300名山+α

2012年7月24日カムイエクウチカウシ山で300名山完登 梅雨明けないけど夏山の季節

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
一人夏山蝶ヶ岳・常念岳縦走
日時:2016年7月29日(金)MIZU単独

概要:
7/28水戸IC20:00==(北関東・上信越・長野道)==安曇野IC=25:00三股P25:30就寝
7/29三股P1300m6:10----10:30蝶ヶ岳2677m11:10---11:40蝶槍12:00---15:25常念岳2857m15:30---16:20前常念岳2662m---19:30三股P(駐車場から登山口まで800m20 13:20で行動12:20休憩1:00)
  ==19:45ホリデー湯四季の郷20:45==安曇野IC=22:00姥捨SA23:00就寝

7/30 3:00姥捨SA4:00===10:00水戸IC 

参考:コースタイムは0:20+4:50+4:00+4:30+0:20=14:00
   350km×2 高速代30%引き4800円×2
    ホリデー湯四季の郷21:00まで530円

本来の中房温泉から燕岳、大天井岳、常念岳、蝶ヶ岳の夏山計画中止により、単独で逆回りで未踏部分の蝶ヶ岳・常念岳で槍・穂高の展望を楽しむつもりだった。例年より7日遅い梅雨明け、単独のため小屋泊りの計画だが、土日の混雑から金曜日の前夜に自宅を20時出発。安曇野ICから三股駐車場に25時到着。70台止められる駐車場は半分ほど埋まっていた。夜から明け方まで弱い雨が降っていたため、そのまま登って蝶ヶ岳山頂から日の出に染まる槍穂を見る計画はなくなった。
イメージ 1
             登山口の800m手前の三股駐車場
イメージ 2
                 駐車場から先の林道は一般車通行止め
イメージ 3
                     ソバナ
イメージ 4

イメージ 5
                     三股登山口
イメージ 6

イメージ 7





   
イメージ 43
                       ゴジラの木

イメージ 8
                    まめうち平
イメージ 9
                    カニコウモリ
イメージ 10
                    チダケサシ
イメージ 11
                   オトギリソウ
イメージ 12
                   アキノキリンソウ
イメージ 13
                    クルマユリ
イメージ 14
                    ハクサンフウロ
イメージ 15
                    クチバシシオガマ
イメージ 16
                   周りはガスの中の蝶ヶ岳ヒュッテ
イメージ 17
                          蝶ヶ岳山頂2677m
 
イメージ 18

イメージ 19
朝はガスのなか駐車場から登山口まで約20分の林道歩き、登山道から湿っぽい登山道を4時間でお花畑の広がる山頂直下に出る。展望はないが様々な高山植物が咲いていた。稜線に出ると蝶ヶ岳ヒュッテが見えたが、周りはガスの中。小屋とは反対の蝶ヶ岳山頂につく直前、ガスが切れ青空が一瞬現れる。ガスがなければ西側に槍ヶ岳から穂岳連峰の絶景が広がるはずだが、見えない。ザックを下ろし休んでいると歓声が上がった。
イメージ 20
                   イワツメグサ
イメージ 21
                                                 蝶槍へ向かう稜線
イメージ 22
                     チシマギキョウと
イメージ 23
         蝶槍 トレールラン小4人組大天井岳経由で槍ヶ岳へ
イメージ 24
                      槍ヶ岳方面
イメージ 25
                      ウメバチソウ
イメージ 26
                   イブキトラノウ
イメージ 27
                    常念岳へ登り
イメージ 28

イメージ 29



            常念岳南西斜面
再びガスが切れ山頂部には雲が掛かったままだが、槍・穂高が見えてきた。そしてまたガスの中のくり返し。お昼までにはガスが上がるかもと常念岳に向かう。晴れたり、ガスったりの繰り返しで日が当たると暑くなるがしのぎ易い稜線歩き。2512mのピークから一旦降りて巨石が積み重なる常念岳への400mの登り。
イメージ 30
           蝶ヶ岳からの稜線
イメージ 31



