ここから本文です
ぱっしょん・ぱっしょん・ぱっしょん。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 触れたいことが数件あるので、まとめて。それと、今並べている『石田和雄名局集』から局面を上げたり、今回はとっ散らかる様子?

 まずは遅れながらNHK杯、準決が2つともいい内容だったので、はて決勝は意外とアッサリ決着ついちゃうのかな〜と予想してました。序盤からお互い引かずギリギリまで押し込む押し込む、致命傷じゃない?と思われた和俊六段も、持前の粘り腰が出て勝負形になった。良さそうに見えた先手だがハッキリとした思わしい手もなく、悪手とまでは言えない緩手を後手に詰められた。結果から見れば順当だが、和俊六段は今回の活躍で一気にその名を轟かせた。大分前になるが羽生に勝った長沼七段を思い出した。いい棋譜、それも羽生善治を破った棋譜となれば、それだけで一生、酒の肴には困らないんじゃないかと思ってしまう。まぁ〜本当はそこで満足してはいけないんですが、いかんせん羽生善治という人は人間じゃないので、本当に毎度形容が難しい、人間じゃない人間。と今は思っている。ともかく今後注目度や仕事が違ってくるのは目に見えているので、+の方向に生かしてもらいたい。勝った新会長には、次は自然、タイトル戦ということになる。まだまだ老け込むつもりはない、と駒は十二分に語っていた。

 同世代でライバル、島研でも一緒だった森内の順位戦引退のニュースは今でも驚きを隠せない。将棋ファンなら、真っ二つに見解が異なってくるニュースだろう。私個人の意見は断固反対。加藤一二三大先生の爪を煎じて飲め!と言いたくなる。A級以外じゃ指さない?B1の何がいけない?美学?それは違うんじゃないでしょうか?永世名人って荷重な看板背負ったからって、いくらなんでも早すぎでしょう、逃げの一手にしかみえない。今後風当りは強くなるだろうと予想するが、最終的な判断は歴史のみぞ知る、といったところか。まあ〜でも早すぎるわ、全然潔くない。やっぱり本音は「重い」の一言に尽きるのかな〜。今こそ自身の著書『覆す力』を発揮するときではないのか?

 だいぶネタが古くなってしまって申し訳ないが、まぁ〜マイペースこそが続ける秘訣と考えているのでお許しいただきたい。では、冒頭であげた局面この一手を。
 
 難度は決して高くはない。が、並べていて私自身がシビレタ、というか(いい手だなぁ〜)と心底思った手なのでご紹介することにした。正解は次回に書くが、今の時代調べれば直ぐにわかることでもあるので、そんなにもったいつけることでもないのだが、是非、お考えいただきだい。尚、コメントいただければ正解手をお伝えします。

イメージ 1


 本では、石田「これが筋」と一言。筋です、はい。と唸るしかなかった。
 繰り返しになりますが、決して難しくはないので、お気軽にお考え下さい。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事