ここから本文です
クワ道楽
羽化個体掘り出し中ww

書庫全体表示

今回の騒ぎについて

申し訳ございません。
先に断っておきますが、今日は読んでいただいても楽しくない内容です。
今騒ぎになってる件について、我々が今どう思っているのか?そして意思表示が今になった経緯・いきさつをご説明させていただきます。
 
 
先ず問題の件ですが、私たちが騒ぎになっているのを知ったのが、その方(Aさん)がブログ公開された日から3〜4日ほど経った日でした。
きっかけは第三者の方からのメールです。
内容は皆さんがお話しされた通り、上と下の虫は同じ虫じゃないのか?といった内容でした。
その後立て続けに電話・メールが各1件入ってきました。
お二方ともに、同じような内容です。
その時私は皆さんにこうお答えしました。
『ゴタゴタには巻き込まれたくはないので、おかしいと思ったのであれば、直接ご本人に聞いて下さい』と。
ご存知の方も居られると思いますが、私は過去にブログのコメントで嫌がらせを受けたことがあります。
内容はどうせ交雑なんでしょ?といった類のものでした。
イチイチ気にしていたらやってられないので、凹んだりはしませんでしたが、正直気分は良くなかったです。
だから問い合わせに来られた方々には、『良い答えが返せなくて申し訳ないが、ゴタゴタはもう御免だから、私たちを巻き込むのは止めてほしい』とお返事させていただきました。
実はこの時、Aさんには2頭と6頭の予約を入れていました。
管理票をUPされる前だったので、メスは6頭でしたが、場合によっては10頭くらいお願いするつもりでした。
今後どうすればいいのか分からない、、、と声を上げてる皆さんと同様、私たちもAさんからの補強を楽しみにしておりましたので・・。
ですが騒ぎを耳にし、こういう状況で今年もAさんから購入していいのだろうか?そう考えるようになりました。
 
 
団長と龍さんですが、基本虫の購入に関しては、コレという虫以外は私に委ねてくれます。
『ともさんが良いと思うんだったら、俺たちはそれでいいよ』と。
ですが今回に限ってはそういうわけにはいかないので、お二人にはどうしたらいいと思う?とご相談させていただきました。
そこで出た結論が『この件がハッキリするまでは、Aさんからの購入は見送ろう』というものでした。
その後Aさんに事の経緯をお伝えし、正式に予約のキャンセルを済ませました。
※周りの方々に色んなアドバイスをいただいたことも付け加えておきます。
 
 
この後、団長・龍さんとこの件について、話し合いの機会を何度も設けました。
この件でAさん及び周りの方々に対し、どういった対応をとるか?といったものです。
そこで決まったのが
 
  まずはAさんご本人の動きを見守る(アクションを待つ)
  ハッキリとした見解が出るまでは、こちらから騒ぎ立てたりはしない
  周りの方々からの質問に対しては、当面は『本人ではないので私たちは分かりません』とお答えする
 
主にこの3つです。
 
  については、品川でイベントがあるんだから、そこで白黒ハッキリさせせればいいんじゃないか?と思ってました。
周りにここまで言われたら、さすがにAさんも虫を持ってくるだろうと。
 
  については、5月のブログ記事でも申し上げたとおり、100%じゃない限り、自分はシロだのクロだの言いません。
それでもアンチの方々は『あんなのクロに決まってるだろ!』と仰ると思います。
でも仮に私たちが疑いの声を上げたとして、もしAさんが品川に同じサイズの虫を持参されたら、私たちにはどうすることもできません。
『疑ってすみません』で済むんじゃないの?という方も中には居るかもしれませんが、そんな簡単な問題じゃないです。
『代わりの虫なんて期間があればいくらでも用意できる』というコメントも見ましたが、あのクラスはそうそう出るサイズじゃありません。
その証拠に、これまで89mmクラスをブログ等で公開された方は、ほんの数名しか居ませんし、自分がAさんの立場だったら『困ってるから虫を貸してほしい』などとは絶対言えません。
仮に言われたとして、相手の方は虫を貸すでしょうか?
もしそれが公になれば自分のブリード生命も断たれてしまうわけですし、そういうリスクを冒してまで貸す人は普通居ないと思います。
ギネス狙ってる人たちはプライド持ってやってますから、自分の虫に誇りを持っています。
それは皆さんも同じではないでしょうか?
私だったら誰かに虫を貸してほしいと言われても、絶対に貸しません。
自分の虫に対してプライドを持ってますから。
 
