タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
アメリカで大学生活を送られている学生の方にとって、今まさに中間試験のシーズンではないかと思います。お疲れ様です!今や大学生にとって、スマートフォンはすっかり必需品となりつつあります。特にノンネイティブの学生にとって、役立つ機能がいっぱいです。私も学生時代はかなりスマートフォンにお世話になりました :) ちなみにノンネイティブとは、英語を母国語としない人のことです。念のため。。。


イメージ 1
画像: thethecnoshelter.blogspot.comより

バルークの学生時代、圧倒的人気だったのがサムスンのギャラクシーとアイフォン。私はちなみにアイフォンを3Gが出たあたりから愛用してます :) という訳でアイフォンのアプ(app、アプリケーションの意。ちなみに「アプリ」は日本語なので、アメリカでは通じません。)の中で、私が使っていた便利機能についてご紹介。。。



イメージ 3
画像: bookmama.com より

ノンネイティブ、特にアメリカで初めて講義を受ける学生にとって、大学の講義を英語で聞いて理解するのは至難のわざ。非常に当たり前なのですが、大学教授は基本、アメリカ人の大学生を対象に講義を行っているので、話すスピードが容赦なく早いです。ゆっくり話す教授も中にはいますが、正直、日本で売られている上級者用リスニング教本のCDで話されているスピードよりも数段早いです。そこでこの "Voice Memos" が大活躍。このアプはヴォイスレコーダーで、教室の前の方の席に座ると、結構きれいな音質で講義を録音することができます。自分が講義中不明だった箇所は、次の教室の移動中にすかさずチェック。また図書館で全講義を改めて聞いても良し。ヘッドホンで聞けば、更にはっきり聞こえて、またどこでも場所を選ばずに聞くことが出来ます :) ただ講義を録音することを禁止している教授も少なからずいるため、事前に教授に録音する旨を知らせることをお勧めします。



イメージ 4
画像: www.web100.com より

今や様々なカメラのアプが誕生していますが、学生生活に必要なのは、左上の "Camera" アプと、右下の "Photos" アプです。両方ともアイフォンを買うと、既に搭載されています。恐らく日本でもそうだと思いますが、講義はパワーポイントを使って行われ、黒板を使う教授はほとんどいません。ただ、パワーポイントの補足事項や、授業中に飛び出した質問の回答等を走り書きする教授は結構います。ほとんどの教授は走り書きを書くのも早ければ、消すのも早いですそこで登場するのがカメラです。教授が走り書きを終えた直後に写真を撮るのです。カメラで撮った写真は拡大することが出来るので、100人位収容できる教室であっても、真ん中辺りから前に座っていれば難なく読み取ることが出来ます :) ちなみにネイティブの学生は書くのも早いので、教授が消す頃にはとっくに書き終わっている生徒がほとんどです。またバルーク大学の場合、殆どの教授は講義前に講義で使うパワーポイントを学生のウェブサイト内にポストするのですが、中には遅れてポストする教授もいます。そんな時にも、授業中にパワーポイントを撮っておけば、授業後、まだ記憶が新鮮な内に復習することも可能になります。


イメージ 5
画像: www.mygreatphone.comより

私は会計学専攻だったので、このアプには大変お世話になりました :) 私の電卓(バルークで買わされた多機能式電卓。しかも値段は約200ドル!)は重かったので、よっぽどでない限り持ち歩くことはありませんでした。といえども、会計学を学ぶ者にとって電卓は必需品。そこでこのアプが大活躍したのです。



イメージ 6
画像: appsineducation.blogspot.comより

ノンネイティブの学生にとって、電子辞書も必需品。ただ昨今の電子辞書は、いろいろな機能を搭載しているため、サイズも大きく重くなる一方。。。そこで便利なのは辞書系アプです。実に様々な辞書のアプがあります。ちなみに私は "WordBook" (英英辞書)を愛用しています。



イメージ 7
画像: www.ning.com より

学生生活にとって、他の学生とのネットワーキングは欠かせません。またプロジェクトも多いため、チームメンバーとのテキスト、メール等のやりとりをすることも多いです。あえてアイコンの画像は省略しますが、テキストのやりとりをする "Messages"、メールをチェックする "Mail"、プロジェクトのリサーチをする為のインターネット"Safari"のアプは必要不可欠。他の授業中でも、プロジェクトに向けてササっと作業をすることができます。また私が学生だった頃、フェイスブックが大流行。ほぼ100%の学生がアカウントを持っているといってもいいくらいでした。またフェイスブック上の "友達"を増やしたい生徒がほとんどだったので、ちょっとプロジェクトで一緒になったり、たまたま廊下で話したりすると、必ずと言っていいほどアカウントを聞かれました。という流れで、私も学生時代にフェイスブックのアカウントを開きましたが、ほとんど自分から使ったことは無く、フェイスブック上の"友達"の半分は全く友達でも何でもありません。ただ学生時代は、このアプでササっと空き時間に実際の友達とそうでない人の近況をチェックしていました。



