。

 流れるものか、経つものか、在るものか、与えられたものか、奪われるものか、

 答えはないのかもしれない、でも、人は考える。

 考えることができるのが何より尊い、フランスが生んだ哲学・数学者はいった。

 経験したことのない揺れ、買ったばかりのテレビとPCのモニターが今にも倒れそうになったので両手でそれぞれを抑え、踏ん張った当時。私は被害などといった大袈裟なものは幸いにもなかった。家のなかがメチャクチャに散らかったことや、数日電気が使えなかったことなど、そんな程度、海なし県の栃木は、後の津波の被害はなかった。

 多くの人達の未来を一瞬で奪った。

 以来、いろいろな価値観が変わった。

 今も、爪痕が深く残る。

 少しづつ、進んでいると信じたい。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事