タカのNY生活

何だか涼しくなってきた今日この頃。。。

文化の違い

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

食事をされている方には申し訳ありません。今回は公衆トイレについてです 公衆トイレは、厳密には公園や街頭に設置されているトイレの事ですが、ここではあえてデパートメントストアーなどの屋内のトイレも「公衆」とさせていただきます。不特定多数の人がタダで利用するには変わりはないもので。。。

今や日本でも大半の公衆トイレは洋式なので、アメリカのものとあまり変わりはないかと思います。大きく違う点は、トイレットペーパーのロールがやたら大きいことと、足元の部分が大きく開いていること位です。


イメージ 1

こちらが典型的な公衆トイレなのですが、必要なものがこじんまりとまとまっています。便器の背後にあるのがトイレットシートカバー、その左の小さな箱が汚物入れ、そしてその横の壁にくっついているのがトイレットペーパーです。このトイレは掃除したばかりなので、便座が上がっています。ニューヨークの大きなデパートメントストアーやターミナル駅などのトイレは、清掃員がしょっちゅう掃除しているので、結構きれいです。ちなみにこの写真は、ロックフェラー・センター (Rockefeller Center) の地下のトイレです。



イメージ 2

このように、ほとんどのアメリカ国内の公衆トイレの足元の部分は大きく開いており、外から容易に人が中に入っているのが確認できるようになっています。その昔、公衆トイレ内でドラッグ、レイプ、強奪、殺人などの犯罪が多発したため、犯罪防止のためにこのようになったらしいです。また犯罪防止のためなのか、照明が明るい公衆トイレも多いです。ちなみに下からのぞき見をする人はいないので、慣れると全く気になりません。



イメージ 3

こちらがトイレットペーパーです。ほとんどのトイレットペーパーは薄く、またロールが大きく重いので、下に出ているトイレットペーパーを引っ張ると簡単にちぎれてしまいます。また一度ロール内でトイレットペーパーが切れてしまうと、また先端を探すのが困難 そこで私は、ロールの下をトントンとタップしながらゆっくりロールを回し、必要量のトイレットペーパーが出てきた時点で、次の人が取り易いように少しペーパーを残してちぎります。

ちなみに英語でトイレは、bathroom、 rest room、ladies room (女性のみ)などです。地域によって好みの単語があるようですが、ニューヨークではbathroom がよく使われているように思います。トイレット(toilet)は便器そのものの意味なので、トイレの場所を聞くときは使いません。また「トイレはどこですか?」は"Where is the bathroom?" です。念のため。。。

これから始まるバケーションシーズン、ニューヨークに来られる方もいるかと思います。そこで、私のお勧め公衆トイレをご紹介 いざという時に知っておくと安心です。私のイチ押しは、アッパーイーストサ イドのブルーミングデールズ (Bloomingdale's) の4階にあるトイレです 8階にも同じ作りのトイレがありますが、それ以外の階は普通の公衆トイレと同様の作りです。


イメージ 4

何とも高級感漂う内装。特に平日の午前中に行くと、買い物客も少なく、トイレはまるで貸切状態。



イメージ 6

パウダールームも完備



イメージ 5

ドアに取っ手がついており、まるで部屋にでも入るよう。。。またドアを閉めると完全個室状態。心置きなく用を足すことができます :)


イメージ 7

トイレそのものはシンプル。トイレットペーパーが家庭用で使いやすいです。 TOTO の便器ですが、ウォシュレットは付いていません。アメリカで公衆トイレにウォシュレットが付いているのを見たことがありませんが、アマゾンでウォシュレットを売っているので、自宅のトイレに設置することができます。TOTO 製ではありませんが、私の自宅のトイレにも付いています :) また、アメリカの公衆トイレに音姫はありません。アメリカ人は、「トイレは用を足す場所」と定義しているので、その時の音に対して反応する人はいません。用を足している最中にわざわざ水を流すのは、恐らく日本人だけかと思うのですが。。。あの習慣は個人的にものすご〜く疑問です。誰が始めたのでしょうか。。。



