山と遊ぼ!! flowery fields!!

山と遊び、咲き競う花々を愛でるページです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全544ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

生き甲斐に通じ

17日(土)に片付けておくべき事柄が幾つか重複してた。
ひとつは19日(月)のGSへ向けての心準備であり、ひとつはHさんから借りて放置したままになってる小説を読むことであり、更にもひとつは一昨日Yさんにお借りした野中広務の対談物や、これも一昨日にIさんから拝借したDVD「昆虫すごいぜ」を見ること。。。
イメージ 2


本来は目先に迫ったGSを片づけるべきところだが、どうも気が進まないとあってギリギリの翌日回しを決め込み、ひと月以上も前に借りてた3冊の内の1冊に取り組むこととする。
本当の本好きなら、多分高校入学時分から“文学”に取り組み始めるんだろうが、なにぶん頭のしっかりせぬ私は大衆小説からスタートしたもので、村上春樹がミステリの翻訳に手を染めてる?などとは全く知らなかった。

そこへ読書家のTさんが、「村上春樹の訳とあって買った本だが、暇つぶしには良いんじゃないか」と長編3冊を持参してくれたのである。
そう、胃や腸の病で暫くは謹慎するであろう私に対し、当面こんなのでも読んで体力回復に努めよという意味あってのものだ。
イメージ 1


もちろん私にしたら、どれから読んで良いものやらさえ分からず、取り敢えず最初に手にした「さよなら、愛しい人」から読み始めてる。
翻訳物は翻訳者の能力によって面白さが全然違ってくるから、そんな部分でHさんも村上春樹のに手を出したんだろうと想像できるのだが、作者のレイモンド・チャンドラーの筆が冴えるのか訳出が冴えるのか分からないけれど、とにかく面白くて終日かかりっきりになってしまった。

もっとも一日中掛けても3/4は読み切れていないが、ストーリーとしては終盤に入ってきた感じとあってここは一気に読み切らねばならず、GSのは今朝一番に取り組むべしと決めてはいる。

退職して早や10年以上が経過した。
仕事辞めたらどれほど呑気に出来るかと思ってたのに、この10年の忙しさは何!
よ〜く考えてみるに、“忙しいは生き甲斐に通じ”てるんだと思わずにおれないその一方で、忙しければ月日の経つのが速いから、アッという間に寿命に達してしまったり・・ 人生は難しいのである。


この記事に

開く コメント(0)

16日(金)、明石市にお住いのNさんから発声頂いた「東播の溜池と田園ウォーク」に参加すべく9時、JR大久保駅へ出向いた。
もう5〜6年も前になろうか、JR土山北方に位置する溜池群を巡り歩いたことはあるが、それは野鳥目当てじゃなくって農業水利を学ぶもの、それはそれなりに凄く面白い講座であった。

今回はそれより少し東に寄った部分、大久保駅から南西方向へ歩いて山陽電鉄江井ヶ島駅や魚住駅近辺での野鳥観察で、私にしたら全く初めてのコースだから一番に挙手してたのだ。
簡単なコース説明を頂いて早速出発。好い天気で暖かく、絶好の観察日和になってくれたから、オッシャーと気合も入ろうというものだ。

今季初めてのモズ。独特な姿勢だから分り易い。
イメージ 1


何と16〜7名もの参加者となり、発声されたNさんの気の遣いようったら少々お気の毒・・
イメージ 2


写真は100枚以上も撮ったが、いかんせん野鳥たちは遠いとあり、順不同の並べ方にするより仕方ない。 特徴の掴み難い鳥でオカヨシガモだと聞いた。
♂だろう、くちばしは全体に黒く、お尻(尾筒と呼ばれる部分)も黒い。
イメージ 3