                 常念岳山頂

展望がないまま常念岳に。ここは子供が小さかったとき夏休みの日帰り家族登山をした山で、青空のもと北アルプスの大展望の思い出がある。今日の予報では17時にはアメマーク。入道雲が心配。選択肢は2つ、45分下って常念小屋に泊まって翌朝1時間登り返して日の出を見るか、今日中に前常念岳経由で三股まで約5時間下るか。泊まっても朝ガスられる可能性が高いため、下山を選択。
イメージ 32

イメージ 33
           前常念岳より下山
イメージ 34

イメージ 35
         ガスが晴れ、常念小屋が見えてきた
イメージ 36
イメージ 37
                前常念岳 岩室跡
イメージ 38
             左から大滝山、蝶ヶ岳、蝶槍
イメージ 39
イメージ 40
                 常念岳に続く稜線
イメージ 41
                    中房方面

前常念岳までは巨石が折り重なるルートで石室跡からは急斜面を下山。最近新しくペイントされた黄色い目印がある。これがないとルートがわかりづらい。樹林帯に入るとつづら折りでさらに高度を下げる。三股登山口に19:10到着。なんとかヘッドランプを出さずに19:30に駐車に戻った。車に乗ったところで雷雨となる。すぐ下のホリデー湯四季の郷で汗を流し、コンビニでロングカンチュウハイ2本を仕入れ高速SAへ。パソコンで雷雨の状態を見ながら乾杯、就寝。


イメージ 42
        翌朝、快晴の夏空を迎えた水戸へ戻る。




この記事に

開く コメント(1)

2016,6,18谷川岳花見山行

2016,6,18 谷川岳巌剛新道〜西黒尾根周回 
メンバー:NOBU,MIZU
天気:晴れ 山頂部にガスがかかり気温11℃、下山するころ夏空が広がる下界は33℃
概要 水戸2:30==水戸IC==水上IC==5:10谷川岳ベースプラザ5:30----6:00巌剛新道----7:25ラクダのコル7:35----西黒尾根----8:40肩の小屋前でガス晴れるのを待つ9:15---9:20トマノ耳----9:40オキノ耳9:50----10:00トマノ耳10:35-----11:45ラクダのコブ11:55---西黒尾根---13:25谷川岳ベースプラザ13:40---13:50角彌の蕎麦14:20---水上IC---水戸IC17:00---水戸
 
 快晴が期待された谷川岳だったが、群馬側は夏の日差しなのだが、山頂部を境に新潟側からガスがかかっていた。30年くらい前にマチガ沢を詰めたような記憶があるがどこを登ったか定かではない。ロープウエイは点検のため6月中は止まっており。登る人は少ないだろうと思っていたらこれが間違い。ベースの駐車場は戻ってくるころには満車。みな西黒尾根を登る。夏の日差しを遮ってくれる巌剛新道を登る人は少なく、ほかに2,3人だけ。
西黒尾根との合流となるラクダのコル近くの上部で鎖場が2,3か所ある。西黒尾根にも上部稜線とラクダのコブの下に2か所鎖場あり。こちらのほうが下りは大変かと思う。
 マチガ沢も山頂直下の雪渓も雪がかなり例年より少ない。稜線ではウスユキソウやユキワリソウ、ミヤマキンポウゲ、ハクサンイチゲなど高山植物が楽しめた。山頂部はガスで何も見えず、しばしガスが晴れるのを待つ。日が当たらず風も強く気温も11℃と寒い。今日は夏日になるはずが予想外。少しずつガスが上がってくるが、なかなかきれいにガスが晴れない。オキノ耳、トマノ耳でもしばし、ガスが切れるのを待つが、地元の高校山岳部の団体で賑やかになった山頂を後にする。
下山し、振り返ると日が山頂部に当たり始め、夏の日差しが戻った。
 山スキーで何度も寄った水上の角彌で盛りのいい蕎麦に満足し17時には水戸に戻る。

