タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

以前どこかの記事でお話したかもしれませんが、私は学生時代英語が大嫌いでした。成績は5段階評価で常に1か2で、頑張って3が限界でした 「日本人だから日本語だけで十分」と信じて疑わなかったのですが、20代の頃、海外旅行に行き始めたあたりから「英語が出来れば、国籍を問わずいろんな人と話が出来て、人生楽しくなるかも!」と思い始め、30歳くらいから英会話スクールに通い始めたのです。当時の私の英語のレベルは本当に低く苦戦しました そして34歳でアメリカ語学留学、渡米5ヵ月後に旦那と知り合い、その10ヵ月後に結婚。36歳の時、瞬く間にアメリカ永住者となりました 

このような経緯のため、英語のレベルを上げるのに今も苦戦中。。。とくにスピーキングはいまだに苦手で、なかなか上手く話せません 特に私の発音は最悪らしく、旦那を含め、ネイティブスピーカー達から「発音がヘン」だの「何言ってるかわかんない」だの言われ続ける日々で、いまやスピーチ恐怖症になり、カウンセリングにも通いました バルーク大学付属のESLの発音のクラスを取り、スピーチセラピーとセッションし、CD付きの発音の教科書で繰り返し練習したものの、進歩は今一歩。。。そんな中、旦那がひらめいたスピーキング強化法がこれです アイフォンのディクテーション機能を使って気軽に練習できます。



1.まず言語設定を英語にします。アイフォンの場合、英語もアメリカン、カナディアン、ブリティッシュ、オーストラリアンに分かれているので、自分が練習したい国の英語に設定します。言語設定が他の言語(日本語など)や、他の英語圏の英語(アメリカ英語を練習するのにイギリス英語の設定)だとうまくディクテイトしないので、必ず自分が練習したい言語に設定します。

2."Notes" のアプを開き、新しいノートを作ります。


イメージ 1

ノートの表面をタップするとキーボードが現れます。真ん中下の "space" ボタンの左側にマイクの絵のキーがあります。このキーをタッチすると、キーボードの部分がマイク(ディクテーション)の絵に変わります。そこで、自分が練習したい英語の文章を読み、読み終えたら "Done" のボタンをタッチします。そこで、ノート画面を見て、自分の言った通りに携帯電話がタイプすれば、英語の発音は結構正確ということになります。というのは、このディクテーション機能はけっこう高性能で、他の人種が混じっていない純粋なネイティブスピーカーが話すと、かなり正確にタイプするからです。ちなみに私が試した結果は以下の通り。


会話文:"teach yourself american english" より

My name's Jo and yours?
Sam.
Where do you come from Sam?
I'm from New York. I work in a bookshop there.
Do you like it?
Yes, I really enjoy it, actually. I love books. Do you know this town well?
Quite well. I come here on vacation from time to time. How about you? Where do you go for vacations?
I like going to Florida for vacations - I love Miami and I know Atlanta and Key West and a few other places. How do you know John and Jean?
John's my brother.
Oh, right.


イメージ 2

とこんな感じです。ちなみにピリオドやクエスチョンマークも口頭で言わなければなりません。例えば最初の文だと "My name's Jo and yours question mark" という具合です。こうして自分の言ったことがディクテイトされて文章になった時、自分の発音の弱点が分かる訳です。私の場合"Sam" は聞き取ってもらえず、 "Son" になったり無くなったりしています。"work" は何度言っても "walk" になってしまいます:( 実際ネイティブスピーカーにもよく聞き返される単語です。"well" がどうして "a laugh" になったか不思議ですが、恐らく発音がおかしかったのでしょう。また "for" が文中に入ると、ディクテイションがおかしくなります。ということは、正しく発音されていないということです。"work" と "for" は、ともに伸ばす r の発音が入っているので、「私はこの発音が苦手」ということが分かってきます。



英語だけでなく、他の言語を学習している方にも応用できると思います。また他のスマートフォンにも同じような機能が付いているかもしれません。ご興味のある方は是非試して下さい!私はたまにこのトレーニングを行っています。また前回の記事で紹介した"Voice Memos" のアプで、自分の音読を録音し、その後聞いてみて聞きづらかった所を何回も繰り返し言ってみて、再び録音して聞いてみる、といったこともしています。綺麗な発音になるにはまだまだ時間が掛かりそうですが、地道に頑張っていきたいと思います :)



開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事