タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

HOLIDAY MARKET(その1)

毎年サンクスギヴィングが終わってからクリスマスにかけて、ニューヨークの大きな公園でホリデーマーケットがオープンします。



イメージ 1

こちらはセントラルパークの入口のコロンバスサークルのホリデーマーケット。あとユニオンスクエアーやブライアンパークにもホリデーマーケットがあります。



イメージ 2

ホリデーマーケットは、日本でいうところのお祭りの屋台みたいな感じで、主にクリスマスツリーのオーナメント、ニット帽、アクセサリー、自然派スキンケア製品やソープ、茶葉やドリンクなどが売られています。どのホリデーマーケットも似たり寄ったりです。



イメージ 3

定番のクリスマスツリーのオーナメント屋ん



イメージ 4

こちらも定番のニット帽屋さん♪



イメージ 5

パペット屋さん



イメージ 6

ぬくぬくロシアン帽屋さん♪



イメージ 7

お茶と香辛料のお店



続きは次回の記事へ。。。


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

コロンブス(英語ではコロンバスと聞こえます)は通常ポールの上にこのように立っています。


イメージ 1
画像:iamyouasheisme.wordpress.comより


ところが今、このコロンブスのモニュメントにリビングルームを建てるという、日本人アーティスト Tatzu Nishi によるイベントが開催され、ニューヨーク時間の今日、12月2日まで観覧することができます。ニューヨーク滞在中の方でご興味のある方はお急ぎください!!



イメージ 2

このように、展示会場のリビングルームは沢山の鉄パイプで支えられています。両サイドに階段があり、真ん中辺りにエレべーターがあります。両階段を登ったところに踊り場があり、セントラルパークを見下ろすことが出来ます :)



イメージ 3

階段踊り場から見たセントラルパークウェストの様子。私は夜に行ったので、景色がとてもキレイでした



イメージ 4

タイムワーナーセンター(Time Warner Center)



イメージ 8

セントラルパーク



イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

展示場内のコロンブス。でかい!!!



イメージ 9

この展示は入場無料。階段の踊り場に募金箱が置いてありましたが、今回は見合わせました。




開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Black Friday!!!

ブラックフライデー(black Friday)とは、サンクスギヴィングデーの翌日のことです。この日は量販店やデパートメントストアーなどが大幅ディスカウントを行い、大勢の人が店に殺到するためにこう呼ばれます。今年、サンクスギヴィングデーのパレードでお馴染みのデパートメントストアー「メイシーズ」では、午前12時オープンの際、11,000人の客が店の前で待っていたそうです。サンクスギヴィングデーが必ず木曜日のため、ブラック〝フライデー”なのですが、最近ではブラックサーズデー(black Thursday)と称し、サンクスギヴィングデー当日からディスカウントセールを行う量販店もあります。このブラックフライデーセールを皮切りに、クリスマスまでホリデーセールが続きます。

通常であれば、私達夫婦はサンクスギヴィングデーの翌日は、義理姉宅でさして何もせずマッタリ過ごすのですが、今年はニューヨークにいたのでブラックフライデーの初体験をする機会に恵まれました :) メイン州でも同じくブラックフライデーセールがモールであるのですが、車で行かなければならないことと、旦那と彼の家族が誰もブラックフライデーセールに興味がないので、なかなか行く機会に恵まれませんでした。しかも私は車の免許が無いもので、誰かに運転してもらわないとメイン州ではどこへも行けない。。。それはさておき、私は「大幅ディスカウント」とか「お買い得」という言葉に非常に弱く、今回の体験は本当に胸が躍りました :D

この日は早朝医者に行かなければならなかったので、実際セールに行けたのは午前9時半頃。まず私が向かったのは、行きつけの店ユニクロ :)


イメージ 1

たくさんの洋服店が並ぶ34丁目の様子。午前9時半時点ですでにこの人ごみ。この並びにメイシーズもあります。



イメージ 2

私がユニクロで購入した品々。ダウンコートは20ドルオフで$79。目玉は100%カシミアのセーターが50ドルオフで1枚$39.5。あまりのお買い得に2枚購入しました :) 店内は比較的空いており、快適にお買い物をすることができました :) これですっかり気を良くした私は、次の目的地メイシーズへ。。。時刻午前10時半。