この個体は少々黒く写り過ぎてるが、確かにくちばしとお尻は真っ黒だ。
ちなみに典型的な♀のくちばしは一部が橙色を呈すとガイドブックに載っておる。
イメージ 4


ケリ。 陽気に誘われ居眠り中にみえる。
嘴の先は黒いのだけれど、こやつのはくすんでて良く見ないと分らない。
イメージ 5


ヒバリ。 冠羽を立ててカッコ付けておる。 それにしても体色は田んぼに同化してしまってるから、集中して眼を凝らす必要がある。
このヒバリ、地面に降りてる時は鳴かないんだと聞くが、いつも納得できないまま・・
イメージ 6


カワラヒワ。 体色は濃いから三羽とも♂だろう。
この鳥を始めて目にした4年ばかり前、これぞ“青い鳥”と感じ入ったものだ。
イメージ 7


ハシビロガモも今回初めての鳥で、なかなか優美な姿であるが、
イメージ 8


この幅広でデカい嘴は美形とは言えぬ。
イメージ 9


カモは一般的に草や貝に小魚なんかを食べてるらしいが、このハシビロガモは水中のプランクトンや小さな草の実なんかを寄せ集めて食べておるそうだ。
寄せ集める方法はなるほどと感心させるもので、水面をくるくる回って水流を起こし、その中心部にプランクトンなどを集め、嘴で濾し取るようにして食べるのだから賢い。 今しきりに渦を作ってる。
イメージ 10


「向うの電柱の先っぽにミサゴが!」とYさんの声。
頭の白い猛禽のミサゴが獲物(やっぱり魚かな?)を捕らえたらしくついばんでる。
イメージ 11


早く食べればいいものを、しきりに周囲を警戒しておるのは、、、
イメージ 12


憎っくきカラスがその獲物を横取りしようと!
いかな猛禽ミサゴと言えど、カラスの体力(飛翔力)と知力には及ばず、
イメージ 13


獲物を掴んで逃げる。
「ミサゴ 頑張れ!」とどなたかが叫んでられた。
イメージ 14


溜池から田んぼへ、田んぼから溜池へと歩く。
アオジが数羽。
イメージ 15


一番初めの皿池で観たミコアイサは余りにも遠かったので写真はザラザラ。
次の谷池だったかで再びミコアイサに出遭えたのはラッキー、まさにパンダを彷彿させる姿だから、一度見たら記憶に残ることだろう。
ミコは巫女・神子で、如何にも彼女たちが着る白い小袖の衣装だ。
イメージ 16


イメージ 17


ちょっと色が違うように思えるが、腹部の白が翼の付け根にまで及んでるからイソシギなんかな?
イメージ 18


私単独なら、キンクロハジロで済ませてしまったに違いないスズガモ。
雌雄ともに冠羽は無く、背中の色は薄くて小さな模様が入ってるみたい。
イメージ 19

イメージ 20


この鳥、私の辞書には載っていない。
スズガモにレンズ向けてて集団から離れてしまったから、説明を聞き逃した可能性が大きい。
イメージ 21


山陽電鉄魚住駅近くにある住吉神社は、江戸時代初期の創建で明石市の指定文化財。能舞台や神輿を収納する蔵もあって敷地も広大である。
特にフジの花がよく知られておるそうで、花の長さは地面に達するほどと聞くから、その時期に今一度訪ねる値打ちがありそうだ。
イメージ 22


歩け歩けとばかりJR魚住駅まで。
6時間に及ぶ観察ハイク、初めての鳥数種を目にできて大いに満足した。
いつかタゲリなる綺麗な鳥にも巡り合いたい。

UPした後で調べたところ、ヒバリはホバリングしながら鳴くのだが、周囲より少し高い場所、例えば小石の上とか土くれの上でも良く鳴くとの記述があって納得した。


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

GS下見

来週19日月曜日、N小学校の環境体験学習サポートが予定されてるのに下見ができていない。 そこで14日(水)に個人的な下見を行うべく予定を立ててはおったが、“実力”の伴わぬ私一人では心もとないからと、同じく下見されていないNさんに同行をお願いし、天気も気温も好い状況が期待できるとHさんも誘い出して河川敷を歩くことになった。

