タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

前回の記事に引き続き、ハリケーン サンディーの余波についての記事です。

今日早朝、ミッドタウンにある医者に行かなければなりませんでした。私の最寄の地下鉄は全線運休だったのですが、タクシーがすぐ拾えて一安心。タクシーの運転手は「29丁目より下は停電で信号がなくて走るのが怖いよ〜。ボクの友人も今朝それで事故ったし〜。」といいながら、恐る恐る走っていたのですが、停電地区を過ぎてからいきなり猛スピードを出し始め、その後絶好調で、ずっと運転しながらハンズフリー (handsfree) の携帯で延々誰かと話しておりました。ちなみにタクシーの運転手が仕事中、ハンズフリーの携帯で私語を楽しむのは、ここニューヨークではいたって普通です。その後、快走していたタクシーも59丁目が8番街から通行止めになっていたことから渋滞に巻き込まれ、そこでタクシーを降り歩くことに。


イメージ 1

コロンバスサークル (Columbus Circle) は大渋滞。交通手段がバスとタクシーしか無いため、道路はご覧の通りタクシーだらけ。



イメージ 2

通行止めされている59丁目。ちなみにブロードウェイも通行止め。携帯で誰かに現状を伝える男性の姿も。地下鉄の駅にも、運休のため黄色のテープが。



イメージ 3

セントラルパークは閉鎖。ちなみに今日、ニューヨークの全パークが閉鎖。



イメージ 4

医者で血液検査を終え、ミッドタウンにある医者からダウンタウンの自宅までの帰路を歩きました。アメリカでお馴染みの朝の番組「TODAY」ショーは、通常この窓越しのスタジオから放映されるのですが、今日はその気配が無くひっそり。



イメージ 5

いつもはテーブルと椅子が並び、人々の憩いの場となっているタイムズスクエアにあるこの通りも、今日はがら〜んとした様子。



イメージ 6

前述のタクシーの運転手の言ったとおり、信号機の電気が消えている!ちなみにここは23丁目付近のブロードウェイ。普段どおりのスピードで走っているドライバーもけっこういたので、横断歩道を渡るときはちょっと怖かったです :{



イメージ 7

6丁目付近のユニヴァーシティプレイス(University Place、この通りの名前です)。停電でこの通りのほとんど全ての店が閉店。



イメージ 8

そんな中、同じユニヴァーシティプレイスにあるこのデリは開店。NYUに隣接していることもあり、学生達が列を作っていました。写真の真ん中辺りに白い点がありますが、これは従業員が客のために懐中電灯を灯しているのです。


全市民が元の生活に戻り、街がまた元気になることを祈っております。




開く コメント(2)

Happy Halloween! と言いたいところですが、ニューヨークでは大型ハリケーンの余波で大変なことになっています。ロウアーマンハッタン (Lower Manhattan)、とくに東側にお住まいの方の多くが停電、断水などで、今も不自由な生活を送っています。今日たまたまその地域の方数人から話を聞いたのですが、ハリケーン上陸以後停電、シャワーを浴びることもできず、夜はロウソクを灯して生活しているそうです。街も懸命に復興作業に追われているといったところです。

私の住む地域、バッテリーパークシティーは最も危険区域とされていたにも関わらず、停電、断水することなく、普通に生活が送れています。大型ハリケーンが通過したとは思えないほど通常どおりで、洪水の被害も今のところ聞いていません。そのせいか、ハローウィンパーティーを楽しんでいるチビッ子達の声が響き渡っています。


私はハリケーン通過中、自宅から一歩も出ず大人しくしていたのですが、外の様子が気になり、ハリケーン通過から一夜明けた日の夕方、近所の様子を見に行きました。



イメージ 1

ちなみにこれが、ハリケーン上陸直前のバッテリーパークシティーの様子。非常に穏やか。



イメージ 2

ハリケーンが通過して一夜明けた後の様子。AP通信が陣取っておりました。



イメージ 5

その目と鼻の先には報道陣の姿も。右端のカッパ姿の女性はテレビの中継中。



イメージ 6

通りは、ハリケーン後の様子を見に来た野次馬(私もその一人ですが)、観光客、犬の散歩やジョギングをする近くの住人などでいっぱい。



イメージ 7

強風豪雨で倒された大木。



イメージ 8

浸水があったであろう桟橋。鉄網の塀は投げ飛ばされ、砂利等が散乱。



イメージ 3

同じ桟橋内にある芝生。浸水し土砂が芝生内に押し寄せた様子。



イメージ 4

こちらも浸水があったであろう川沿い。植物が見事に倒されています。



イメージ 9

その日の夜は、ご覧のように真っ暗。


開く コメント(0)

先週末、旦那とともにイーストヴィレッジ (East Village) に行った際、偶然見つけたレストラン♪


イメージ 1

住所:   65 Saint Marks Place  New York, NY 10003
電話: (212) 477-5560



私達が到着した時は、丁度お昼時。いいレストランがないかと通りを歩いていると、どこからかジャズミュージックが♪♪♪その音楽はこのレストランからで、店内をみると空いていたので私達はブランチをとることに。


イメージ 2

店内では生演奏の真っ最中♪


ナイスなホステス(案内役)兼ウエイトレスが私達を席に案内。


イメージ 3

こちらがブランチメニュー。一番高いメニューでも20ドルを超えるものはなかったはず。ジャズの生演奏も聴けてかなりお得:) ただジャズミュージシャンは演奏後、バケツをもってチップをお願いしに来ます。任意ですが、数ドル渡すのが礼儀ではないかと思います。



イメージ 4

こちらが店内。ダークな木目調が渋い。



イメージ 5

オレンジジュース。生絞りでおいしい!:)



イメージ 6

FRENCH TOAST "BASTILLE" ($9.50)。 美味しいです:)



イメージ 7

旦那が頼んだ POACHED EGGS "BENEDICT" ($9.50)。一口試食しましたが、こちらもグッドです:)

開く コメント(0)

更にAutumn in Central Park!