イメージ 3

メイシーズの前の様子。パトカーが止まりポリスが巡回。その脇ではテレビ中継の真っ最中。



イメージ 4

入口前では、前回の記事でふれたサルヴェーションアーミーが寄付を呼びかけるため合唱中♪



イメージ 5

店内はあまりの人でなかなか前に進めず。



イメージ 6

エスカレーターに乗るにも長蛇の列。この時点で私のテンションはかなり下がり、どっと疲れが。。。主要な売り場はチェックしたものの、さして欲しいものがなく、またフィッティングルーム(fitting room、試着室のことです)やキャッシャー(cashier、レジのことです)がとてつもなく長蛇の列だったのを目の当たりにし、購買意欲がすっかり無くなったので、何も買わずに店を後にしました。



イメージ 7

気を取り直してGAPに行くと、ここも人でいっぱい。。。遠くかなたに見える青い電光板のところがキャッシャー。あまりの人で店内で移動するのも困難でした。結局ここでも何も買わず、EXPRESSに行ったところ、午後12時までなんと全品50%オフ!キャッシャーを見るとかなり長蛇の列。その時の時刻すでに11時55分。しばらく店内で物色をしていたのですが、案の定、12時になった途端一斉に50%オフから40%オフに変更されました。白のかわいいコートを見つけたのですが、50%オフなら100ドル以下だったところ40%オフなら100ドル越え。結局買わずに店を後にしました。



イメージ 8

ブラックフライデーから2日後の日曜日、再びGAPを覗くと客はまばらで、しかもまだ40%オフ!早速写真の品々をご購入♡ こんなに買って総額約$132! :D 



イメージ 9

その後、Abercrombie & Fitch に立ち寄ると、なんと全品定価。。。すかさず携帯で A&F のウェブをチェックしたところ、オンラインでの購入のみ40%オフ!早速1時間半ほどかけてかなりの服を試着し、自宅に戻った後お目当ての品々をオンラインで購入♡ 商品は近々届く予定です :)




開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

Thanksgiving Day

本当はもう少し早く記事にする予定だったのですが、ここのところバタバタしていたもので。。。

もう私が説明するまでもなく、たくさんの日本の方はサンクスギヴィングがどんな日かご存知だとは思いますが、とりあえず。。。

アメリカのサンクスギヴィング、それはまさに「お腹いっぱいでとフットボール観戦の日」です。サンクスギヴィングは、クリスマスやハヌカと違い宗教色が薄いため、アメリカで一番大事な祝日といってもいいのではないでしょうか。従って、この日を核家族で過ごすのはまれで、大半のアメリカ人は休暇をとり、親族が集結しディナーを共にします。一昔前の日本のお正月に近いです。典型的なサンクスギヴィングの過ごし方は、女性陣は朝からディナーの準備に追われ、男性陣はビールを飲みながらフットボール観戦しディナーを待つ。キッズはその間をちょろちょろし遊びまわる。とまあこんな感じです。フットボールは3試合行われ、中継はだいたい午後1時〜11時位まで。従って、男性陣は食事が終わると、テレビの前にあるソファーに戻り再びフットボール観戦をし、女性陣はその間近況話に花を咲かせます。

ちなみに私と旦那は通常、旦那の実家があるメイン州に行き、旦那の姉宅でディナーを共にします。家族12、3人ほど集まって午後3時あたりからディナーが始まります。核家族ごとにサンクスギヴィングディナーのうちの一品(マッシュドポテトなど)を持ち寄ります。このサンクスギヴィングディナーのお楽しみは、義姉の旦那さんの焼く特大ターキー(七面鳥)と、その旦那さんのお姉さんが焼く10種類のパイです :D その他テーブルにはそれはそれは美味しいスタッフィング(stuffing、七面鳥の中に詰めるクルトンや香味野菜)、マッシュドポテト、ロースドヴェジタブルなどが並びます。非常にトラディッショナル(traditional、伝統的)でホーミー(homy、家庭的)なディナーで、和やかに時は流れます。

ところが今年は不妊治療のためメイン州行きを断念。そのことを聞いた旦那の友人夫婦が、私達をサンクスギヴィングディナーに招待してくれたのです :) 

私達が到着した頃は、まだ奥さんと彼女の妹さんがディナーの準備中。手伝えることはないか聞いたのですが、「大丈夫」とのことで、私達夫婦は他の男性陣と共にフットボール観戦をしてディナーを待つことに。



イメージ 1

ちなみにこちらが私達が持参した Murray's のチーズ&ミート。好評でした :)



