屋根の上のミケ

屋根の上から世の中を見渡している三毛犬(イヌ)の日記です。同じ三毛でも、猫ではなくワンコですのでご留意下さい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<html>
【写真は、報道された以外にも様々な書き込みが見える富田メモ】

A級戦犯合祀に関する富田メモの真贋

 A級戦犯合祀に関する昭和天皇の「お心」とされるメモが日経新聞の特ダネとして報道された。
このメモの内容が事実とすれば、昭和天皇が1975年から靖国神社参拝を中止された理由が、ご自身の言葉で明かされたことになり、中国からの内政干渉を待たずとも、日本人自身の手で、A級戦犯の合祀の是非について判断できる根拠が与えられたことになる。
 突如、歴史の闇の中から浮上するこの手の資料については、常に真贋(しんがん)を慎重に確認しなければ、田中上奏文に代表される偽書に騙される恐れをはらんでいる。
 私が、日経の記事を最初に読んだ時にも、肝心の陛下に関するメモの記述が、ノートに後から貼り付けられていたという点などから、「偽書ではないか」と警戒を持ちながら、「陛下のご発言をメモした本物だ」とする秦郁彦氏の識者コメントが記事に添えられていたため、素直に本物と信じてしまった。
 陛下が三国同盟を推進した松岡、白鳥(白取)両氏に対してお怒りを感じていたというメモの内容は、これまでに明らかにされている陛下の周辺人物の回顧録などから十分信じられるものなので、余計に信憑性を感じさせる効果を持っていた。
 しかし、私にとっては、日経とNHKニュースの両方に添えられていた真実性を裏付ける内容の秦氏のコメントが、決定的だった。南京事件における30万人説とまぼろし説の中間の4万人説を唱えることで、知られる秦氏のコメントだけに、資料の真贋については、十分検討された末のコメントに違いないと、思ってしまったのだ。
 少なくとも、秦氏は日経が報じたメモの実物を肉眼で見て、しかも日記全体も見て、全体的に真実性の高い資料だと判断を下したものだと私は、思ったのだ。
 だが、日経の報道直後からネットには、メモの真実性を疑わせる疑問点の指摘が相次いだ。いわく「貼り付けられたメモの部分だけが、他の部分と比較してインキも紙も新し過ぎる」、「記事で公表された以外の部分に陛下のお言葉ではないことをうかがわせる記述が書き込まれている」等々。
 私は当初、報道されたメモの内容が、真実、陛下のお言葉であり、お気持ちであればよいと思った。なぜなら、A級戦犯に対して、陛下がどのようなお気持ちを持たれていたかという事を知ることができれば、それは、これまで歴史の謎とされていた部分を埋めることができ、歴史の謎に対する私の心のモヤモヤを、その部分だけでも晴らすことができるからだ。
 しかし、私の乏しい知識だけでも、A級戦犯が合祀されたのは78年なのに陛下が靖国参拝を中止されたのは、それに先だって三木首相の私的参拝発言で公私の問題が起きた75年が最後だった。この3年の空白の説明が付かない不合理性は、すぐに気が付くことができた。
 しかも、下記の寺田嘉信氏の情報によれば、メモの日付である『1988年4月28日に富田宮内庁長官は、昭和天皇にお目にかかっていない』可能性まで指摘され始めてきた。 
 小泉首相の靖国参拝が予想される8月15日、9月の自民党総裁選挙、これらを目前にしての絶妙のタイミングでの公表。これは、公表の裏に潜む政治性を十分に疑わせる。
 これまでに公表済みの歴史資料から、昭和天皇は主なA級戦犯の各人物について「自分のために尽くしてくれた股肱の臣を占領軍に引き渡すのはしのびない」と述べておられたり、東条英機氏に対して好感を持っておられたことなどが知られている。
 それなのに日経報道によれば、陛下がA級戦犯各氏をひとくくりにして、靖国参拝中止の理由にした内容になっている。これは、私にとってメモの内容に疑問を感じさせる部分だ。
 いまの段階で私が希望するのは、現代の科学技術を総動員してメモの真贋(しんがん)を徹底して調べてほしいということだ。ただ、メモが真実、富田元宮内庁長官の手で書かれた陛下のお言葉だったにしても、それは、富田氏というフィルターを通した陛下のお言葉であり、富田氏の立場や配慮がメモに反映されている可能性は、排除できない。
 こうしたさまざまな要素を踏まえた上で、これから専門家の手で、メモの真贋(しんがん)と、真実、陛下のお言葉であれば、その意味合いを縦横に論議してほしいと思います。
 今回の報道が、国民の間であの戦争の意味を問い直し、より真実に迫る知識を広めるきっかけになれば、良いと思います。
 また、陛下のお気持ちは、それとして、日本のために尊い命を捧げた250万柱の英霊が靖国神社にお祀りされている事実は、国民としてないがしろにしては、ならないと思います。小泉首相、その後継者と目される安倍官房長官、さらに多くの日本国民が、靖国神社を大切に思い、折りに触れてご参拝下さるようお願いしたいと思います。
 靖国神社に対しては、色々な方々が、それぞれの気持ちをお持ちだと思います。以上は走り書きでは、ありますが、現時点での私の気持ちです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<以下は引用コピー>
【渡部亮次郎のメイル・マガジン 頂門の一針  第508号】より

【富田メモの信憑性】

          寺田嘉信

大新聞社・TV局の報道通り殆どの国民はメモを本物と信じて昭和天皇のご意思と信じたことと思われます。もし昭和天皇のご意思であれば今後皇室に対する思いは根底から考えを変えざるを得ません。今後の日本人の精神的拠り所は完全に崩壊します。 国民がそう感じ始めたとき彼らの術中に堕ちたことを意味するでしょう。

ノートに貼り付けられている元メモには19行から構成されており新聞TVで報道されているメモには6行の削除部分がある。削除された上6行には中曽根、奥野の名前と共に藤尾(文相)の発言とあり6行の削除により文面の意味が違ったものになる。

そして発表された、私は或るときにA級がとの文章につながるが、この文面通りとすれば藤尾文章の発言メモとも解釈される。なぜ日本経済新聞社は上の6行を削除したのか、意図的とすれば重大な問題であり文書改竄とも指摘せざるを得ない。

尚、情報によると『どうやら1988年4月28日に富田宮内庁長官は、昭和天皇に会っていない模様。』もしメモが昭和天皇の発言でなかった場合このメモを本物として記事にしたあるいは映像で放映したマスコミの全役員はすいませんでしたでは済まされないことを覚悟されることをご注意いただきたい。<引用終わり>

</html>

開く コメント(40)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事