イメージ 8
画像: www.e-bonga.comより

"iBook"アプは、Eブックをダウンロードできるだけでなく、PDFもダウンロードできるので便利です。授業で使用される読み物系のマテリアル(material、教材、資料の意)は読むボリュームも多く、読むのに時間が掛かります。ただほとんどのマテリアルはPDFで、"iBook" へダウンロードが可能です。ダウンロード後は、電車の中や歩行中など、空き時間に読むことが出来ます。



とまあ、いろいろな機能がオールインワンで、学生のみならず非常に便利なスマートフォン。またアプストアーで自分好みのアプをダウンロードできるのも魅力ただ値段が高額のため、欲しくても買えない人も多いのです。従って、ニューヨークではスマートフォン、とりわけアイフォンの盗難被害が非常に多く、後を絶ちません。実は私も一ヶ月前に、アイフォンをタクシーに置き忘れてしまいました ニューヨークでは、置き忘れたアイフォンは決して戻ってこないのが通説です。私のアイフォンも例に漏れずでした もしアイフォンを失くした時は、まず紛失したアイフォンに電話をしてみて、誰もでない場合は、即効電話会社に電話して紛失を報告。その後、メール等のパスワードを全て変更。また"Find My iPhone" のアプで自分の携帯をコンピューターから追跡することも可能です。


イメージ 2
画像: itunes.apple.comより

このアプは大変便利で、もし誰か(拾い主や泥棒)が私の携帯を使ってネットをつないだ時、アイクラウドを使って警報を鳴らしたり、ロストモードを設定したり、携帯のデータを削除したりしてくれるのです。すごい!!!私の携帯は、一度このアプで居場所がわかったのですが、場所がコニーアイランドのへんぴな所だったため、警察に連絡したものの、結局諦めました。ここで絶対にしてはいけないことは、自分で取り返しに行くということです。殺される可能性があります。必ず警察に連絡をして、可能であれば取りに行ってもらいます。ただほとんどのアメリカ人はきっぱり諦めて、新しい携帯を購入するのだそうです。また念のために警察に紛失届けをファイルするのもお勧めです。私もそうしました。ファイルする際、アイフォンのIMEI ナンバーが必要です。アップルストアー、購入時の請求書、アイフォン内の "Settings" のアプから得ることが出来ます。事前にどこかにメモしておくのもいいかと思います。ファイルをすると、クレームナンバーをくれるので、携帯に保険を掛けている場合は、お金を受け取ることも可能です。ちなみに紛失届をファイルしても、警察が探しにいってくれる訳ではありません。また良心的なタクシードライバーなら、紛失物をタクシー内で見つけた場合、ミッドタウンとセントラルパーク内にある警察署に届けるらしいのですが、アイフォンに限っては、正直皆無です。皆一様に口を揃えて「諦めろ」と言います。アイフォンを始めとするスマートフォンを持ち歩く際は、いつも同じ場所(所定のポケットなど)にしまい、何度かチェックすることをお勧めします。私は紛失した日、いつもと違う場所に携帯を入れていたために悲劇が起こってしまいました



という訳で、若干の危険が伴いますが、学生生活の効率性を考えたならば、是非ともスマートフォンを購入すべきと私は思います。値段は高めですが、元はしっかりとれます :)


開く コメント(0)

The Oscar(その2)

前回の記事の続き。。。


イメージ 1

オリジナル脚本賞は、クエンティン・タランティーノが納得の受賞。



イメージ 2

監督賞を受賞した台湾人監督アン・リー。"Life of Pi" 、映像はとても美しかったのですが、俳優陣の英語の訛りが強く、内容の半分しか理解できませんでした 旦那に説明してもらった後、ウィキペディアでもあらすじを確認し、やっと理解しました 私はインド人もけっこう訛りがきついと思うのですが、アメリカ人はインド人の言うことは難なく理解するから不思議。また日本人が一番訛りがきついと思っているアメリカ人多数。ちなみにアン・リー監督は訛りがあるものの、流暢に英語で受賞後のスピーチを披露。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

(上)あまりに感激したのか、ステージに上がる時、思わずコケるジェニファー・ローレンス。(中)思いがけぬ主演女優賞受賞に満面の笑みをうかべるジェニファー・ローレンス。(下)「信じらんね〜」という表情を関係者に見せるジェニファー・ローレンス。本当に予想だにしない快挙を成し遂げると、女優といえども素に戻るというのを垣間見るシーン。



