AC 千葉

サッカー使って日本を救うAC千葉 『ミニJリーグ構想』

全体表示

[ リスト ]

風引きさんへ

医師が処方する薬と市販のかぜ薬はどう違うの?

かぜ症候群に処方する病院の薬と市販薬は、成分的には大きな違いはありません。病院は患者それぞれの症状に応じて、適した薬を処方するのに対し、市販薬は、さまざまな症状に有効な成分が配合されている「総合感冒薬」が多いようです。 ただし、発熱や咳、鼻水など症状に応じた市販薬もありますので、薬局の薬剤師に症状をよく説明して選んでもらうとよいでしょう。

●解熱鎮痛薬 発熱、頭痛、筋肉の痛みなどを和らげる薬。体温を調節している脳の中枢(視床下部)に働きかけることで、熱の産生を抑えたり、皮膚の血管を広げて熱の発散を盛んにして熱を下げる。体内で痛みを起こす「プロスタグランジン」の発生を抑えて、痛みを和らげる効果もある。
●抗ヒスタミン剤 くしゃみ、鼻水、鼻づまりを抑える薬。くしゃみの中枢や鼻の分泌腺を刺激するヒスタミンの作用を抑える効果がある。
●消炎酵素薬 ウイルスに対する体の防御機構を高める塩化リゾチームという酵素の働きで、鼻やのどの炎症を抑えて傷ついた粘膜を修復。白血球の機能を高め痰の粘り気を下げて出しやすくする。
●鎮咳薬 咳は本来、体の防御反応であるため、むやみに止める必要はないが、体力を消耗したり睡眠を妨げるような激しい咳を鎮める。咳中枢の興奮を抑えて咳を鎮める「麻薬性鎮咳薬」、「非麻薬性鎮咳薬」と、効果はやや劣るが長期間の使用も安心な「生薬系鎮咳薬」がある。
●去痰薬 気管支の炎症によって痰が多くなり、粘り気が強くなり、気道にひっかかり、出にくくなる。そこで痰の粘り気を下げてサラサラにしたり、痰を気道の壁から放しやすくするなどで痰を出やすくする。咳も軽くなる。
●総合感冒薬 医師が処方する薬では、解熱鎮痛薬、抗ヒスタミン薬、カフェインなどを配合している。市販の薬では、解熱鎮痛薬、抗ヒスタミン薬のほかに、消炎酵素薬、鎮咳薬、去痰薬、カフェインなども配合されている。
●抗生物質・化学療法 かぜに引き続いて起こる細菌感染を治す薬で、微生物を利用してつくられたものが「抗生物質」、化学的に合成されたものが「合成抗菌薬」。肺炎など、かぜをこじらせたときに起こる細菌感染に効果がある。
●うがい薬 口腔内の炎症によるのどの痛みやいがらっぽさを改善する薬。殺菌消毒や炎症を抑える効果があるため、口腔内を清潔に保ち、炎症を予防したり、悪化を少なくする効果がある。
●トローチ のどの痛み、いがらっぽさに対し、唾液を増してのどの粘膜を保護するとともに、抗炎症効果もある。同じように使うのどあめも唾液を増やしてのどの粘膜を保護する効果はあるが、炎症を抑える薬理効果はない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事