タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

春めいてきたCentral Park

ここの所セントラル・パークも春めいてきました


イメージ 1

気温が暖かくなってきたので、あちらこちらで人々が腰掛けています。木々はまだ寒々しいですが、足元に目をやると、所々で花が咲いています :)



イメージ 2

イメージ 3

花々を見ているとなんだかハッピーな気分



イメージ 4

葉が出始めた木を発見!



イメージ 5

こちらの木々も寒々しいですが。。。空も青く高くなってきました!春だね〜




The High Line(その2)

前回の記事の続き。。。


イメージ 1

所々でミュージシャンやアーティストがパフォーマンスを披露 チビッ子も興味津々。



イメージ 2

もみの木のような木 夏になると、線路上の草は青々と生い茂ります。



イメージ 3

中間地点、23丁目まで来ました。ここで沢山の人が写真を撮っていました なぜだろう。。。



イメージ 4

イメージ 7

公園から街頭アートを堪能することも出来ます :) また公園内にもアートが展示されています



イメージ 5

公園沿いの至る所で、新築ビルが建設中 ビルの背後にうっすらと見えるのは、ラグジュアリーアパートメントの Silver Towers。



イメージ 6

ここにも春を感じさせる花が! :)



The High Line(その1)

ハイラインは、ハドソン川近くの14丁目と30丁目の間にある、かつての貨物列車用の線路を公園に再利用したものです。今ではニューヨークの人気スポットの一つで、天気のいい日は非常に多くの人が公園を訪れます




今日のニューヨークは非常に春らしい良いお天気だったので、私も散策に行ってきました :)


イメージ 1

イメージ 2

線路が所々に残され、その間に木や花が植えられています。ここの所暖かくなってきたので、木々の花も咲き始めています



イメージ 3

セレブリティー御用達の The Standard Hotel  下の部分が空洞になっている非常に不思議な作りです。



イメージ 4

所々にベンチがあり、多くの人が一休みしています。特にこのくつろぎチェアーは競争率が高く、常に満席です



イメージ 5

観客席風のベンチで、10番街を見下ろすことが出来ます。



イメージ 6

エンパイアー・ステイト・ビルディングが見えてきました!公園を散策しながら、ハドソン川やニューヨークの町並みが楽しめるのも、この公園の魅力



イメージ 7

隣接するビルの壁上のアート。COOL!!


続きは次回の記事で。。。



食事をされている方には申し訳ありません。今回は公衆トイレについてです 公衆トイレは、厳密には公園や街頭に設置されているトイレの事ですが、ここではあえてデパートメントストアーなどの屋内のトイレも「公衆」とさせていただきます。不特定多数の人がタダで利用するには変わりはないもので。。。

今や日本でも大半の公衆トイレは洋式なので、アメリカのものとあまり変わりはないかと思います。大きく違う点は、トイレットペーパーのロールがやたら大きいことと、足元の部分が大きく開いていること位です。


イメージ 1

こちらが典型的な公衆トイレなのですが、必要なものがこじんまりとまとまっています。便器の背後にあるのがトイレットシートカバー、その左の小さな箱が汚物入れ、そしてその横の壁にくっついているのがトイレットペーパーです。このトイレは掃除したばかりなので、便座が上がっています。ニューヨークの大きなデパートメントストアーやターミナル駅などのトイレは、清掃員がしょっちゅう掃除しているので、結構きれいです。ちなみにこの写真は、ロックフェラー・センター (Rockefeller Center) の地下のトイレです。



イメージ 2

このように、ほとんどのアメリカ国内の公衆トイレの足元の部分は大きく開いており、外から容易に人が中に入っているのが確認できるようになっています。その昔、公衆トイレ内でドラッグ、レイプ、強奪、殺人などの犯罪が多発したため、犯罪防止のためにこのようになったらしいです。また犯罪防止のためなのか、照明が明るい公衆トイレも多いです。ちなみに下からのぞき見をする人はいないので、慣れると全く気になりません。



イメージ 3

こちらがトイレットペーパーです。ほとんどのトイレットペーパーは薄く、またロールが大きく重いので、下に出ているトイレットペーパーを引っ張ると簡単にちぎれてしまいます。また一度ロール内でトイレットペーパーが切れてしまうと、また先端を探すのが困難 そこで私は、ロールの下をトントンとタップしながらゆっくりロールを回し、必要量のトイレットペーパーが出てきた時点で、次の人が取り易いように少しペーパーを残してちぎります。