イメージ 6

主演男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイス。この人も強いな〜



イメージ 7

作品賞のプレゼンテーターは、なんとファーストレディーのミシェル・オバマ



イメージ 8

イメージ 9

作品賞を受賞した "Argo" のプロデューサーの面々。通常メインのプロデューサーのみがスピーチを行うのですが、グラント・へスロヴの粋な計らいで、ベン・アフレックも特別にスピーチ



今回の授賞式も例年同様、おおむねゴールデングローブを受賞した俳優、作品がそのままオスカーも受賞しました スタッフも含めた全オスカー受賞者を知りたい方は、下記のリンクへ。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

The Oscar 2013(その1)

オスカー授賞式から早3週間。。。「え、今更〜?」と思われるかも知れませんが、無類の映画好きで、毎年この賞を楽しみにしている私としては、記事にしない訳には参りません。今年の見所といえば、何といっても監督賞候補から外れたベン・アフレックの "Argo" が作品賞を受賞したことでしょう。そして監督賞は、"Life of Pi" のアン・リーが受賞しました。それでは早速私的ハイライト


イメージ 1

今年の司会はセス・マクファーレン。面白かった〜〜!ただあまりに際どいジョークの連発で、レビューは賛否両論。彼はアメリカの大人気アニメ "Family Guy" のクリエーターで、今や正味財産100ミリオンドル(1ドル100円換算で100億円)の大金持ち。昨年は彼の監督作品、喋るテディベアームービー "Ted" も興行収入500ミリオンドルを超える大ヒット



イメージ 2

すっかり今年の各種授賞式の顔だった、ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー夫妻。司会のセスに「映画があまりにトップシークレットで(映画"Argo"はそういうあらすじ)、アカデミーの審査員はその映画監督(ベン・アフレック)に気づかなかったんですけども」と、監督賞候補から漏れたことをいじられ苦笑するベン・アフレック。



イメージ 6

デンゼル・ワシントンの "Flight" の1シーンを靴下パペットで再現。墜落直前、コカインでスーパーハイになるパイロット



イメージ 7

助演男優賞受賞のクリストフ・ワルツ。強い!私も彼のジャンゴのキャラクターは好きです :)



イメージ 8

昨年最も興行収入のあった映画(チケット売り上げ1.5ビリオンドル(100円換算で1,500億円)、"The Avengers" の面々。当然ながら、2015年に "The Avengers 2" が公開予定。



イメージ 9

最近妊娠説が絶えないいつまでもホットなジェニファー・アニストンと、昨年ピープル誌で最もセクシーな男に選ばれたチャニング・テイタムは、コスチューム賞他のプレゼンテーターとして登場。チャニングはまた賞の前半に、シャーリーズ・セロンとの華麗なるダンスも披露。



イメージ 10

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、10年ぶりに "Chicago" を再演 



イメージ 11

"Chicago" の後、ジェニファー・ハドソンが "Dreamgirls" のナンバーを熱唱。あまりの歌唱力の良さに観客総立ち。ジャック・ニコルソンも感心しまくり



イメージ 12

映画からそのまま飛び出してきた感じのテドとマーク・ウォルバーグ



イメージ 3

授賞式の場数を踏んだからか、ゴールデングローブに比べてかなり落ち着いた様子のアン・ハサウェイは助演女優賞を受賞。


イメージ 4

映画 "Chicago" のキャストが、プレゼンテーターとして再共演。左側の二人は随分老けてしまったような。。。



イメージ 5

オリジナルソング賞を受賞したイギリス人歌姫アデル。昨年はグラミー受賞、そして今年はオスカー受賞と、ここのところ当りまくりの彼女。私生活では昨年男児を出産



続きは次回の記事で。。。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

IVF (in vitro fertilisation)

ここのところ、すっかりブログから遠ざかっておりました 2月の初めから、IVFという体外受精の不妊治療を行っていたのですが、結果は残念ながら陰性、妊娠には至りませんでした。莫大な出費(15,000ドル)と血のにじむ労力は全て無駄となりました。実は今もショックとホルモン注射の後遺症で軽いウツ状態。。。

差し出がましいようですが、もし本当に子供が欲しいのであれば、35歳になるまでに頑張って下さい。特に女性の方は、35歳を過ぎると本当に妊娠しなくなります。女性は生まれた時から既に卵子を持っていて、自分の年齢がそのまま卵子の貯蔵年数となります。他の貯蔵物同様、当然ながら卵子も陳腐化していきます。巷では「卵子若返り法」なるものが氾濫していますが、医学的には不可能なのだそうです。私の場合、貯蔵年数42年。。。腐りかけています。私の医者曰く "Your eggs were too old to get pregnant."。17個の卵子を摘出し、内14個が受精(すべてICSI、顕微授精)に成功したのですが、内12個は細胞分裂中に死んでしまいました。残りの2個も細胞分裂が遅く、綺麗な胚盤胞になる前にやむ終えず移植。結局体内で死んでしまい残念な結果に。。。これも全て私の卵子が古すぎるのが原因なのだそうです 医者からは、あと2回程IVFを行って駄目であれば諦めて、卵子ドナーや養子縁組を考えるべきと言われました。また43歳を超えると妊娠は絶望的なのだそうです。恥ずかしながら、私は35歳を過ぎると妊娠しなくなるという事実を、不妊治療を行うまで知りませんでした 「20代の時にこの事実を知りたかった!!!」と自分の運命に恨みすら感じる今日この頃。。。そんな私の大失敗から、今この事実を少しでも多くの方に知っていただこうとしている訳です。

