ここから本文です
yam**sagi02**のブログ
ブログ4年目。皆さんとの交流が日々の楽しみです。

胡蝶蘭と手芸


イメージ 1


久しぶりの更新でしたのに覚えていてくださってコメントやナイスをいただき、
ありがとうございました。

胡蝶蘭が次々と咲いて、「もう春だよ。」と鼓舞されているようです。

濃い色のものは弱いのか、白い花が多くて静かな感じです。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

まだまだ、蕾がいっぱい。
初めて花芽をつけたものもあり、どんな花が咲くか楽しみです。





雪が降らず積もらずだった今冬の新潟市でした。
昨日は畑に行き、玉ねぎの草取りをしました。

1か月以上早い畑作業の始動です。


イメージ 5

これは昨年の晩秋の畑のネギです。

ネギは最高の収量で、20K米袋で15袋も取れました。
友人にもたくさん差し上げられたし、
自宅でもたくさん食べました。

風邪もひかずに過ごせました。
おいしい無農薬野菜のおかげでしょうか。






畑が始まったので手芸道具も片づけて、、、と。
イメージ 6

今冬はマフラーをいっぱい編みました。

友人に気に入ったものを選んでもらって差し上げました。

イメージ 7

裏に片方を差し込めるようにしました。
Kちゃんオリジナル、なんちゃって。

イメージ 8

と、こんな風に首回りに落ち着きます。


イメージ 9

これは自分用です。
コートや洋服に合わせて使います。

純毛の糸に化繊の細い糸を混ぜて編むと洗濯をしても縮まないと
手芸店の方に教えていただきました。



刺し子のブックカバーもどっさり作っちゃった。
イメージ 10
小さなノートのカバーです。
やっぱりペンをさせるところがないとね。
これで使いやすい。


イメージ 11

イメージ 12

主人の語学の辞書のカバー。
ご要望に応えて作りました。



イメージ 13

桜をイメージしてピンクの糸を多く入れました。




最後までお付き合いいただきありがとうございました。


お久しぶりです。



暑い暑い夏に投稿して以来です。



ご心配いただきありがとうございました。

ずっと以前からPCの調子が悪く、だましだまし使っていたのです。
いよいよダメになり購入しました。

そしたら、ルーターもダメになっているのがわかりました。
ネットにつないでいるのに途中で切れたのも納得。

ゲスブにコメントをいただきありがとうございました。

また、年賀状(ADを教えてある友人は少ないのですが)にブログはやめたの、
とか近所でお会いしたかつての同僚には
体調でも崩したかと心配いただいたりしていたのを知りました。

うれしいことです。


以前以上に間隔が開くかもしれませんが、よろしくお願いします。





ミャアちゃん

      昨年の7月にうちにいた猫「ミャアちゃん」の一周忌でした。
       寂しさが一層募り思い出すことが更に多くなりました。

イメージ 1

野良ちゃんを保護して半年以上は、ひっかく、「シャー」ばかりだったので
こんな風に抱っこする日が来るとは思いませんでした。

イメージ 2

ベットでくつろぐ表情はとても穏やかでした。
ずっと外にいたんだから、きっとミャアにとって幸せな時間だったのでしょう。


ミャアとの思い出と暮らしています。



胡蝶蘭


暑い夏でしたのに、胡蝶蘭は18本もの花芽を伸ばし、
毎日次々と花が開いています。

朝一番に花を見るのが楽しみです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



冬の間は手芸三昧

畑が終わり、家の中で過ごす時間が多くなると
編み物やパッチワーク、刺し子で時間を過ごします。

(そして、書道。)

イメージ 7

帽子とマフラー。
差し上げました。

イメージ 8

これは自分用。
ウオーキングの時に役立っています。


イメージ 9

簡単に編めちゃうマフラー。
これも差し上げました。

イメージ 10

これもお友達に。



イメージ 11

知り合いのお子さんが夜布団から抜き出ていると聞き、
我が子の小さいころに作って重宝した
「ポンチョ」を作ってあげました。
とても喜ばれました。

イメージ 12

これは、フリースの生地を2枚合わせにして回りをバイヤステープでくるみました。
子どもが受験勉強???のころに作ってやったら
膝にかけたり巻いたりして使ってました。
引っ越しの時、まだ使っていてうれしくなりました。

これも差し上げました。


イメージ 13

これは、自分のためのベストです。

イメージ 14

そして、これは刺し子のブックカバー。
いっぱいつくりました。
読んでいるときに表紙が人に見えず、滑らず便利といわれています。

イメージ 15

イメージ 16

直線でチクチクが簡単でいいです。
針を動かしている間は無心になれるのもいいです。

イメージ 17

刺し子の生地が余ったので、風呂敷にしました。
色落ちしないので安心して使えます。

イメージ 18

角にだけステッチしました。





代り映えしないブログですが、よろしくお願いします。
訪問してくださったら
勝手ながら足跡を残してくださるとうれしいです。

私も、皆さんのところを訪問させていただきます。

暑いよぉ


人生70年近く、経験したことがないような暑さが続いています。

畑の野菜はぐったり、庭も木々もぐったり、私もぐったりです。


畑で元気なのはかぼちゃだけ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


初めて植えた落花生は、かろうじて生きてますが。
イメージ 4

これは以前の画像。
今は花も付きましたが、土にもぐって実をつけるまで元気でいるかな。

近所のおばあちゃんに、「ず(地)潜り豆、食べるかね?」
と言われ、きょとんとしたことがあるけど、
地にもぐって豆ができるんですね。


イメージ 5

冬ネギは元気です。
がんばれ!

