300名山+α

2012年7月24日カムイエクウチカウシ山で300名山完登 紅葉も駆け足

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



2018,10,10(水)
那須茶臼岳〜姥ヶ平 晴れのちガスのち一時曇り
5:30峠の茶屋P6:10-----6:50峰の茶屋跡避難小屋----7:40茶臼岳1915m8:10---9:00姥ヶ平~ひょうたん池〜姥ヶ平9:50----11:05峠の茶屋P11:15===15:00水戸  片道110km
 
連休イベントの振替で休みを取り、筑西市の実家での用事を片付けてから那須へ向かう。水戸からと同じ110km。紅葉時期は、前日0時前に入らないと那須の峠の茶屋P満車で入れなくなるため、前日入りが鉄則。
レガシーの後部シートを倒し寝床を作ってからコンビニで買った缶チューハイ2つと焼き鳥で入山祝い。車は50台ほどで、平日はこんなもんかと思っていたら翌朝ビックリ、満車になっていた。夜は満天の星空だったが、寝るころにはガスがかかり、夜半雨音がしていた。
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

4時に目覚ましをかけていたが停めて2度寝、目覚めると日が上がっていた。ガスがかかって日の丸のような真っ赤な太陽だった。朝日岳がモルゲンロートに染まる。

イメージ 6

イメージ 5

茶臼方面はガスがかかっているが、朝日岳方面は快晴。標高で1600m付近のナナカマドが紅葉最盛期。朝日岳の斜面も赤く染まっている。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 
峰の茶屋からの茶臼岳は背後からガスが押し寄せてきている。姥ヶ平方面は厚い雲海の下になっている。朝日岳方面は、ガスが上がってくるがすぐ消える。


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 14

イメージ 13
太陽で温められ雲海が上がり消えることを期待し時間調整で茶臼岳のお釜回りをして、山頂で朝食を取りながらガスが晴れるのを待つ。しばしガスが晴れ山頂も見えるようになるが、あとから雲海が襲寄せてくる。

山頂からロープウエイ駅へ降りて西側から牛ヶ首を目指す。風も強くガスの中、姥ヶ平への降り口も同じだったが、降りるにつれガスが薄くなってくる。事前情報のとおり姥ヶ平の紅葉は、3日から7日前が最盛期か?

イメージ 19

イメージ 20
イメージ 22

イメージ 23
イメージ 24
イメージ 18

イメージ 21

イメージ 25

イメージ 26
   毎年同じ時期に来ているが、今年は紅葉が終わってしまった姥ヶ平
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 27

イメージ 31

イメージ 32

ひょうたん池の赤のアクセントになるドウダンツツジが落葉してしまった。姥ヶ平ももう終わりのような感じ。牛ヶ首に登り返すころから再びガスが出て視界不良。駐車場に戻るころ、朝日岳の山頂が見えた。満車のPから下るとロープウエイ駅まで渋滞が続いていた。

この記事に

開く コメント(0)

その1からの続き・・・

イメージ 1
                 ビジターセンター前の望遠鏡俎山頂の登山者見えました。
イメージ 2
                               宴会3の場所
イメージ 20今はまだ、ほとんど人がいない長蔵小屋

イメージ 3
                         ビジターセンターの植物案内版
イメージ 4
                          センター周辺のミネザクラが満開

イメージ 5

イメージ 6
                              山ガールアイちゃん
イメージ 7
                          小屋裏のミズバショウ群生地
イメージ 8

イメージ 9
                          コミヤマカタバミ
イメージ 10
      帰る前にKちゃん入れて記念写真 これはオグチャンカメラの練習 本番は幹事さんカメラで」


イメージ 12
                             大江湿原
イメージ 13

イメージ 11
                               沼山峠展望台

イメージ 14
           沼山からバスで御池に戻り、檜枝岐村への帰りがけにオプション モーカケの滝
イメージ 16


イメージ 17
                             ムラサキヤシオ

イメージ 15
イメージ 18
                     今晩のお土産からの夕食再びコシアブラ24本

イメージ 21
                  今回の参加者への記念品 サイレント機能付き熊ベル

イメージ 19
 檜枝岐村の観光キャンペーンでゲットしたもの 500円の無料入浴券と2000円分利用券(宿泊、食事、土産)



この記事に

開く コメント(0)

2018,5,27送別山行②尾瀬沼
総勢26名 快晴
こまどり==8:00御池8:40==9:00沼山峠-----10:20尾瀬沼12:20-----13:10沼山峠13:40==14:00御池14:1014:20モーカケの滝14:30=檜枝岐村温泉観光協会15:00==田島道の駅==19:00瓜連支所P19:05==水戸19:30
 