イメージ 1

イメージ 2
                            マチガ沢全景
イメージ 3
                                  東尾根
イメージ 4
                             マチガ沢
イメージ 5
東尾根

イメージ 6
                         ラクダのコル手前から西黒尾根を望む
イメージ 7
                                ラクダのコルか西黒尾根r
イメージ 8
                          奥は天神平スキー場  タニウツギ
イメージ 9
                     トマノ耳とオキノ耳の2つのピークのガスが取れてきた
イメージ 10

イメージ 11
                                イワカガミ
イメージ 12
                               アカモノ
イメージ 13
                               タテヤマリンドウ
イメージ 14
                                左上にザンゲ岩
イメージ 15
                                ユキワリソウ
イメージ 16
                               ミヤマキンポウゲ 
イメージ 17
                                  ハクサンチドリ
イメージ 18
                              ホソバウスユキソウ
イメージ 20


イメージ 19
                        肩の小屋西側のミヤマキンポウゲ群生地
イメージ 21
                              オジカ沢の頭
イメージ 22

イメージ 23
                           トマノ耳からオキノ耳を望む
イメージ 24
                              ユキワリソウ
イメージ 25

イメージ 26
                                トマノ耳
イメージ 27
                              ハクサンイチゲ
イメージ 28
                             オキノ耳からトマノ耳に戻る
イメージ 29

イメージ 30
                       トマノ耳のしたにシラネアオイが」咲いていた
イメージ 31
                               ウメバチソウ
イメージ 32
                              西黒尾根を下山
イメージ 33
          トマノ耳1963mとオキノ耳1977m
イメージ 34


イメージ 35

イメージ 36
                        ラクダの背から西黒尾根とマチガ沢全景

イメージ 37
                            ラクダの背の下には2か所鎖場あり
イメージ 38

イメージ 39
                    一ノ倉沢出合まで運航中の電気バス ガイド付きで500円
イメージ 40
   締めはいつも帰りに寄ってる水上の蕎麦屋さん角彌にて これは2人前です
 質と量とも大変満足。美味しゅうございました。




この記事に

開く コメント(0)

2016年5月21日富士山吉田大沢山スキー
例年なら6月まで山スキーを楽しんでいるのだが、雪が少ない今年はこれが今シーズンの板仕舞いとなるかも・・・
概要
5/21 晴れ時々ガス 気温11度から2度 MIZU単独
水戸IC3:00==常磐道、首都高、中央道5:15(談合坂SA5:45=富士吉田IC=6:15富士スバルライン=6:45五合目P7:25-----11:45本八合目12:30------13:45山頂14:55〜〜〜15:50雪渓末端標高2700m16:00------17:005合目P17:20==富士吉田IC=18:30談合坂SA仮眠22:10==24:00水戸
イメージ 1

イメージ 2

 2週連続の富士山、今回は北側の吉田大沢を目指す。スバルライン入口松林の上に吉田大沢の雪渓が見える。先週の富士宮口よりは多いが、例年よりはかなり少ない。



イメージ 3

イメージ 4
        佐藤小屋への林道沿いに山桜が咲き始めていた
イメージ 5
  例年なら左側の斜面に雪があり、ここまで滑ってこられる。向こうが5合目の駐車場である。
イメージ 6
             吉田小屋と6合目への近道の分岐
イメージ 7
                      6合目より
イメージ 8
五合目の駐車場に車は少なく山スキーは他に2組のみ。先週の富士宮口の9合目まで夏道が出ていた経験から今日の登りはランニングシューズ。兼用靴ごと板をザックに括り付けスタート。やはり登りは兼用靴より登りやすい。8合目まで雪がない。右手に見える吉田大沢も雪渓が小さく細い。上部でやっと全面が雪に覆われる。なんとか雪渓をつなげば結構下まで行けそうなことは確認。しかし、いつもの大雪渓はいずこ?