イメージ 6

なすもピーマンもきゅうりも
食べきれないほど取れるのに
今年はいつ枯れるかと
ハラハラしながら見守っています。

イメージ 7

だれだ?
貴重なきゅうりをかじって捨てたのは?

多分、タヌキでしょう。


イメージ 8

真ん中の黄色のはミツバチ。
この暑さで姿がほとんどないです。

35度で蚊は飛べなくなるんだとか。
半信半疑ですが、めっきり少ないです。
庭にも、畑にも。










イメージ 9

最後に咲いたスカシユリ。
これはナイスです。


イメージ 10





そして、今頃開いた胡蝶蘭。

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13

アガパンサス
わずか2、3輪。

イメージ 17

例年は、こんな感じに庭のあちこちで咲くのですが
今年は冬の大雪と寒さにやられました。





イメージ 14

イメージ 15

カサブランカ



イメージ 16

ある日の収穫。
精一杯。
少ないです。




暑さに負けないように
しっかり食べる、しっかり寝るを心がけています。

元気で過ごしましょう。



二荒山神社


日光山の二社一寺を巡る旅。

ゆったり、のんびり、じっくりと見て回りました。

宿でガイドブックを見ていたら、
二荒山神社のパワースポット
見逃していたことに気づき、行ってみることに。


イメージ 1

イメージ 2

茅の輪くぐり


イメージ 3

イメージ 4



イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

夫婦杉


イメージ 8

親子杉


イメージ 9
日枝神社

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

中心の♡型の的に投げるんですって。
投げなかったけど。




イメージ 16

檜皮葺ですね。


イメージ 17

イメージ 18

見上げたら首が痛くなりました。

イメージ 19
イメージ 20

高さが感じられるかなあ。


イメージ 21







イメージ 22
イメージ 23

ちょっと楽しくなりました。





脇道を白糸の滝を目指して上りましょう。

看板には、この先25分とか書いてあったよね。


イメージ 24
滝尾古道

写真を撮る余裕もなくひたすら足を運びます。

朝方に降った雨で滑ります。
あぶないね。


行者が歩いた道ですものね。

イメージ 25

ここかなと思って、降りてきた方に聞いたら

「上って、下って、また上ります。」

ひぇーっ!

ここまできて戻るのもねえ。
上るしかありません。

看板に偽りアリじゃないかなあ。

イメージ 26

滝尾神社へ

滝尾神社は二荒山神社の別宮です。

白糸の滝はないなあ。
水音は聞こえるよ。


イメージ 27

滝尾神社に着きました。

滝は?

工事をしている方に聞いたら
「もっと、下ですよ。」
「がっくり。」

雨に濡れた石道を下ります。

ありました!


イメージ 28

もう少し分かりやすい看板を道のわきに欲しかったです。

イメージ 29




あの石組みの階段を足元に気をつけながら、また下るのはねぇ。

途中に神橋へという看板を見つけ、そちらに向かうことにしました。
イメージ 30

往きとは違った風景に疲れも癒されるようでした。

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33


日光の旅が終わりました。

日光東照宮



大猶院の多くの建物に感動している私に脇から
「東照宮は、こんなもんじゃないよ。」という夫について東照宮へ。

イメージ 1

大きな杉木立の間の参道を歩いて

イメージ 2

五重塔がお出迎え

イメージ 3


イメージ 4

猿の一生

イメージ 5
三猿
見ざる聞かざる言わざる






三神庫(想像の象)


イメージ 6



イメージ 7

当然のことながら、三つ葉葵の紋。

イメージ 9

イメージ 10



陽明門が見えてきました。

両脇の鼓楼、鐘楼も素晴らしいです。
イメージ 8

別名は、日暮門。

日の暮れるのも忘れて見とれてしまうほどりっぱな門で
別名は日暮門と言われています。
納得!


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


イメージ 14
改修中の唐門

イメージ 15

イメージ 16

眠り猫

イメージ 17

裏側にはスズメが!

猫がいるのに逃げないスズメに平和を象徴しているとか。

イメージ 18

イメージ 19







さあ、奥宮宝塔(家康墓)へ。

階段上りですよ。

イメージ 20

イメージ 21

フーッ!
見えてきました。


途中の長い階段で臨月かと思う妊婦さんとすれ違いました。
「ころばないでね。お腹の赤ちゃん、落とさないでね。」
と、心の中で声を掛けました。

イメージ 22

家康が華美にすることなきようにと言ったというのが伺えます。

下の方とは趣がまるで違います。



イメージ 23

イメージ 24

家康の墓所

イメージ 25

イメージ 26

墓所をぐるっとまわって、またここに。


イメージ 27

叶杉

若いカップルは何を祈っているのかな?





「人生、下り坂最高」
と言いながら下って。


イメージ 28


イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

うちにいた猫、ミャアが伸びをする姿を思い出してパチリ。


イメージ 32

イクメンですね。


輪王寺宝物殿を見て、宮家の庭「逍遥園」で涼を。

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36



二荒山神社、白糸の滝へ続きます。



[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事