いつも疑惑・疑惑とか騒いでる奴が、何で今回は何も言わないんだ?立場弱い奴には噛み付くけど、強い奴にはビビって何も言えないのか? というコメントも目にしました。
恐らく自分を指してのものだと思います。
それに対しての答えはNOです。
言えないのではなく、言わなかっただけです。
ホントにビビってたら品川には行けません。
こっちはたくさん予約してた虫をキャンセルしたわけですから。
品川での会合が11月なので、それまでの2ヶ月間で騒ぎが収束しているかもしれませんが、仮に騒ぎが続くようでしたら、その時はAさんに直接『なんとかしてほしい』とメッセージを伝えるつもりです。
もちろん文章ではなく、面と向かって自分の言葉で伝えます。
 
 
  についてはこちらが話した内容に『尾ひれ』がつくといけないので、何も言えない・お話しできない、当面は(品川でAさんとお会いするまで)そういう対応をしようと決めてました。
実際何名かの方々から、今後どうするつもりですか?この件について、どう思っていますか?という質問を受けましたが、皆さんには『今は分からないから、事態が動くのを待つ』とお答えしてきました。
固有名詞こそ書かれてませんでしたが、我々に対し不満を述べている方々は、『どうすればこの問題が解決するのか』『誰に怒りをぶつけたらいいのか』事態が進展しない焦り・ジレンマから、矛先をこちらに向けはじめたのではないかと自分は解釈しています。
色んな考え方があるので何が正解とはハッキリ言えませんが、今でも対応は間違ってなかったと思っています。
 
 
 
 
で、Aさんに絡む虫について『疑惑の虫』云々といった内容をここ最近目にする機会が増えました。
これについてはハッキリとこちらの意見を述べさせていただきますが、今後親虫のデータを改ざんしたり、Aさんの虫の血が入ったラインを処分するつもりは一切ございません。
理由はいただいた個体カードと同等もしくはそれ以上のサイズの個体が手元に届いているからです。
これはAさんから虫を購入された皆さんの共通認識だと思いますし、明らかに論点がズレているのではないかと思います。
今問題になっているのはAさんのブログに公開された虫であって、過去にAさんから買った虫ではありません。
それ(買った虫)に対し、『あなたの虫はAの血が入ってるからグレーだ』などと言われたら、それこそブリーダー間の直接取引は成立しなくなってしまいます。
よく『○○さんから購入したので安心』という言葉を目にしますが、その線引き自体が曖昧ですし、疑って重箱の隅を突き始めたら、それこそ国内で買える虫なんて居なくなってしまうと私たちは思っています。
なのでAさんの血統を飼育されてる方々、虫の扱いをどうしようか悩んでいる方々は、『私は何も悪いことはしていない!』と胸張ってブリード続ければいいのではないでしょうか。
Aさんの血が入った虫を使うことに対し、批判的なご意見をいただくこともあるとは思いますが、それは仕方の無いことだと思います。
色んな方々が居るわけですから、皆が同じ方向を向くなど、絶対に無理だと思うので。
 
 
最後に、勇気を出して声明を出され方がAさんの虫をブリード続けることになっても、誹謗・中傷などせず、温かい目で見守ってあげてほしい、、、そう願ってやみません。
出来ることなら今後もYGのブリードを続けたい、、、そう思っておられると思うので。。
 
 
 
こちらの文章はB団の総意として私のブログで表明させていただきました。
※龍さんと団長には事前にご一読いただき、本日公開させていただきました。
文章を書くのがヘタなので、見てくださった方々に、変な誤解を与えたり、不快な思いをさせている部分があるかもしれません。
ですが悪意はございませんので、ご理解いただけましたら幸いです。
 
 
コメント欄は開けておきますが、個人への誹謗・中傷、匿名でのコメントについては、勝手ながら私の方で削除させていただきます。
コメントされる方は、節度ある対応をお取りいただけますよう、よろしくお願いします。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事