9:30、阪急御影駅から先ずは白鶴美術館を目指し、その傍から清流住吉川の河川敷へ降りる。 キセキレイ・セグロセキレイ・ハクセキレイ・ジョウビタキ・ツグミ・カルガモ・ムクドリ・スズメなんかを観ながら南下する。
イメージ 1


途中で散歩中のKさん夫妻に出合う。 気温は10℃ほどまで上がって寒さを感じないから、河川敷を散策する方が多い。 一旦六甲ライナー魚崎南駅近くの河口まで歩き、ヒドリガモ・ホシハジロ・オオバンなどのカモ類を見る。
イメージ 16


ホシハジロって本来は海洋性の鳥なのに、川の上流や野池でも良く見掛けるから、カワウなどと同じように行動範囲が広いのだろう。
イメージ 2


住吉川公園でお昼。
温かい汁物にウイスキーも出てきて申し分の無いランチタイムだ。
イメージ 3


お昼を終えたらHさんの案内で、酒蔵巡りしながらN小学校方向へ歩く。
先ずは菊正宗、内部には立派な展示物があって壮観、造り酒屋と言えばお金持ちの代名詞でもあったから、阪神淡路の震災で多くを失ったとは言え広大な敷地を誇っておる。
イメージ 4


イメージ 5


次いで向かったのは白鶴酒造。 Hさんの説明によると菊正宗と白鶴の創業者は兄弟で、兄が本家筋の菊正宗で弟が白鶴だと。
イメージ 6


この白鶴の展示館も圧巻で、神戸に生まれ育ちながらこんなの見るのは初めてで驚いた。
イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


白鶴が灘中学校を創設したのは知ってる。 とにかく地域の中心的な産業だったから、そのぶん地域へ還元してこそ親しまれるお酒になったんだろう。
イメージ 10


ノーベル賞授賞式で一躍名を轟かせた福寿。
運営する酒心館では結婚式も挙げられるそうで、それも知らなかった。
イメージ 11


一番西に位置する沢の鶴へ向かう。 なるほど、道を挟んで桶屋さんがあった。
イメージ 12


残念ながら沢の鶴は水曜日が定休。
イメージ 13


イメージ 14


酒蔵巡りを終えて阪神大石駅へ歩き、都賀川河川敷へ降りるのだが、ここも三面張りの川だから観察するものとて無し・・
(都賀川は大石川と称される場合もあってややこしい。 流域に大石村なる集落があったところからそう呼ばれるようになったらしい。)
イメージ 15


15:30頃、目的の西灘公園の植物を“下見”するもこの季節、子どもたちに何を話せば関心引けるのかと、下見後も方策は浮かんでこない。。。

灘五郷。
恥ずかしながらこの私、神戸市灘区と東灘区に点在する造り酒屋を灘五郷と称するんだと思い込んでいた。 今回の酒蔵巡りにより、『灘』とは摂津国西部に位置する沿岸部の総称であり、西宮市の今津郷・西宮郷、神戸市の東郷・中郷・西郷の5つを指すんだと知る。
本来は伊丹や池田なんかが先発で、摂津を代表する酒処だったらしいが、一大消費地である江戸までの運送に不便、そこで大阪湾に面した灘五郷へと移動していった経緯があるようだ。
いずれにしろミネラルを豊富に含んだ上質の地下水、いわゆる宮水が湧出し、これも上質の酒米が供給される地の利もあって、江戸時代から日本を代表する酒造地が形成されることになったのだ。


この記事に

開く コメント(0)

13日(火)朝、迷わず小野市の“鴨池”へ向かったのは前日の興奮が残ってるからで、まだ滞在中だろうコハクチョウを目指したのだ。
神戸電鉄でも小野駅は遠く、歩き始めたのは10時前だったろうか、目的はもちろんコハクチョウだけじゃなくって、小野周辺に広がる田園の鳥にも出合いたいと期待してのもの。

