全体表示

[ リスト ]

小林惠子さんは聖武天皇が実は2人の人であったと推測されています。そして、2人目の天平の聖武天皇(基王・高斉徳)は渤海から送り込まれたそうで、文武天皇の子で、藤原氏・舎人親王と結び、長屋王家を滅亡させたというのです。実は、長屋王の父の高市は天武天皇の子ではなく、天智天皇の子であったということです。また、高句麗・百済の滅亡後の統一新羅と長屋王は結んでいたと言うことです。

そうして、天平聖武天皇の子が安積親王であり、前の聖武天皇の子が光明皇后の子がのちの孝謙天皇である安部内親王となります。天平天武天皇推す藤原氏の光明子と腹違いの兄弟たちは安積親王を皇位につけようとしますが、安部内親王と光明子は光明子の父違いの兄の橘諸兄などを頼りに安部内親王を立てます。

小林惠子さんは安積親王は実は皇位に就いていたとします。そして大伴家持はこの安積親王の家来だったようです。父の旅人が長屋王派であったらしく、旅人が殺されてから不遇であったようですが、叔母の坂上郎女の熱意により政界復帰をしたというのです。

が、この安積親王が死にます。これは、実は新羅使者(唐がバック)の百済王女天という名で日本にかえってきた白壁王のさせたことだと小林さんは考えています。

この白壁王は実は天武天皇の子のシキ皇子の子であったが、唐からのバックをもらう為に天智天皇の子のシキ皇子の子ということにしたというのです。

この後、藤原仲麻呂が力を持ち、安禄山と結んだそうですが、安禄山の力が大きくなり、唐が崩れていきます。その影響が日本に大きく押し寄せたそうです。家持は北陸に行き、安禄山からの日本の防衛にがんばるも和議しかできなかったという。

このような時代の様子を万葉集からこのように読み解き、大伴家持が、国際情勢や自分たちの権威の保持に振り回される王族や藤原氏、自分自身の所属する大伴氏の存亡に心憂わせながらも、国の安泰を願ったと締めくくっている。

我が家からそう遠くない薬師寺や平城京、そこであったろうと伝えられる事柄の数々の中にはどうしても何故?と思うことが多い。ある程度の時代まではその謎は多くの人の知るものであったのかもしれない。

今も知る人があるのかもしれない。

知らないでも、実は変わりないのかもしれないけれど、様々な人物の名や神社・寺社を知っていくとその謎を知りたくなる。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事