まず始めに、私のブログの訪問者が延べ1,000人を超えました。アクセスして下さった方、誠にありがとうございます。今後とも宜しくお願い申し上げます:) ちなみに「まず始めに」は英語で "First of all" (ファーストヴォールと聞こえます)。アメリカ人が論理立てて話す時、本当にこの言葉をよく使うので覚えておくと便利です。

本題に入ります。前回の記事でも触れましたが、マカロンを食べるためセントラルパークに行った際に撮った写真を集めてみました。1週間ほど前に行った時よりも、木々の葉の黄色身が増したように思います。これらの写真はハリケーン直前のもので、今はまたその姿を変えているかも知れません。



イメージ 1

何とも幻想的で美しい。The Mall の脇の芝生部分。立ち入り禁止。



イメージ 2

花と紅葉のコラボレーションが美しい。右下辺りにウェディングフォトを撮るカップルの姿が。通年、セントラルパークに行くと、必ずと言っていいほどこの様なカップルに遭遇します。



イメージ 3

ザ・セントラルパークといわんばかりの風景。広大な公園のほとんどはこの様な景色が延々続きます。



イメージ 4

何とも絵画的な風景。



イメージ 5

我が子のベストショットを撮るために奮闘するパパとママ。



イメージ 6

ナゾの仮装集団。ハローウィンのイベントか何かか。



イメージ 7

Belvedere Castle のトップに登ってみました。風が強かったですが、見晴らしは最高!ご興味のある方は下記のリンクへ。。。



開く コメント(2)

日本にも支店があるらしく、「何をいまさら」とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、あまりにもおいしかったのでご紹介 :O



イメージ 1

住所: 864 Madison Avenue  New York, NY 10021 (70th と 71st Street の間にあります)
電話:(646) 558-3157



以前どこかの記事で申し上げた通り、私はマカロンが大好きです。マカロンは小粒ながらその一粒に味が見事に凝縮されており、ほんのひとくち口に含むだけで至福のひとときを味わうことが出来るからです。そのお手軽さに惹かれます:) このお店は、以前友人から「ここのマカロンは本当に美味しい」と聞いて気にはなっていたのです。ところが、ロウアーマンハッタンに住む私としては、アッパーイーストサイドにあるこのお店に行くのはしょっと面倒。そういう訳で行かずじまいでした。

数日前のこと、たまたまアッパーイーストサイドに用事があり、その帰りの道中で偶然お店を発見!:D 早速店内へ。。。


イメージ 3
画像:www.glenwoodnyc.com より

この写真では店内は空いていますが、私が来店したときは満員御礼で長蛇の列、くの字に並んで順番を待ちました。店員達の応対は礼儀正しく事務的。今回私は8個のマカロン($22.40)を購入しました:) 家まで待ちきれず、お店近くのセントラルパークに立ち寄り早速試食:P



イメージ 4

事務的な店員が無愛想に紙袋に入れた箱。商品を隠すため、商品の上に置かれるファンシーな包装紙は無し。



イメージ 2

左より Pistachio、Vanilla、Raspberry、Caramel with salted butter、Lemon、Blackcurrant Violet、Chocolate、
Rose。日本名だと、ピスタッシュ、ヴァニーユ、フランボワーズ、キャラメル、シトロン、カシス・ヴィオレット、ショコラ、ペタル・ド・ローズです。



私のお気に入りのマカロンの味は、ピスタチオ、ヴァニラ、ラズベリーで必ず購入します。ただこのお店では、ローズとレモンが超おススメ!!!本当に美味しい〜〜〜〜!!!です:D ローズは高貴な味で、一口含んだ途端、自分がマリーアントワネットでもなったかのような気分になります レモンはすっきり爽やかな味です。どの味も濃厚でリッチな味わいです。表皮のメレンゲの部分は、羽根のように軽やかで、かつクリスピー。ソフトな歯ざわりです。どの味も外れがなく、とても美味しいです!また別の日に、ハローウィン期間限定のオレンジパッションフルーツ味のマカロンを食べましたが、美味しかったです:) 今、このお店が私の一番のお気に入りマカロンショップとなりつつあります。



ちなみに余談ですが、チョコレート味などの「〇〇味」は英語で flavor(フレイヴァー)と言います。日本語で「フレーバー」とも言いますが、それでも通じなくもないです。マカロンやアイスクリームなど、何種類かの「フレーバー」の中から選んで購入する際、お店の人はよく "What flavor would you like?" (どの味になさいますか?)と聞いてきます。聞かれた時は単純にお好みの味を告げればいいです。その場で数秒間、どれにするか考えるときは、"Let me see..." (日本語で「えっと〜」の意味合い)とか言うといいと思います。考え中で無言のままでいると、「何黙ってんの?」と言わんばかりにじーっと見てくる店員もいます。自分が何をしているかを言葉で表現することは大切です。







開く コメント(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事