300名山+α

2012年7月24日カムイエクウチカウシ山で300名山完登 梅雨明けないけど夏山の季節

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 休憩後,五色沼方面に下山するころからガスが出てきた。急斜面に60cmほどの雪が溜まっている。避難小屋を過ぎ,五色沼で休憩。山頂部はガスに覆われていた。全面凍結と思って沼を横断するように進むが,一部踏み抜きそうになるところあり。五色沼の北端からは,まっすぐ進めば弥陀ヶ池に戻れるはず(通常の夏道は)だったが,トレースが右の五色山方面に向かっていた。結局大きく迂回する形で弥陀ヶ池に戻る。菅沼Pに戻ると我々の車ともう1台のみとなっていた。金精トンネルまでの路面は所々凍結が始まっていた。宇都宮市街もすんなり通過。北関東道をショートカットするこのルート使えます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


この記事に

開く コメント(0)

日光白根山2578m 冬山足慣らし山行報告書            日時:2016年12月18日(日)6:45〜15:25
山域:日光白根山(菅沼Pから登り五色沼へ降り菅沼Pに戻る)
メンバー:NOBU,MIZU,HORI,NAKA,HOUJYO
概要:桜川MP4:00==北関東道上三川IC==国道4号==宇都宮IC日光宇都宮道路日光IC==いろは坂==金精トンネル==6:00菅沼P6:45----9:00弥陀ヶ池9:15----10:55日光白根山2578m11:30---12:40五色沼12:55---14:10弥陀ヶ池14:20—15:25菅沼P 15:40===17:30桜川MP17:40==水戸18:30  

イメージ 1

イメージ 2

金精峠は12月26日通行止めとなる。*H28122612時から2942512時まで群馬県側からの入山となる前に菅沼からの日光白根山で冬山の足慣らしに出かけた。
前日まで冬型が強く,菅沼Pは雪の中。到着した時には群馬の除雪車が道路と駐車場の除雪中で,20台ほどが終わるまで路上駐車で待つ。20分ほどで広い駐車スペースが確保されアッと間に満車。用意していると本日別グループで同じコースのWATAHIKIさんと埼玉のノブさんたちもやってきた。
 
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 国道から入った道路も無雪期は有料駐車場となるが,除雪されていない。
登山道の積雪は20〜30
cmだったが,登るにつれ50〜60cm位となる。先行者によりトレースがあり,ワカンを付けないで登る。北の空にある雲もモルゲンルートに染まる。
頭上の木々に朝日が当たると,真っ青な空に枝についた霧氷が輝き素晴らしい。途中でアイゼンを付ける。2時間ほどで雪に覆われた弥陀ヶ池に到着。正面に白く化粧した日光白根山の北面が見える。沼のへりを進むが,ところどころ踏み抜きそうになる。先行者の足跡に水がたまっている。
 
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

丸沼スキー場からのルートと合流する峠から北面をジグザグ状に高度を上げる。木々の霧氷や岩についたエビのしっぽで真っ白な世界が広がる。高度を上げても日が当たらないが,背後の北の展望は真っ青な空の下に日が当たり雪の世界が広がっていた。急斜面を登り切ったところにある白根針峰と名付けた岩の上に上り,いつもの記念撮影。雪やエビのしっぽで全体が真っ白になっていた。
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33
 
緩やかになる北の山頂の先に,白根山の本峰の山頂がある。山頂からは快晴の空のもと中禅寺湖や男体山,女峰山など360度の大展望が広がっていた。日差しがあり温かく感じるが,弱いが風もあり,山頂でゆっくりランチという感じではなく,さらにひとつ先の山頂で風を避けながら休止。

イメージ 34

イメージ 35
 
イメージ 36

その2へ続く・・

 休憩後,五色沼方面に下山するころからガスが出てきた。急斜面に60cmほどの雪が溜まっている。避難小屋を過ぎ,五色沼で休憩。山頂部はガスに覆われていた。全面凍結と思って沼を横断するように進むが,一部踏み抜きそうになるところあり。五色沼の北端からは,まっすぐ進めば弥陀ヶ池に戻れるはず(通常の夏道は)だったが,トレースが右の五色山方面に向かっていた。結局大きく迂回する形で弥陀ヶ池に戻る。菅沼Pに戻ると我々の車ともう1台のみとなっていた。

金精トンネルまでの路面は所々凍結が始まっていた。宇都宮市街もすんなり通過。北関東道をショートカットするこのルート使えます。
                                         

この記事に

開く コメント(0)

 奥久慈の篭岩から湯沢源流を遡行。男体山への稜線縦走路に出て、奥久慈男体山と日光方面の展望を楽しんだのち、小草越手前より裏縦走路にて篭岩山から篭岩へ戻る。途中の陽だまりで名残りの紅葉を愛でながら昼食。結構なアップダウンと落ち葉で滑りやすい急斜面に苦労したが、風もなく快晴の初冬の低山ハイキングを総勢9名で楽しめた。運動不足か帰りの車の中で靴を脱ごうとしたら足が攣ってしまった。情なやあ・・・

  篭岩展望台7:40---篭岩7:45--湯沢峡 抱返し滝8:10--釜沢越分岐9:05--フジイ越手前9:50---小草越手前から裏縦走路最初のピーク10:50---11:30紅葉の谷de昼食12:10--釜沢下り13:10---13;20篭岩山501m13:30---篭岩展望台14:20


イメージ 1
篭岩展望台からの西側の展望
イメージ 2
kagoiwa 
イメージ 3


イメージ 4
湯沢峡

イメージ 5
                               抱返しの滝

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10


  釜沢越え分岐
イメージ 11


イメージ 12

イメージ 13


湯沢源流部
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
稜線へ

 奥久慈男体山
イメージ 18


イメージ 19
                    日光方面 男体山の脇に日光白根山

 裏縦走路へ
イメージ 20
 武生林道方面

 裏縦走路もほとんどの木は落葉していたが、南斜面の一部に散りかけの紅葉が残っていた。
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23
  篭岩山501m 奥に見えるは、奥久慈男体山

 篭岩山から南の展望 右奥に竜神大吊橋が見える
イメージ 24
ジャックと豆の木のよう
イメージ 25

イメージ 26
出発地点の篭岩展望台へ降りていく途中、鮮やかなモミジが残っていた。
イメージ 27
陰になった部分が遡行した湯沢峡
イメージ 28
篭岩展望台

















この記事に

開く コメント(0)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事