ここから本文です
クワ道楽
爆産上等ww

書庫全体表示

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ビックリしたww

ボクシング祭り初日が終了しましたw
実は子供のころからボクシングが好きで、中継があればほぼ欠かさず試合を見ています。
若い時は(今も気持ちは若いですがw)800円くらいする月刊誌(ボクシングマガジン)を毎月購入、海外の試合(主にマイク・タイソンとフリオ・セサール・チャベス)見たさにWOWOWに加入してたくらいですw
 
しかしまぁ、最後の最後で大どんでん返しでしたねww
アレにはかなりビックリしましたw
長いことボクシング見てますが、ちょっとあの判定は有り得ません。
ディフェンスは有効打をもらわずほぼ完璧でしたし、攻撃時のプレッシャーの掛け方も素晴らしかったです。
ジャッジの採点聞くまでもないだろうとションベン行ってたら判定負けとか言ってるので、ションベン終わったあとなのに、またションベンちびりそうになりましたw
最後の最後でミソついちゃって、ほんとに残念でなりません。
言葉にするのは簡単ですが、村田選手にはこの苦い経験をバネに、一日でも早く再起していただきたいものです。
 
あと残念だったのは、田中選手の試合が見れなかったことでしょうか。
東海地方以外の方はあまり馴染みがないかもしれませんが、21歳ですでに2階級制覇を達成している物凄く才能のある選手です。
ボクの住んでる近畿地方ではほぼ放送が流れないので、いつもユーチューブで試合を見ています。
※以前CSで生中継を見たことはあります。
本人はチャンピオン同士で統一戦をやりたいと言ってるので、なんとか実現してもらいたいものですw
 
 
 
 
さて、ビックリしたといえばもう一つw
ついさっきヤフオク出品するのにヤフオク覗いてたんですが。。
やはりというか、毎年毎年湧いてきますね〜。
悪い輩がw
どう考えても『これは有り得ないだろ!』ってのが出品されてましたw
 
 
幼虫採り知らない方のために噛み砕いて説明すると、大体以下のようになります。
 
①ペアリング
②産卵セット
③幼虫採取
 
まず①ですが、私は大体2回に分けて合計7日間くらい同居させます。
人によっては1日(ハンドペアリング)という方も居られるようですが、、。
まぁ、ココは別に注目していただかなくていいです。
 
 
次に②ですが、一般的にメスは交尾が成立してから4〜5日くらい経たないと卵を産まないと雑誌・ネット記事で読んだことがあります。
レコードブリーダーのshimaさんも同じようなことを仰ってました。
 
 
で、③です。
卵産んだとして、孵化するのに何日掛かりますか??っていうと
仮に25℃で管理したら、最低でも14日以上孵化するまでに時間が掛かります。
温度上げれば上げるほど孵化する時間は早まりますが、いくら早くても12〜13日くらいは掛かるんじゃないでしょうかw
 
 
で、これらを纏めると、ペアリング開始から幼虫採取するまでには、最短でも20日ほど時間を要することが分かります。
でもねー、今日見たやつは2週間くらいで幼虫採取している計算になるんですよww
コレは絶対にあり得ません。
しかも孵化してまともに餌食えるようになるのに何日掛かりますか?って話です。
 
普段言いたいこと言ってるので意外に思われる方が居るかもしれませんが、ボクは石橋を叩いて歩くタイプなので、100%間違いないって時にしかこういうことは書きません。
99%インチキでも、その時は公では絶対に触れません。
もしホントだったら、こっちが袋叩きですから。
でもね、過去に自分も詐欺師に引っ掛かって虫をオシャカにしてしまったので、これから飼育を始めようって方には、こういうのに引っ掛かってほしくないんですよ。
 
 
コレ読んだら分かる人は分かると思うので、『私が言ってるのはコイツです』とかは書きませんが、虫の購入を検討されてる方は、こういう悪い輩に引っ掛からないよう、とにかく注意しましょう。
 
 
例の出品者と直接交流のある方も居られると思うので、今回はコメント欄を閉めさせていただきます。
 

この記事に

ここ最近暖かくなってきました。
来週からGWですね。
今年は曜日の並びも良いので、9連休くらいされる方も多いのではないでしょうか。
 
さて本題に入る前に、先週団長のお宅に種付けいただいたメス個体の一部を引き取りに行ってまいりました。
種親2年目の♂87.0(shimaさん1402)、今年から種親の♂87.5(yasukongさん1501)に数♀ずつ種付けをお願いしてました。
『本命の用事』はコレではなかったので、『ついで』に受け取ってきたという感じですが・・w
 