イメージ 9
              左上が七合目 右手が雪のない吉田大沢
イメージ 10
                     七合目
イメージ 12

イメージ 11
                     八合目を目指す
イメージ 13

イメージ 14
                北西側に細く長く伸びる雪渓末端
イメージ 15

イメージ 16
               八合目手前から登山道に雪が出てくる
               
イメージ 17
                 本八合目3350m
イメージ 18
                   吉田大沢側
イメージ 19
   左手は須走口からの大斜面 こちらのほうが登ってくる人も雪が多い
イメージ 20
須走口の雪渓が合流する本八合目と比較するとこちらのほうが大きく滑りたくなるような大斜面が広がっていた。須走口側からの登山者は多く、山頂へ列をなしていた。 
イメージ 21
                須走口へ

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
               八合目を振り返る
イメージ 26
              頂上直下の登り
イメージ 27

イメージ 28
             雲海が上がってきていた
イメージ 29
               山頂
イメージ 30
登り始めは快晴だったが、先週と同じで、いつの間にかガスが上がってきていた。山頂直下の斜面でも一瞬ガスに撒かれる。運動不足か山頂直下でバテバテになって、何とか山頂にたどり着く。
 
イメージ 31
             左が須走口への下山ルート
イメージ 32
               剣ヶ峰方面
イメージ 33
先週見た剣ヶ峰と火口の御釜を眺める。
ほとんどの人が須走口へ降りていく。きれいに見える斜面もかなり荒れていて滑りにくそうだ。快晴で日に当たっているせいか暖かく感じるが、北西の風を受けるとかなり寒い。気温は0度前後か?
イメージ 34
          吉田登山道と湧き上がるガス
イメージ 35
       休んでいる間にガスが上がってきてしまった。

ゆっくり休んでから北の吉田大沢のドロップポイントへ向かう。風が一層冷たく、ガスも上がってくる。かなり荒れている斜面は、月曜日の雨が雪ではなく雪を融かしそれがまた凍結して剣山のような状態。先週のようなザラメを期待したが、ひどいデコボコのアイスバーン状態、斜面を左右に大きく振りながらきれいな斜面を探すも見つからない。ガスも出てきてなにも見えなくなる最悪のパターン。
イメージ 36
 完全に包まれる前に吉田大沢のエントリーポイントより滑降開始する
イメージ 37
  一旦ガスは上がったが、気温が低く冷たい北西風で上部はガリガリ
イメージ 38

イメージ 39
何とか上部の一旦平坦になる部分まで滑るとガスが晴れ、佐藤小屋方面まで見える吉田大沢の大斜面が広がる。しかし、雪面は荒れたまま。しかし、標高が下がった分、雪質がザラメ状に変化し、何とかひゃほおおおぉおおを連呼しながら、貸切り大斜面を滑る。
イメージ 40

イメージ 41
 
3000m付近で大雪渓のメイン部分は切れてしまい、西の端に細く伸びる雪渓を繋いでなんとか末端の2700mまで降りる。これが今シーズン最後のさよなら山スキーかもしれない。いつもならあと400m滑って駐車樹への林道まで出てしまうのだが、ここから水を含んで雪より重くなった火山灰土の斜面を1時間ザクザク降りる。
イメージ 42
             雪渓末端2700m地点
イメージ 43
       右を振り返ると吉田登山道沿いに山小屋が見える
     いつもの年ならこの辺もまだ大斜面が続いているのだが・・
イメージ 44
   水を吸って雪より重くなった火山灰土の斜面をザクザク降りる。
イメージ 45
              吉田大沢の雪渓

17時を過ぎたというのに大声で騒いでいる中国人観光客であふれる五合目駐車場を後に新緑のスバルラインを下る。丁度、中央道の行楽渋滞が始まったため、先週同様SAで3時間爆睡仮眠し、2時間で水戸に戻る。

   



この記事に

開く コメント(0)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事