イメージ 2

こちらが進物用のケース。イケてます。



フットボール一試合目の中継が終わり、キッチンへ偵察に。。。


イメージ 3

三日間仕込んだというメインディッシュの鴨。メチャクチャ美味しかったです!!!:D ちなみに表面の白いものは油だそうです。



イメージ 4

タダ〜♪ サンクスギヴィングディナー!!!どの品もものすご〜〜〜〜く美味しかったです!:D ちなみメニューは左上からマッシュドポテト、アスパラガスとカリカリオニオンリング、お手製ハム、スタッフィング、クランベリーソース、ミニキャベツとベーコン、そして手前がロースドダック。



イメージ 5

こちらは少し見難いですが、真ん中がお手製のパンプキンパイ、手前と奥がそれぞれ TWO LITTLE RED HENSのレモンクリームパイとアップルパイ。美味しかったです♡ またこの夜はペイトリオッツが快勝♪



その翌日には、同夫妻から再びワンタンパーティーのお呼ばれ :)


イメージ 6

私もワンタン作りに参加しました :)



イメージ 7

このワンタンもまた絶品!!! :D



前後しますが、ちなみにサンクスギヴィングデイイブ、ホールフーズで出来合いのサンクスギヴィングらしい食料を調達し、旦那と二人でささやかな前夜祭を行いました。


イメージ 8

若干寂しい感じがしなくもないが、これはこれで楽しかったです。


今年はひと味違ったサンクスギヴィングデイでしたが、なかなか有意義なものでした :) ニューヨークのいいところは、ほとんどのレストランやスーパーがオープンしていて、家族と離れ離れでもあまり寂しさを感じないことです。またサルヴェーションアーミー(Salvation Army)や教会へ行くと、無料でサンクスギヴィングディナーをいただくこともできます。私も実をいうと、ニューヨークに来て間もなくのサンクスギヴィングデイに、ヴォランティア目的でサルヴェーションアーミーに行ったところ、「ヴォランティアは必要ないけど、よかったらディナー食べていきなさいよ」と言われて有難くいただきました。同席したシングルの老人達と談笑しながらサンクスギヴィングディナー初体験。いい思い出です :)





開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

メイシーズのサンクスギヴィングデイパレードは、毎年サンクスギヴィングデイの午前中に行われます。恐らくアメリカで最も大きなパレードではないでしょうか。毎年たくさんの観光客が、このパレード見たさにニューヨークを訪れます。私もニューヨークに来た年のサンクスギヴィングデイに、パレードを一目見ようとメーシーズに近づこうとしたのですが、メーシーズ付近の通りはことごとく通行止めで、生でパレードを全く見ることが出来なかったことを覚えています。

またこのパレードは、全国ネットで放映されます。放映時間は3時間と長く、じっくり観るというよりも、サンクスギヴィングディナーの準備に追われる中でタレ流しにしている家庭がほとんどだと思います。私も正直初めから終わりまで観たことは一度もありません。他の家庭と同様、サンクスギヴィングデイの朝は、お呼ばれの身支度やディナーのお手伝いで忙しく、テレビの前にじっとしていられません。またブラスバンドとバンドの演奏がやたら多く、若干退屈してしまう場面もあるので、ただパレードを観ていてもしょうがないような気にもなります。正直このパレードはキッズ向きです。

今年はニューヨークにいるということもあり、初めてソファーに座ってパレードを観ることができました :) といっても全部は観ることが出来ませんでしたが。。。という訳で私的ハイライトをご紹介。


イメージ 1

パレードスタート!左手に見えるのがメーシーズ。大勢の観客が座っています。写真真ん中より下のグリーンの部分がステージで、ブラスバンド、ダンサー、バンド達がここに立ち止まって演奏をします。



イメージ 2

パレードのトップを飾る飛行機に乗るキティーちゃん。カワイイ〜〜〜!!!



イメージ 3

クランベリーソースでお馴染みの Ocean Spray のサンクスギヴィングカー。



イメージ 4

ターキーとパペットスターのカエル、Kermit the Frog。



イメージ 5

ピカチュー。耳のヘリウムがどこかで抜けてしまったらしい。



イメージ 6

。。。。。



イメージ 7

レディー・ガガにインスパイアーされた仮面ダンサー達。



イメージ 8

顔の汚れがすっかり落ちて(前回の記事参照)、軽快に空中を滑るマックおじさん。



イメージ 9

人間のマックおじさんも大喜び。



イメージ 10

お手軽に作れるパイやパンの生地でお馴染みのキャラクター、 Pillsbury Doughboy。カワイイ〜!



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事