 
 
で、本命の用事ってのはコレ 
↓↓ 
イメージ 4
 
はいw
先週金曜日に六本木までさや姉のライヴに行ってきましたww
団長は昼まで仕事だということで、お昼に愛知集合、そこから電車と新幹線乗り継いで東京まで出る手段取りですw
 
 
腹が減っては、、、、、てことで、先ずは腹ごしらえ
チケット代前払いいただいてたので、『昼は私が払います、、、』と伝え、団長のご自宅近くの名店、ひつまぶし『備長』さんへ。
 
 
 
私『軽く定食でも食っていきましょう』
団長『俺、定食とか好きじゃないんだよね。定食って要らないおかずとか付いてるだろ。』
私『じゃあ単品食いますか』
団長『うん。俺、まぶし特上 ごはん大盛りで』
私『・・・・・』
団長『バランス良く野菜も摂らなきゃいけないから、サラダも頼もうぜ』
私『あ、ですね・・・』
 
 
昼間っから、ほんとによく食うオヤジです・・。
 
 
で、出てきたのがコレ
↓↓
イメージ 3
イメージ 1
イメージ 2
 
 
ウナギの量はもちろん、サラダのデカさもパねーです!!
※本来なら2〜3名で食うサラダです。
普通の野菜サラダ(450円くらいだったかな?)もあったのですが、ちゃっかりとカニサラダ注文しちゃってて、ほんと抜け目の無いオヤジですww
久々の来店でしたが、うなぎの焼き加減(皮のパリパリ感)が絶妙ですね〜。
最後の会計(画像あり)以外は大満足でしたw
 
 
イメージ 5
 
 
で、やっとここからが本題です。
タイトルの件ですが、GW前の27、28日辺りから第一弾の産卵セットを開始しますw
前記事で触れましたが、4♂にテスト♀合計5頭を付けて、全ての♀から幼虫が採れましたw
腹出てたり、顎ズレしてる♂も居ましたが、そうそう種無しとかは出ませんね。
残念ながら上記4♂のうちの1頭(88.5mm)は事故で☆になりましたが、種確認に関しては、良いスタートを切れましたw
 
 
で、☆になった885の代わりといっては何ですが、2月上旬になかなかのサイズの♂個体が羽化してくれました。
イメージ 6♂85.2mm
マサレッドさん♂883(1309)×Gullさん♀530(1522)
 
 
デジタルが見づらくてすみません。
投入から8ヵ月半ほどですが、85mmを越えてきました。
2月上旬羽化ですが、形状が素晴らしいのと、何より血統が超一級品なので、急遽使うことに決めました。
サイズはあっても形が気に入らなければ使っていなかったかもしれませんが、ホントにカッコいい虫です。。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
管理の方も順調で、3月末にはすでに後食を開始してまして、今ではゼリー交換するたびに頭部を突き上げてこちらを威嚇してきますw
秋・冬の温度を攻めたのもありますが、このラインは♂♀ともにスイッチが入りやすく、実にオスだけで5頭も早期羽化が出ちゃいました(汗)
しかしながら、サイズの方は80.5mm×2、84mm×1、85mm×1、87mm×1(不全)と、早目の羽化でもデカイ個体が複数頭出てきています。
これも種親抜擢の要因になったことは、言うまでもありません。
残念ながら885は☆になってしまいましたが、代わりに楽しみな個体が1頭今年のラインナップに加わってくれましたw
時期的にも遅めの早期羽化ですから、無事に幼虫が採れるよう、この♂については他よりも神経注いで管理していきたいと思います。
 
 
 
不細工なので解説とかは無しで、87mmBの写真もいちおう貼っときますw
イメージ 10
 
次回更新ですが、6月上旬辺りに『爆産報告』でもしたいと思いますw
更新無しの場合は『撃沈』ってことで(笑)
 
 
 
 
 
 

この記事に

組み合わせ決定

2017年ブリードの組み合わせがようやく決まりました。
自己ブリードプラス、今年も数頭種付けいただくことになっています。
種付けいただく分に関しては明記しておりませんが、自己ブリード分については先程『2017年系統図』のタイトルで組み合わせをUPしましたので、幼虫リストをご希望の方が居られましたら、メールもしくは鍵コメ等で気軽にお問い合わせください。
 
