モースの山歩道(さんぽどう)

高い山から低い山まで、有名な山から無名な山までいろいろな山を紹介!
宮若市の山は、ほとんど制覇。
さて、次の山は・・・と思い、飯塚市の方へ。
1月10日は、雪の予報なので行けるところまで!

イメージ 1筑前大分駅で電車を下車。









イメージ 2歩いていると、
飯塚の名峰竜王山は
雲に包まれています・・・

積もってるみたい





イメージ 340分歩くと、
小高い丘が見えてきました。

ここが津原城址






イメージ 4鳥居を潜って、
丘の上に上ります。








イメージ 5すぐに山頂に到着

老松神社が鎮座してる。
創建は不明らしいけど、
天文6年(1537年)にはあったということだから
古いなぁ




イメージ 6近くにもっと高そうな丘がある。
あそこも城の一部だったのかな。

寒いから行かなかったけど






イメージ 7今回のGPSログです。
このあと、猛吹雪になったので、
そのまま帰ることに

次は、竹の尾山と三郡山を
アップする予定です。
晴れるといいな

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1大平山山頂から、
さらに尾根道を北に行きます。








イメージ 2こんなところに巨木が!
杉に囲まれ、
たくましく生きてきたのかな?







イメージ 3日差しが出てきて、
気持ちいい〜








イメージ 4大平山北峰に到着!
大平山から35分ほどで着いた。








イメージ 5三角点あるはずだが、
見つからないなぁ

埋まっているのかな?






イメージ 6ここを左に行くと、
宗像市の方に下っていくけど、
右へ。
赤木峠の方に下ってみる。






イメージ 7右下に林道が見えてきた。
あの林道を辿れば、
赤木峠まで行きそう・・・

どうやって下るのかな





イメージ 8登山道を更に下ると、
右側に薄い踏み跡が
よく見たらある。

林道沿いに付いているから
たぶんこっちだろう。




イメージ 9無事林道に付いた。









イメージ 10割と整備された林道
下っていこう。








イメージ 11県道の赤木峠近くに出た。









イメージ 12左を見れば赤木峠。
ただの峠だけどね。

よし、逆方向に下っていこう。








イメージ 13若宮町まで戻ってきたところで、
お腹がすき、
喫茶店に入ってみます。










イメージ 14ここで頼んだのはカレー。
だけど、
カレーに乗ってるメレンゲにびっくり
全国的にも珍しいんじゃないでしょうか

初めてメレンゲカレーを食べますが、
今まで感じたことのない新食感のカレーに
興奮してしまいます。
ベストマッチング!


イメージ 15今回のGPSログです。
一つじゃまとめきれないので、
三つに分けました。










イメージ 16












イメージ 17これで、
山巡り宮若編は一旦終わりです。

次はどこにしようかな

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

靡山から大平山へ

イメージ 1靡山から、
尾根伝いに
大平山に行ってみようかな。

途中まで椚原コースを
辿って行くみたいだ。




イメージ 2尾根伝いのコース・・・
なのに、倒木あって、
藪あって歩きにくい

あまり歩かれてないのかな?





イメージ 3やっと歩きやすくなった









イメージ 4人工林で飽きてきた頃、分岐点が。

左に行ってみたけど、
鉄塔、そして更に下っていく・・・
麓まで下りそう。

鉄塔から道はないかと
斜面を登ってみたけど、結局見つからず、
間抜けな感じに

イメージ 5正解は右だった。
とても登山道とは
信じられない道になったけど







イメージ 6藪を抜けると、
別の道と合流。

右だな






イメージ 7杉林を抜け、
冬らしい光景に出た。

枯れ木がいい風情出してる






イメージ 8また森になり、
自然林と人工林が交じるエリアに。

人工林が多いかな






イメージ 9林道に出た。









イメージ 10鉄塔めがけて、
上っていく・・・








イメージ 11鉄塔を越えたところで、
林道左の斜面に取り付いてみる。

(本当の取り付き点
分からなかったんだよね
通り過ぎちゃったのかな)




イメージ 12歩きにくか〜
無理矢理登っていくか








イメージ 13何とか大平山山頂に到着
山頂標識が3つもあった。

靡山山頂から1時間40分も
かかっちゃったな。
ちょっと休憩











この記事に

開く コメント(0)

靡山へ行ってみた

こんにちは!
最近、登山前も下山後も犬に吠えられます。
まあ、そんなことより
1月4日は、宮若市の靡山に行きました!

イメージ 1沼口バス停から出発









イメージ 2正面の丸い山が靡山だろう









イメージ 3車道をずっと歩いて行くと・・・









イメージ 4左側に登山道発見!
ただ、持参している本には、
登山道はもう少し行った神社からあるように
書いてある・・・
神社に行ってみよう。





イメージ 5これがその神社。
さっきの場所から
そんなにかからないところにあった。

靡神社というらしい。
もともとは、靡山山頂にあった。




イメージ 6肝心の登山道だが、
社殿付近には見つからない・・・
社殿に向かう車道の途中に分かれ道あったが、
辿ってもすぐに藪になった

ここからの登山道は廃道になったのかな?



イメージ 7結局神社に行く前に見かけた
登山口まで戻ることに。








イメージ 8戻ってきた。
入り口に標識あるし、
間違いないだろ







イメージ 9竹がよく切り払われている。
この道、鉄塔道でもあるらしい・・・
途中の分岐は右へ







イメージ 10鉄塔の下に出た。
鉄塔道は右だが、








イメージ 11登山道はまっすぐ突っ切っていく。









イメージ 12周りは竹だらけ









イメージ 13超超分かりにくい分岐。
右は竹で塞がれてるし、
左に赤テープがあるから
左で決まりだね・・・って思ってたら
なんと行き止まり&崖で登れない!

分岐に戻って右をよく見ると
倒竹の向こうに道が・・・


イメージ 14このようなきれいな道があった。
竹で見えなかった








イメージ 15急登を登っていくと、
だんだん自然豊かなエリアに








イメージ 16大木もあっていいね









イメージ 17いくつかの登山道と合流し、
靡山山頂に到着

登山口から
1時間もかかっちゃった
なかなかペースあげられないね。


山頂標識あるけど、
展望はなし。

この記事に

開く コメント(0)

羽衣から下山・・・

イメージ 1羽衣から山を下ります。
羽衣の山頂に着く少し前、
見つけていた下山道から下ってみます。







イメージ 2途中から、
登山道どこ〜

地図を見て、
一生懸命読図してみる。
たぶんこっちだろう!




イメージ 3読み通り、
旭岳に登るのに使った
登山道に出られた。
やった〜






イメージ 4あとは楽勝









イメージ 5羽衣から約40分で、
登山口まで下りてきた。

あとは帰るだけだな。
無事登山できてよかった





イメージ 6今回のGPSログ前半です。
(あっ。
崎門を高祖と書いてしまっちゃった




イメージ 7GPSログ後半です。
これで2017年の山登りは終わりました。

次は、靡山・大平山をアップ予定です。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事