また今回、私の行ったIVFについてご紹介。このトリートメントはかなりきつかったです ちなみに私はIUI同様、高齢出産で評判の高い不妊治療医院、RMA of New York にお世話になりました。まず生理が来て医院に報告、翌日早朝(午前7〜8時の間)に血液検査と超音波で卵巣チェック。その日の夜に二種類の卵胞刺激ホルモン、ゴナドトロピン注射(Follistim と Menopur)を開始。翌日から、朝 Follistim、夜 Menopur を9日目まで打ち続けました。私はこのホルモン注射中に皮膚アレルギーにかかってしまい、首全体と顔にかけて、湿疹だらけになりました 夜は痒くて眠れない日々 また8日目と9日目には早発排卵防止剤ガニレクスを注射。10日目の夜HCG注射。同時に5日目から卵子摘出の日(生理開始から12日目)まで、ほぼ毎日血液検査と超音波のため通院。卵子摘出 (retrieval)は全身麻酔をして行われ、麻酔が切れたと同時に軽い腹痛。下腹部に不快感があり、施行後2日間ほど安静に過ごました。卵子摘出の夜から五日間ほど、メドロールとジーパックという二種類の錠剤を服用。また卵子摘出から妊娠検査までの間(約2週間)、お尻にプロゲステロン(黄体ホルモン)の注射開始。この注射針は太く、毎回恐怖を覚えました。いまもお尻に内出血した注射の跡が残っています 時は遡りますが、生理開始から17日目に胚移植。卵子摘出時に比べるとかなり楽で、痛みもほとんどありませんでした。そしてその一週間後に、妊娠検査のため再び通院。

こんなに頑張っても、妊娠する確率は10〜20%位です。また妊娠しても、流産の確率は高いです。これもひとえに私の卵子の老化によるものです。従って、妊娠するかどうかは持って生まれた運任せということになります。私はこの妊活に専念するために、一切のフルタイムの就活を断念しました。会計の仕事が好きだったので、今かなり欲求不満です。また少しでも妊娠しやすいようにと、酒とカフェインを断ち、バランスの良いオーガニックの食事を心がけ、緑の野菜ジュース、マカ、ざくろジュース、葉酸、コエンザエム、アーモンド、卵、バナナ、パイナップル、マルチビタミン・ミネラル、ビタミンC,E、牛乳は毎日摂取しました。最近明治のアミノコラーゲンも始めました。また毎日1時間ウォーキングに行きました。さらに少しでも御利益があるようにと携帯とパソコンの壁紙を「木村さん」にしました。ところが。。。現実は非常に辛く、ショッキングです。IUIも含め、不妊治療を開始して半年、憤りは増すばかり。。。「木村さん」は全く好みではなかったので、今回の陰性結果後、即効削除しました。その後気分が少し良くなりました :)

ちなみに私達夫婦は、2度目のIVFをすることにしました。ただ立て続けにIVFをすることは出来ず、今月は自力で頑張らなければなりません。これがまたセックスレス夫婦の私達にとってはかなり難題。私も最近「ここまでくれば、どうしても妊娠したい!」と意地になっているので、、不満、あせり、憤り、そしてため息の日々。。。毎月約1%づつ妊娠する確率が減っていくので、今の私にとって1ヶ月のロスは命取りなのです。私もIVF治療以来ホルモンのバランスがおかしく、旦那を怒鳴り散らしてばかりいるので、ここ1週間で2度ほど離婚話も飛び出しています どうなることやら。。。



開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

吹雪の翌日の Central Park

吹雪から一夜明けた朝のセントラルパークは、何とも美しかったです


イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

人はまだ少なく、公園内はほとんど手付かずの状態。そんな中、近所の住人と思われる家族連れがスライドを楽しんでいました :) 私は休憩及びチェックアウトをするため、一度ホテルに戻ったのですが、旦那と合流後再びセントラルパークへ。。。



イメージ 7

午後になり晴天となったからか、人の数か急増。岩の上の積雪からドカ雪ぶりがうかがえます。



イメージ 5

雪だるまを作る家族連れ



イメージ 6

セントラルパークの有名な大芝生場も、まるで別世界。



開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事