小さな流れにコガモが浮かんでおる。 何と言っても腰の両側にある黄色い三角形の斑紋が美しく、雄はこれを誇示するように雌に見せて求愛するという。
野鳥におけるこのような求愛行動とか、相手を威嚇する行動をディスプレイと言うんだそうだ。
なるほど、情報を表示する装置なんかをディスプレイと称するが、同じような意味で使ってるんだろう。
イメージ 1


加古川に架かる橋を越えて田園地帯へ入ると、目には見えねどピーチクパーチクと騒がしい。 この寒い時期、すでにヒバリが活動し始めてるのかどうか分らないが、この騒がしさに加えてホバリングしてるのも見つかったから、きっとヒバリなんだろう。 ただこの時期の田んぼの色とその鳥の羽色は打ち消し合い、双眼鏡で追うのも極めて困難・・
イメージ 2


翼の裏側が白く先端部が黒いから、飛べばそれと分りやすいケリがいた。
嘴は黄色く先端部のみ黒。 脚も黄色くて目は赤い。
イメージ 3

イメージ 4


ダイサギの目元は青味がかってるから凄味がある。
転んでアオタン作った訳じゃ決してない。
イメージ 5


鴨池到着。 残念ながらコハクチョウは繁殖場所であるユーラシア大陸北部目指して飛び去ったようだ。 繁殖地は雪と氷に閉ざされて食糧も得られないからだろう、日本や韓国・中国大陸へ南下して冬を越すことになる。
それにしても数千kmに及ぶ旅だから、途中で落命するのもいるに違いない。
イメージ 6


この鴨池には、10種以上のカモが次々にやって来るらしい。
今回圧倒的に目立ったのはオナガガモで、その名の通り長い尾を誇らしげに立てている。 他のに漏れず地味な♀だが、尾だけはやはり長い。
イメージ 7


イメージ 8


実はニュウナイスズメを探しておった。。。
まこと残念ながら全部普通のスズメ。 今年も無理かな?
イメージ 9


男池・女池・皿池を巡るも収穫なし。
餌貰って慣れてるはずなのにオナガガモは一斉に飛び去った。
イメージ 10


来た道を引き返す。
嫌に目立つツグミに混じり一羽のトラツグミをゲット。 今年初めてだ。
イメージ 11


イメージ 12


まだ時間的には早いから、北鈴蘭台から送迎バスで森林植物園へ向かおうとしたのに、僅かな時間差でそれは無理だった。 田園地帯の吹きっさらしは誠に冷たかったし午後には雪も舞ったから、そのまま帰って菊水温泉で冷え切った身体を温めて本日終了。

そうそう、やっぱり高齢者講習受けて免許更新することに決める。
さっそくK自動車学校へ予約入れようとしたら、「7月24日(火)の午後3時以外ありません。都合悪ければ他へどうぞ」と愛想も何も無い受け答え。 ムカッとしたけど当ても無いから「ではそれで・・」
どうも公安委員会と自動車学校は結託してるみたいで不愉快、こうなれば意地でも更新してやる。



この記事に

開く コメント(4)

ヒクイナとビンズイ

12日(月)、誘って頂いて野鳥観察へ出掛けた。
先ずはしあわせの村の堂坊池で、目的はオシドリ。 前回来た折には30羽程度と少なかったのに、なんとまあ今回はてんこ盛り状態で100近いと思わせる盛況だし、幸いにも太陽の角度が誠に宜しく、彼等の羽根がくっきり見えて壮観だ。

ただ少々残念なのは、少し前から気付いておった村内の整備方法で、余りにも綺麗に片付け過ぎとあって野鳥の姿が随分減ってしまってる現状、これではトラツグミだってコジュケイだって姿の見せようもない。
イメージ 1