ちなみに英語でトイレは、bathroom、 rest room、ladies room (女性のみ)などです。地域によって好みの単語があるようですが、ニューヨークではbathroom がよく使われているように思います。トイレット(toilet)は便器そのものの意味なので、トイレの場所を聞くときは使いません。また「トイレはどこですか?」は"Where is the bathroom?" です。念のため。。。

これから始まるバケーションシーズン、ニューヨークに来られる方もいるかと思います。そこで、私のお勧め公衆トイレをご紹介 いざという時に知っておくと安心です。私のイチ押しは、アッパーイーストサ イドのブルーミングデールズ (Bloomingdale's) の4階にあるトイレです 8階にも同じ作りのトイレがありますが、それ以外の階は普通の公衆トイレと同様の作りです。


イメージ 4

何とも高級感漂う内装。特に平日の午前中に行くと、買い物客も少なく、トイレはまるで貸切状態。



イメージ 6

パウダールームも完備



イメージ 5

ドアに取っ手がついており、まるで部屋にでも入るよう。。。またドアを閉めると完全個室状態。心置きなく用を足すことができます :)


イメージ 7

トイレそのものはシンプル。トイレットペーパーが家庭用で使いやすいです。 TOTO の便器ですが、ウォシュレットは付いていません。アメリカで公衆トイレにウォシュレットが付いているのを見たことがありませんが、アマゾンでウォシュレットを売っているので、自宅のトイレに設置することができます。TOTO 製ではありませんが、私の自宅のトイレにも付いています :) また、アメリカの公衆トイレに音姫はありません。アメリカ人は、「トイレは用を足す場所」と定義しているので、その時の音に対して反応する人はいません。用を足している最中にわざわざ水を流すのは、恐らく日本人だけかと思うのですが。。。あの習慣は個人的にものすご〜く疑問です。誰が始めたのでしょうか。。。



またダウンタウンでは、バッテリーパークシティーにあるコンラッドホテル (Conrad Hotel) のロビーにあるトイレがお勧めです。ホテルの宿泊客を装い、さりげなくトイレを拝借。。。


イメージ 8

イメージ 9

五つ星ホテルにふさわしい、モダンで美しいトイレ 洗面台にはハンドローションもあります :)



その他お勧めのトイレスポットは以下の通り。

1.メイシーズ (Macys)。。。観光客の定番。2階のトイレは新しく数も多い。
2.ザ・プラザ・フード・ホール (The Plaza Food Hall)。。。観光客が多く、入りやすい。
3.サックス・フィフス・アベニュー (Saks Fifth Avenue)。。。5番街にあり便利。
4.ロード・アンド・テイラー (Lord & Taylor)。。。ニューヨーク市立図書館とブライアントパーク近く。ちなみにブライアントパークにある公衆トイレ(本当の意味の)は新しくてキレイです :) 夜はあまりお勧めしませんが。。。
5.グランドセントラル駅の地下の公衆トイレ。。。比較的きれいで安全。利用者も多い。
6.スターバックスやカフェのトイレ。。。あまりきれいではありませんが、利便性はダントツ。商品を買わなくても大丈夫。あまり気まずいようであればコーヒーを買って一休み マクドナルドのトイレは鍵が掛かっていて、店員に「トイレに行きたい」と言って開けてもらわなければならないので面倒です。またトイレも結構汚い
7.ファイナンシャルセンターにあるトイレ。。。ダウンタウンを観光した際は是非。
8.バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes and Noble)。。。アメリカのチェーン型本屋。マンハッタンにも10件ほどあります。トイレはきれいです。
9.ホールフーズ (Whole Foods)。。。スーパーマーケットの中で一番きれいなトイレなのでは。マンハッタンに数件あります。特にユニオンスクエアー店は、観光客の定番トイレスポット。
10.タイム・ワーナー・センター (Time Warner Center)。。。広くてキレイなトイレです :) コロンバスサークルにあります。

大きな公衆トイレはミッドタウンに集中していますが、スタバやカフェは至る所にあるので、マンハッタン内であればトイレを探し回らなくて済みます :) ただ人気のない野外の公衆トイレは入らないほうが無難です。




開く トラックバック(1)

