ここから本文です
のんびり自作オーディオ
アンプやスピーカー、DAC、測定器まで何でも自作

書庫全体表示

ヘルパー

イメージ 1

電子工作に欠かせない作業治具についての小ネタです。写真左は30年ほど使っている、グットのST-62「ヘルパー」です。元々ルーペが付いていましたが、使っていません。現在ではST-92になっていてルーペの仕様が二重焦点式に変わっています。

特に不満なく使ってきたのですが、最近、右のちょっとカッコいいやつを買ってみました。TC-303、こちらは「ツールクリッパー」と名乗っています。手が3本で、しかも全てボールジョイントなので非常に柔軟性があります。ただ、使ってみると、ちょっと安定性に難が。ベースの加工精度が悪く、底面が凸凹しているためです。

価格はグットの半値ほどなので、しょうがないかぁと思いながらも、改良を試みました。底面を耐水ペーパーで削ってみます。平らな板の上に耐水ペーパーを1枚広げて水で濡らし、ツールクリッパーのベースを輪を描くように擦っていきます。30分ほど頑張ったやった結果がこれです。

イメージ 2

うーん、今ひとつですねぇ。完全に平にするのはあきらめて、薄いゴムを貼ってみました。

イメージ 3

ふむ、これでだいぶ座りが良くなりました。ただベースが小さいこともあって、安定性ではグットの勝ちです。まあ、クリップを自由に動かし固定できるので、今後役に立つ場面もあるでしょう。

ところで、これらの治具はワニ口クリップでパーツや基板をつかみます。細いものや薄いものはいいのですが、ボリウムやロータリースイッチはちょっと太くてつかめません。そこで小技を紹介しましょう。だるまクリップを併用するとうまくいきます。こんな感じです。

イメージ 4

クリップを大きくすれば、もっと太いものでもOKです。

イメージ 5

写真のように、XLRコネクタのハンダ付けでは重宝しますよ。おためしあれ。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事