またダウンタウンでは、バッテリーパークシティーにあるコンラッドホテル (Conrad Hotel) のロビーにあるトイレがお勧めです。ホテルの宿泊客を装い、さりげなくトイレを拝借。。。


イメージ 8

イメージ 9

五つ星ホテルにふさわしい、モダンで美しいトイレ 洗面台にはハンドローションもあります :)



その他お勧めのトイレスポットは以下の通り。

1.メイシーズ (Macys)。。。観光客の定番。2階のトイレは新しく数も多い。
2.ザ・プラザ・フード・ホール (The Plaza Food Hall)。。。観光客が多く、入りやすい。
3.サックス・フィフス・アベニュー (Saks Fifth Avenue)。。。5番街にあり便利。
4.ロード・アンド・テイラー (Lord & Taylor)。。。ニューヨーク市立図書館とブライアントパーク近く。ちなみにブライアントパークにある公衆トイレ(本当の意味の)は新しくてキレイです :) 夜はあまりお勧めしませんが。。。
5.グランドセントラル駅の地下の公衆トイレ。。。比較的きれいで安全。利用者も多い。
6.スターバックスやカフェのトイレ。。。あまりきれいではありませんが、利便性はダントツ。商品を買わなくても大丈夫。あまり気まずいようであればコーヒーを買って一休み マクドナルドのトイレは鍵が掛かっていて、店員に「トイレに行きたい」と言って開けてもらわなければならないので面倒です。またトイレも結構汚い
7.ファイナンシャルセンターにあるトイレ。。。ダウンタウンを観光した際は是非。
8.バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes and Noble)。。。アメリカのチェーン型本屋。マンハッタンにも10件ほどあります。トイレはきれいです。
9.ホールフーズ (Whole Foods)。。。スーパーマーケットの中で一番きれいなトイレなのでは。マンハッタンに数件あります。特にユニオンスクエアー店は、観光客の定番トイレスポット。
10.タイム・ワーナー・センター (Time Warner Center)。。。広くてキレイなトイレです :) コロンバスサークルにあります。

大きな公衆トイレはミッドタウンに集中していますが、スタバやカフェは至る所にあるので、マンハッタン内であればトイレを探し回らなくて済みます :) ただ人気のない野外の公衆トイレは入らないほうが無難です。




開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

日本とアメリカでは顔文字が違います。

みなさんも友達にメールを送る際、顔文字を利用される方は多いのではないでしょうか。日本の場合、かわいいダウンロードの絵文字がかなり充実しているようで、日本の友人からメールが送られてくるといつも感心します。私の場合、日本に暮らしているときはダウンロードの絵文字を使用していたので、日本式顔文字の作り方がイマイチわからない。。。レパートリーといえば、(^^) と m(__)m くらい。。。というわけで、私のブログではアメリカ式の顔文字を使うことが多くなりそうなので、今回私がアメリカで使っている顔文字をご紹介します。

アメリカの顔文字は顔が横向きになっています。首を少し左にかたむけるとわかり易いです。

 :)   スマイル
 :D   ビッグスマイル。笑い
 :(   ついてないよ〜。むかっ腹
 :P   な〜んちゃって。おいしそう!
 :{   まいったな〜
 ;)   ウインク
 ;D   ごきげんウインク
 8:)  サングラスを頭にのせてみた。
 8)   サングラスをかけてみた。
 8D   かなりゴキゲン。
 :O   食べたいよ〜!

って感じです。スマイルは人によって、=)を使う人や:−)を使う人がいます。ちなみにウチの旦那は:^)を使っています。彼のレパートリーにサラリーマン風 :^)<>==というのもあります。

外国にペンパル(古!)のいらっしゃる方はぜひ試してみて下さいね〜。オリジナルを作るというのもアリです。

余談ですが、随分前に旦那にテキストメッセージを送った際に、m(__)mの顔文字を使用したところ大ウケ。日本人はおじぎをする人種というのが通説にあるようで、日本人らしいと言っておりました :) 


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事