 2日にわたる送別山行昨日の会津駒ケ岳は23名、Kikuちゃんが泊まらずに帰り、朝4時の集合に寝坊し遅れたもう一人の主賓Kちゃんほか4人が夜の宴会から合流し、2日目は26人。御池からバスで沼山峠へ。往復1080円。1時間程で尾瀬沼へ。
 大江湿原はミズバショウ、ショウジョウバカマやタテヤマリンドウ、リュウキンカなども咲き始め。ミネザクラは満開だった。ビジターセンター前広場にて、まだ朝ご飯を食べたばかりでお腹が空いていないが宴会3へ。昨日より日差しが強いが、風はヒンヤリして爽やか。帰りの運転があるので本日はノンアルコールで我慢、NOBUちゃんが作ってくれた横断幕で記念写真を撮る。
 帰りにアルザわき物産センターで宿泊、温泉、買うの3つのスタンプがたまり2000円の利用券ゲット、さらにくじ引きでIさん無料宿泊券があたる。ジャムや岩魚の甘露煮当たった人も、はずれは水のペットボトルか温泉無料券。思わぬキャンペーン中で、早速職場のお土産や桧枝岐Tシャツなどを買った人もあり。来年の518日まで利用できるので次来た時に蕎麦食べるか温泉に入ろう。
 様々な準備をしてくれた幹事のKawaraiさん、Suさんをはじめ、缶ビールなど2箱担ぎ上げてくれた孝典くん、Kuriyama君ほか参加してくれた皆さん、横断幕を作ってくれたNOBUちゃん、差し入れしていただいたKatoさん、Mogiさん、本当にありがとうございました。最高に楽しい2日間でした。


イメージ 1
                        御池に車を置いて、バスで沼山峠へ
イメージ 2
 沼山峠入口には、7,8mのコシアブラが何本もあって、はるか高い所にはちょうど食べごろの新芽が沢山ある
イメージ 3
     沼山峠まで緩やかな登り この山の中にも至る所にコシアブラがあるが、ここは国立公園内・・・
イメージ 4
                    登山道沿いにずっとイワナシのピンクの花が咲いていた。
イメージ 5
                  峠を登り切り下り始めると、湿原のさきに白いものが見えてくる
イメージ 6
                    雪解けが早くミズバショウも早く咲き始めたようだ
イメージ 7
          沼山峠のバス乗り場から大江湿原までずっと木道が整備されており、残雪もない。
イメージ 8
小淵沢田代への分岐 ますぐ行けば1時間程で長蔵小屋までいけるが、小淵沢田代を廻ると1時間半は余計にかかる。5人が寄り道ルートへ、21人はまっすぐ小屋へ。
イメージ 9
                             リュウキンカ
イメージ 10
                            ショウジョウバカマ
イメージ 11
         ミズバショウ 何日か前に冷え込んで霜が降りたのか大きなものは茶色になっていた。
イメージ 12
              シラネアオイなどは鹿に食べられ小屋周辺以外にはなくなっている。
イメージ 13
                           タテヤマリンドウ
イメージ 14
                           スミレ
イメージ 15
          長蔵小屋付近からの尾瀬沼と燧ケ岳 ことら側からだと燧ケ岳の雪渓は随分小さい
イメージ 16
                       小屋の一角にシラネアオイが咲いていた。
イメージ 17
                          シラネアオイの前から
イメージ 18
                          本日の宴会はこれ、帰りの運転手は。
イメージ 19
                              宴会3スタート
イメージ 20
                         Katoさんの差し入れワイン

イメージ 21

イメージ 22
                         宿で作ってもらった700円のお弁当

 その2へ続く・・・・
































































この記事に

開く コメント(0)

2018,5,26送別山行①会津駒ケ岳
総勢23名 高曇りのち晴れ
水戸3:30==4:00瓜連支所高速バスP4:10==関谷コンビニ==会津田島道の駅==7:30滝沢登山口8:00---水場---12:00駒ノ小屋12:15---12:30会津駒ケ岳2132m13:00---13:15駒ノ小屋前宴会14:00---17:30登山口==18:00民宿こまどり=18:20駒の湯18:4519:00こまどり宴会21:00—2次会23:15 就寝24:00

 山岳部のみんなと会津駒ヶ岳へ。職場関係等たくさん送別会をやっていただいたが、これが最後であり、一番楽しい集まり。これは、一方では山岳部のOB部員としての再出発の日でもある。昔の部員はまあ40代までで現役の活動をしなくなるが、最近の先輩方は筋トレやフィットネスに毎日行って70歳でも雪山を登り山スキーで滑る元気なじーさん達である。雪山ばかりでなく海外へ行ってしまうこの人たちについていけるかなぁ・・ 
 