系統図は本来なら先週UPしようと思ってたのですが、某団長さんがいつまで待っても種♂紹介やろうとしないので、一週遅れになってしまいました。
年明けから龍さんと二人で、『早くしてくれ!』ってずっと言ってたにもかかわらず先週ようやくですから、、、ほんとに悪いオヤジです。
オアシス使って40gをたったの2本しか出せなかったので、モチベーション下がってるんでしょうか ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
携帯からUPしたからか内容も淡白で(所謂手抜きってやつでしょうかw)、味気のない印象を受けたので ← 強調!、 私の方で少し補足を入れます。
 
yasukongさんからの87.5mmですが、所謂847系(100%)個体になります。
こちらはyasukongさんの1501ラインになりますが、1501からは他にも大きな虫が出ているようです。
昨年11月の段階で、分かっている範囲では86mmが2頭(1頭は幼虫販売先)出ているとお聞きしています。
前記事で紹介出来てませんでしたが、同腹メス(53.5mm)が我が家で預からせていただいております。
 
 
そのペアリングについてですが、実は昨年からオスの不幸が相次いでまして、組み合わせについてはかなりの変更を余儀なくされました。
 
 
先ずはGullさんから譲っていただいた86mm(1511)で、こちらのオスが秋に突然☆になりました。。。
虫は実家に置いてあるのですが、前の週まで元気に走り回ってたのに突然です。。。
直接原因かどうかは不明ですが、昨年9月〜今年の2月末まで、実家マンションの大規模な補修工事があり、一時期『塗装工事』が入りました。
実は上記♂86mmと同時期に自分用の種メス2頭、その他余剰個体が相次いで☆になっておったので、もしかしたらその影響があったのかもしれません。
せっかく良い虫を譲って下さったのに、Gullさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もちろんですが、共同購入した団長・龍さんに対しても同じ思いで、二人にも申し訳ないことをしました。
 
 
で、次は自己ブリードの87.1mmで、先月上旬越冬解除しようと取り出すと、カビに巻かれたような状態で出てきました。。。
まさか越冬で虫が落ちるなんて、想定外もいいところですw
 
 
ただ、災難はこれだけにはとどまらず・・・。
3月から本チャンのペアリングを始めておったのですが、なんと先週オスがメスに襲われまして・・・。
我が家は2日おきにゼリー交換を行うのですが、ゼリー交換しようとケースを開けるとマットの上にオスの符節らしきものが2本、、、。
焦ってオスを拾い上げると、やはり脚が2本もげていて、すでに瀕死の状態でした。。
オスの回復を試みたものの、2日後☆になってしまいました。
いやぁ、さすがにコレには参りました。。
生き物なので仕方ないのですが、今年はツイてないですw
まぁクヨクヨしても虫が帰ってくるわけではないので、気持ちを切り替えて2017年度ブリードに臨みたいと思いますw
 
 
反面良いこともありまして、今年は各地でデカいオスが早期羽化してますが、我が家でも1頭大きいのが出てきました。
2月上旬に羽化した個体で、昨日測ってみたら85mmチョイありましたw
2本目に交換した時は31.8gだったので、そのあとたくさん餌を食べたのでしょう。
形はマサレッドさんの1309の特徴が出ていて(顎先が真っすぐ前を向いてます)、メチャクチャカッコいい虫ですw
寒い場所には持って行きたくないので、ノギス画像についてはもう少し暖かくなってから撮影したいと思います。
 
この虫ですが血統(マサレッドさん883×Gullさん1522)もさることながら、羽化して2日で綺麗に尻が入ったように、まだまだ余裕を感じさせる個体です。
通常羽化と同時期のペアリングはちょっと無理だと思うので、5月中旬ごろまで暖かい場所でしっかり管理して、7月上旬投入を目途に1〜2ライン幼虫を採ってみようと思いますw
 

この記事に

2017年系統図

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14
 
 
イメージ 15
 
 
イメージ 16
 
 
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
 
イメージ 19
 
 
イメージ 20
 
 
イメージ 21
 
 
イメージ 22
 
 
イメージ 24
 
 
イメージ 23
 
 
イメージ 25
 
 
イメージ 26
 
 
イメージ 27

この記事に

近況及び補強最終

3月に入りましたが、結局まだ交換続けてます。
仕事の帰りが遅いのと、早期羽化♀をご予約頂いた方々とのやりとりを優先したので、結局交換が延び延びになってしまってますw
まぁ残ってるのはハズレっぽいラインと暴れた虫なので、無理しない程度にボチボチやっていこうと思いますw
 