雄のこの羽色は冬の繁殖期(ペアを探す時期)限定であり、春が来れば折角の飾り羽は抜け落ちて雌同様の地味な姿に変わってしまう。
そんな状態をエクリプスと呼び、エクリプスの元々の意味は日蝕とか月蝕を意味するそうだから、雄の存在価値も半減するということになろうか・・
ただし、♂の赤い嘴はそのまんまの色で残るらしい。
イメージ 2


カモの仲間は幾種類もが混在してる場合が多く、ここでもマガモにヒドリガモなんかが混ざっておった。
イメージ 3


浅い畔にダイサギが佇んで魚を狙ってる。
長く黄色い嘴に黄色い眼、なかなか鋭い顔付きは“きつね目の男”にも似て怖い。
イメージ 4


5人、しあわせの村の暖かい座敷で美味しいサンドウィッチと熱いコーヒーにデザートまで・・・
車出して下さってるから楽チン移動、すいすいと垂水の海岸線にある浄水場へ向かう。 良くは分らないけど沈砂池みたいな“なぎさの池”で、もちろん初めての訪問地だし、目的はまだ観たことの無いヒクイナとあって楽しみにしてた場所だ。
イメージ 7


先ずはバン、特有の額から嘴へかけての赤が目立つ。
周囲にはその部分が白っぽいオオバンも沢山いるから、身体の大きさの違いが良く分かり、明らかにひと回り小さい。
イメージ 5


さて、これ。 バンの♀?
羽の模様が♂に似てるから♀なんかなと思ってはみるが、ハンドブックによれば雌雄同色とあったりもして・・ もちろん個体差はあって当たり前だろうから、やっぱりバン♀なんだろう。
イメージ 6


お目当ての「ヒクイナがいるよ」と声。
『クイナ鳴き卯の花咲きて、忍び音もらす夏はきぬ』という唱歌は知ってっても、クイナなもちろんヒクイナなんて観たことも無い。
“緋クイナ”だから、もちろん緋色であるが、その緋色は頬〜眼〜喉〜胸〜腹にかけてのもので、脚も赤っぽい。
想像してたより小型で、もちろんバンなんかより一回りサイズが違っており、尻尾を上向きに跳ね上げつつ食べ物を探してる。
イメージ 8


イメージ 9


幾つかの旅行記で巨大なソウギョが登場する場面はあったけれど、こんな身近に草魚が放たれてるなんて!それは知らなんだ。
水草を食害する要注意外来生物に指定されてるのに、一部で養殖されてるとなれば・・・私が好きな「白身魚フライ」ってのこれじゃないの?
我々白身魚フライって平気で食べてるが、それが何て種類の魚なのか、総菜屋さんだって殆ど知っちゃいないんだ。 昔良く食べてたメルルーサ、乱獲によって今では高級魚と化してる。
イメージ 10


コガモを撮ろうとしたのに全員アチラムキ。
イメージ 11


なぎさの池で雪が舞い始め、4℃で風があれば誰だって耐え難い寒さを感じる。
そんな中で私、前日到着したばかりのオーバーズボン着用とあり平気平気。
つい先日まで、雨具であるゴアテックスのレインスーツで風を防いでおったけど、どうもシャカシャカして履き心地が悪いからとネットで注文、前日にMizunoのが50%OFFの4,000円程で手に入り、冬用パンツでなくっても十分に通用すると分ったからラッキー。

本日の行程を終えて帰路に着こうとしたところでビンズイなる鳥の名前が出た。
もちろん私は知らなところへHさん、「この辺りにいるはず」と車をUターンして下さる。 私にはアオジにしか見えなかったのに、「あれがビンズイ」だと。
イメージ 12


達磨さんみたいに着込んだ体で車窓からカメラを構える。
もちろん相手も動き回ってるし木陰で薄暗く条件は悪かったが、何とかアオジじゃないよなという程度には写ってくれた。
白い眉班とか胸回りのしっかりした模様がアオジとは違ってるかな、今回の大きな収穫になった。
イメージ 13


イメージ 14







この記事に

開く コメント(0)

全544ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事