タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

全体表示

[ リスト ]

IVF (in vitro fertilisation)

ここのところ、すっかりブログから遠ざかっておりました 2月の初めから、IVFという体外受精の不妊治療を行っていたのですが、結果は残念ながら陰性、妊娠には至りませんでした。莫大な出費(15,000ドル)と血のにじむ労力は全て無駄となりました。実は今もショックとホルモン注射の後遺症で軽いウツ状態。。。

差し出がましいようですが、もし本当に子供が欲しいのであれば、35歳になるまでに頑張って下さい。特に女性の方は、35歳を過ぎると本当に妊娠しなくなります。女性は生まれた時から既に卵子を持っていて、自分の年齢がそのまま卵子の貯蔵年数となります。他の貯蔵物同様、当然ながら卵子も陳腐化していきます。巷では「卵子若返り法」なるものが氾濫していますが、医学的には不可能なのだそうです。私の場合、貯蔵年数42年。。。腐りかけています。私の医者曰く "Your eggs were too old to get pregnant."。17個の卵子を摘出し、内14個が受精(すべてICSI、顕微授精)に成功したのですが、内12個は細胞分裂中に死んでしまいました。残りの2個も細胞分裂が遅く、綺麗な胚盤胞になる前にやむ終えず移植。結局体内で死んでしまい残念な結果に。。。これも全て私の卵子が古すぎるのが原因なのだそうです 医者からは、あと2回程IVFを行って駄目であれば諦めて、卵子ドナーや養子縁組を考えるべきと言われました。また43歳を超えると妊娠は絶望的なのだそうです。恥ずかしながら、私は35歳を過ぎると妊娠しなくなるという事実を、不妊治療を行うまで知りませんでした 「20代の時にこの事実を知りたかった!!!」と自分の運命に恨みすら感じる今日この頃。。。そんな私の大失敗から、今この事実を少しでも多くの方に知っていただこうとしている訳です。

また今回、私の行ったIVFについてご紹介。このトリートメントはかなりきつかったです ちなみに私はIUI同様、高齢出産で評判の高い不妊治療医院、RMA of New York にお世話になりました。まず生理が来て医院に報告、翌日早朝(午前7〜8時の間)に血液検査と超音波で卵巣チェック。その日の夜に二種類の卵胞刺激ホルモン、ゴナドトロピン注射(Follistim と Menopur)を開始。翌日から、朝 Follistim、夜 Menopur を9日目まで打ち続けました。私はこのホルモン注射中に皮膚アレルギーにかかってしまい、首全体と顔にかけて、湿疹だらけになりました 夜は痒くて眠れない日々 また8日目と9日目には早発排卵防止剤ガニレクスを注射。10日目の夜HCG注射。同時に5日目から卵子摘出の日(生理開始から12日目)まで、ほぼ毎日血液検査と超音波のため通院。卵子摘出 (retrieval)は全身麻酔をして行われ、麻酔が切れたと同時に軽い腹痛。下腹部に不快感があり、施行後2日間ほど安静に過ごました。卵子摘出の夜から五日間ほど、メドロールとジーパックという二種類の錠剤を服用。また卵子摘出から妊娠検査までの間(約2週間)、お尻にプロゲステロン(黄体ホルモン)の注射開始。この注射針は太く、毎回恐怖を覚えました。いまもお尻に内出血した注射の跡が残っています 時は遡りますが、生理開始から17日目に胚移植。卵子摘出時に比べるとかなり楽で、痛みもほとんどありませんでした。そしてその一週間後に、妊娠検査のため再び通院。

こんなに頑張っても、妊娠する確率は10〜20%位です。また妊娠しても、流産の確率は高いです。これもひとえに私の卵子の老化によるものです。従って、妊娠するかどうかは持って生まれた運任せということになります。私はこの妊活に専念するために、一切のフルタイムの就活を断念しました。会計の仕事が好きだったので、今かなり欲求不満です。また少しでも妊娠しやすいようにと、酒とカフェインを断ち、バランスの良いオーガニックの食事を心がけ、緑の野菜ジュース、マカ、ざくろジュース、葉酸、コエンザエム、アーモンド、卵、バナナ、パイナップル、マルチビタミン・ミネラル、ビタミンC,E、牛乳は毎日摂取しました。最近明治のアミノコラーゲンも始めました。また毎日1時間ウォーキングに行きました。さらに少しでも御利益があるようにと携帯とパソコンの壁紙を「木村さん」にしました。ところが。。。現実は非常に辛く、ショッキングです。IUIも含め、不妊治療を開始して半年、憤りは増すばかり。。。「木村さん」は全く好みではなかったので、今回の陰性結果後、即効削除しました。その後気分が少し良くなりました :)

ちなみに私達夫婦は、2度目のIVFをすることにしました。ただ立て続けにIVFをすることは出来ず、今月は自力で頑張らなければなりません。これがまたセックスレス夫婦の私達にとってはかなり難題。私も最近「ここまでくれば、どうしても妊娠したい!」と意地になっているので、、不満、あせり、憤り、そしてため息の日々。。。毎月約1%づつ妊娠する確率が減っていくので、今の私にとって1ヶ月のロスは命取りなのです。私もIVF治療以来ホルモンのバランスがおかしく、旦那を怒鳴り散らしてばかりいるので、ここ1週間で2度ほど離婚話も飛び出しています どうなることやら。。。



閉じる コメント(4)

顔アイコン

タカさん。そんな最中に、私ののんきな質問に答えて下さり、感謝とともに、申し訳なかった思いです。
私は現在38歳(今年39になります)ですが、結婚して14年になるものの、子供は後で・・・と先送りにしてきてしまい(私が手術したこともあって)、現在に至っています。
いつかは子供を欲しいと思っていましたが、最近になってよくTVでもよりあげられる35歳を継ぎるとがくんと可能性が減るということを知りました。夫はそれでも、大丈夫でしょ?!とと思っています。日本でも芸能人の高齢出産が多いので、それでだと思います。私的には筋腫が見つかったりしているので、焦ってきています・・・。 削除

2013/3/10(日) 午前 8:37 [ カージナル ] 返信する

顔アイコン

カージナルさんありがとうございます!私のことなら全然大丈夫ですよ〜!もし本当に子供が欲しいのであれば、早速不妊治療医に相談されることをお勧めします。確かに何人かの芸能人の方は高齢出産ですが、そのほとんどは30代です。個人差はありますが、30代後半の夫婦共健康体の方の自然妊娠確率は、だいたい30%と言われています。簡単には妊娠しない確率です。その確率も40歳になると10%以下に激減します。一般的に筋腫などなんらかの問題があると不妊体質になると聞きますので、どうか旦那様を説得してお急ぎ下さい!

2013/3/17(日) 午前 6:21 [ タカ ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます!お互い頑張りましょう!そして不手際があったことをお詫びします。まだいまいちブログの機能をよく把握していないもので。。。本当に申し訳ありませんでした。

2013/3/24(日) 午後 2:12 [ タカ ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます!無事に妊娠なさることをお祈り申し上げます :)

2013/8/17(土) 午前 11:44 [ タカ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事