以前どこかの記事でお話したかもしれませんが、私は学生時代英語が大嫌いでした。成績は5段階評価で常に1か2で、頑張って3が限界でした 「日本人だから日本語だけで十分」と信じて疑わなかったのですが、20代の頃、海外旅行に行き始めたあたりから「英語が出来れば、国籍を問わずいろんな人と話が出来て、人生楽しくなるかも!」と思い始め、30歳くらいから英会話スクールに通い始めたのです。当時の私の英語のレベルは本当に低く苦戦しました そして34歳でアメリカ語学留学、渡米5ヵ月後に旦那と知り合い、その10ヵ月後に結婚。36歳の時、瞬く間にアメリカ永住者となりました 

このような経緯のため、英語のレベルを上げるのに今も苦戦中。。。とくにスピーキングはいまだに苦手で、なかなか上手く話せません 特に私の発音は最悪らしく、旦那を含め、ネイティブスピーカー達から「発音がヘン」だの「何言ってるかわかんない」だの言われ続ける日々で、いまやスピーチ恐怖症になり、カウンセリングにも通いました バルーク大学付属のESLの発音のクラスを取り、スピーチセラピーとセッションし、CD付きの発音の教科書で繰り返し練習したものの、進歩は今一歩。。。そんな中、旦那がひらめいたスピーキング強化法がこれです アイフォンのディクテーション機能を使って気軽に練習できます。



1.まず言語設定を英語にします。アイフォンの場合、英語もアメリカン、カナディアン、ブリティッシュ、オーストラリアンに分かれているので、自分が練習したい国の英語に設定します。言語設定が他の言語(日本語など)や、他の英語圏の英語(アメリカ英語を練習するのにイギリス英語の設定)だとうまくディクテイトしないので、必ず自分が練習したい言語に設定します。

2."Notes" のアプを開き、新しいノートを作ります。


イメージ 1

ノートの表面をタップするとキーボードが現れます。真ん中下の "space" ボタンの左側にマイクの絵のキーがあります。このキーをタッチすると、キーボードの部分がマイク(ディクテーション)の絵に変わります。そこで、自分が練習したい英語の文章を読み、読み終えたら "Done" のボタンをタッチします。そこで、ノート画面を見て、自分の言った通りに携帯電話がタイプすれば、英語の発音は結構正確ということになります。というのは、このディクテーション機能はけっこう高性能で、他の人種が混じっていない純粋なネイティブスピーカーが話すと、かなり正確にタイプするからです。ちなみに私が試した結果は以下の通り。


会話文:"teach yourself american english" より

My name's Jo and yours?
Sam.
Where do you come from Sam?
I'm from New York. I work in a bookshop there.
Do you like it?
Yes, I really enjoy it, actually. I love books. Do you know this town well?
Quite well. I come here on vacation from time to time. How about you? Where do you go for vacations?
I like going to Florida for vacations - I love Miami and I know Atlanta and Key West and a few other places. How do you know John and Jean?
John's my brother.
Oh, right.


イメージ 2

とこんな感じです。ちなみにピリオドやクエスチョンマークも口頭で言わなければなりません。例えば最初の文だと "My name's Jo and yours question mark" という具合です。こうして自分の言ったことがディクテイトされて文章になった時、自分の発音の弱点が分かる訳です。私の場合"Sam" は聞き取ってもらえず、 "Son" になったり無くなったりしています。"work" は何度言っても "walk" になってしまいます:( 実際ネイティブスピーカーにもよく聞き返される単語です。"well" がどうして "a laugh" になったか不思議ですが、恐らく発音がおかしかったのでしょう。また "for" が文中に入ると、ディクテイションがおかしくなります。ということは、正しく発音されていないということです。"work" と "for" は、ともに伸ばす r の発音が入っているので、「私はこの発音が苦手」ということが分かってきます。



英語だけでなく、他の言語を学習している方にも応用できると思います。また他のスマートフォンにも同じような機能が付いているかもしれません。ご興味のある方は是非試して下さい!私はたまにこのトレーニングを行っています。また前回の記事で紹介した"Voice Memos" のアプで、自分の音読を録音し、その後聞いてみて聞きづらかった所を何回も繰り返し言ってみて、再び録音して聞いてみる、といったこともしています。綺麗な発音になるにはまだまだ時間が掛かりそうですが、地道に頑張っていきたいと思います :)



全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事