ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

少し前に触れた名人戦挑戦権の4名におけるプレーオフ、結果制したのは行方です。
行方ファンには失礼、と前置きしますが大多数の将棋ファンは「残念」の一言でしょう、精精よくて4勝2敗で羽生防衛、本命は4勝1敗で羽生防衛でしょう。羽生とすれば渡辺が来るのが一番怖かったはず、その渡辺に勝った久保にどうせなら挑戦してほしかったですがまぁ〜今は振り飛車つらいのかなぁ〜:どうせなら対抗系が見たかった。
返す返す残念。行方のような行き当たりバッタリの将棋でA級、名人挑戦、ですから素質というか才能はものすごいもんでしょう、もう少し早くもっと精進していれば常にタイトルを持っている棋士になっていたかもしれません。変わって「常にタイトルを持っている棋士」←(郷田自身でもそうでなければいけない、と言っている)でいてほしい郷田が渡辺に挑戦していた王将戦、最終第7局までもつれ込み最終局は見事な郷田圧勝!中盤渡辺に見たことない角打ちが出てそこから決戦、もらった角を8七に打つ、ものすごい辛抱、まぁ〜でもこれしかない、といわれればこれしかないかもですが郷田らしい手ではない、ってのが第一感、時にスタイルもかなぐり捨ててタイトルを取りに行く、執念が感じられました。最後の3二銀成り、こりゃ〜美しい手です、郷田らしいすばらしい決め方でした、郷田おめでとう〜!絶対王者羽生善治。は変わりませんが糸谷を始めタイトルがバラけて戦国時代の始まりの予感、楽しみ楽しみ、豊島〜早よ〜タイトル取れ〜若い時ってのは若い、若い、って言われるけどほんとにアッという間に吹っ飛んじゃうんだぞ!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事