イメージ 2
                           登山口の階段
イメージ 3

イメージ 4
                              ブナの新緑
イメージ 5
  登山道沿い標高1300m以下では開ききっているコシアブラだが、1650mまでは食べ頃のがびっしり
イメージ 6
               オオカメノキ 日が差さないのか下のほうはまだ花が開いていない
イメージ 7

イメージ 8
               コブシかタムシバか 花の下に葉が1枚出ているのがコブシ
イメージ 9道沿いのは 皆、1枚葉がついていたのでコブシでした。なお、上のほうは大きくて確認できないのでタムシバもあったかもしれない。
イメージ 10
                    花がついているオオカメノキとコブシ
イメージ 11
                        ムラサキヤシオ?
イメージ 12
                            コブシ
イメージ 13
                             コブシ
イメージ 14
               水場の先、標高1700m付近から残雪となり、アイゼンを着ける。

イメージ 15
                      稜線に出でると左手南西に燧ケ岳が見えてくる。
イメージ 16
                            右奥に会津駒山頂
イメージ 17
                          正面の三角屋根が駒ノ小屋
イメージ 18

イメージ 47

                        駒ノ小屋前にザックを置いて、山頂へ
イメージ 19
                                山頂へ
イメージ 1



イメージ 49
           会津駒ヶ岳山頂2132m 溶けてしまって山頂だけ雪がない。 奥は燧ケ岳

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 48

イメージ 22
                       山頂から北はまだ、真っ白 奥は中門岳2060m
イメージ 23
                                                     越後駒方面
イメージ 24
               燧ケ岳方面 ここから尻セードで滑降 雪まみれでお尻がびっしょりとなる
イメージ 25
                     燧ケ岳を入れての笑い声が絶えない撮影会


イメージ 50
                             小屋前で宴会1開始
イメージ 26

イメージ 27
  山頂へ行くとき雪の中へ冷やして置いたビール 餃子にウインナーのボイルしたのと、Gさんちのソラマメ美味しゅうございました。

イメージ 28
                                 下山


イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31
                       最後の尻セード滑降箇所 右下へ
イメージ 32

イメージ 34
 先行者のトレースを辿り左へ回り込みすぎて、この先で雪渓がなくなる。
GPSで確認し藪を漕いで夏道へ戻る。

イメージ 33
                          オオカメノキが満開でした

イメージ 36
                          階段下の舗装道路

イメージ 37
                     登山口に一番近い民宿こまどりで宴会2
イメージ 38
              檜枝岐温泉の山人(ヤモード)料理 山菜尽くし あれ4人少ない?
イメージ 39
        アケビツル、 シドキのおひたし、コシアブラの天ぷら他、コゴミ、タクワン、薬草酒? 

イメージ 40
        コゴミ、ハットウ(ソバガキ)、ミヤマイラクサ(アイコ)とニンジン  次は?  岩魚の塩焼き
イメージ 41
               大根の味噌汁と裁ちそば   他に追加でウルイの酢味噌など山菜3種 
イメージ 42
                       ビールの次は地酒
イメージ 43
                   NOBUちゃん作成の歌詞カード配られ山の歌
イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46
     21時1次会の締めは、部歌 最後にエールマスターSuさんより主賓二人にエールが送られる。
イメージ 35
            2次会に突入23時まで持ち込んだ大量のお酒が振舞われた。
イメージ 51
 酔っぱらっていたが、本日の成果、ザックに丸めて放り込んでいたことを思い出し、おにぎり状態のものを広げて小分けして包み、保冷バックへ収納。隣の蒲団のKonちゃんがエンジン全開,爆音絶好調猛烈ないびきの長い夜が始る。
 


















この記事に

開く コメント(0)


  中禅寺湖周辺は標高差で6,7℃気温が低いはずだが、日差しもあり28度にもなっていた。新緑に覆われた湖畔の散策路を爽やかな風が抜けていく。イタリヤ大使館もイギリス大使館も夏の別荘だったらしい。外観は木造で日本的だが、内装は洋風、暑い夏をここでどんな生活をして過ごしていたのだろうか。釣りと船遊びか?

イメージ 1



イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
                       イギリス大使館前の展望  正面に社山
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
                   イギリスらしく喫茶コーナーは紅茶とスコーン
イメージ 13

イメージ 14
                          新緑が眩しい

イメージ 15
                               イワガラミ
イメージ 2

イメージ 3
                          湖岸のズミ満開でした
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




この記事に

開く コメント(0)

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事