で、どうでもいいことですが昨日こんなのが届きましたw
イメージ 4
某氏からの種付け依頼メスですが、見た瞬間『マジ、アホちゃうか!』←大阪では日常会話レベルですw って思いましたww
※1頭は里子個体なので種付けは15頭らしいです。。。
 
たしかに『種虫選ぶのに妥協しちゃダメだ!!』って何度も口酸っぱく言ったけど、限度を知らんのかいッ!!(笑)
面倒くせ〜から成功率5割くらい目標で、パパッとテキトーにやって返送しようと思いますw
 
 
 
 
話を戻して、前記事でもう40gは出ないだろうと言ったのですが、1頭だけ出てきましたw
 
イメージ 1
860(Gullさん1304)×565(自己ブリ早期)
 
 
1本目33gだった幼虫ですが、7gほど伸ばしてきました。
今年は7、8gくらい増えてくるような幼虫がほとんど居なかったので、ある意味サプライズ的な1頭でした。
1304の86mmがまだ健在のようなので、今年も種付けしてもらおうか思案しているところですw
 
 
サプライズと言えばメスも・・・ありました。
先週、今週と瓶交換をしてたら、食痕のほとんど出てない瓶から、メチャクチャ良さそうな虫が4頭『自然早期』で出てきました。
サイズは52〜55mmで、1頭は団長が欲しいと言ったので里子に、残りの3頭は自分で使うことにしましたw
そのおかげでほぼ決まってた2017年度の組み合わせを一部変更する羽目になりましたが、こういったサプライズは大歓迎ですw
頭数の関係で種親に取ってた虫も溢れてしまったので、それらは順次オークションにでも出品していこうと思います。
よろしければご覧くださいw
 
 
本題に入る前にもうひとつ、昨日から種♂4頭(㊤ライン88.8mm、団長ライン88.8mm、88.5mm、87.7mm)の種確認をするため、予備メスを使って試し産卵を行っております。
試し産卵は初めての経験ですが、87.7mmはちょっと腹が出てるので、88mm×3頭に合わせて念の為行うことにしました。
期間は5〜7日を予定してますが、卵が確認出来た時点でセットからメスを取り出す予定です。
早く安心できるよう、プリプリの卵を1日でも早く確認したいものですw
 
 
 
 
さてやっと本題です。
昨秋のことですが、yasukongさんにお願いしていたメス個体が我が家にやってきました(1頭は後日紹介させていただきます)。
サイズ・ラインはyasukongさんにお任せし、成績の良かったラインを選んでいただきました。
こちらのラインです。
イメージ 2
 
53.7mm(1515)※88.2mm同腹
53.2mm(1517)※86mm同腹
 
 
いずれも大型が出ているラインですが、注目はやはり1515でしょうか。
882の写真を見せていただきましたが、まだまだの伸びそうなフォルムをしておったので、同腹のこのメスには期待せずにいられません。
1517についても特徴のある虫なので、相性が良さそうなオスに付けることにしました。
今日ご紹介できなかったもう1頭のメスも負けず劣らず凄い虫なので、次回以降ご紹介させていただきます。
モタモタしてねーで、例の件さっさと頼むぜ団長
 
 
 
トリを飾るのはGullさんからの早期♀です。
 
イメージ 3
54.0mm(1606)
52.0mm(1615)
53.0mm(1619)
 
上記3頭です。
Gullさんには無理言って、2項目ほど虫のチェックをしていただきました。
おかげで今年も希望通りの虫を仕入れることが出来、ブリードするのがとても楽しみです。
 
 
例年マサレッドさんにも早期♀をお願いしてますが、今年は種付けいただいたラインから良い早期メスを確保できたのと、主力ラインのいくつかがマサレッドさんの1102絡みになるので、バランスを考えて自重しました。
次世代以降を見据えた補強・組み合わせをやらないと、どんどん先細りしていくので、ココは慎重に考えるようにしていますw
おかげで組み合わせ考えるのも一苦労でしたが(笑)
 
 
組み合わせに関しては幼虫のご予約いただいてる方も居るので、今週中にキッチリ決めて、来週こちらでアナウンスをさせていただきます。
もうしばらくお待ちください。
 

この記事に

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事