Art to People

さぁて、どうするかな・・・・

全体表示

[ リスト ]

ふるさと熊本 3

イメージ 1

2016年4月29日 撮。
ぼろぼろになった熊本城天守閣。瓦は落ち、しゃちほこもいくつか無い。

下の写真は震災6日前の城内入り口付近。
きれいなお堀で、誰もがここでカメラを構える。

イメージ 2

下は震災後の同じ地点。
立ち入り禁止となっていたので定点撮影できなかった。

イメージ 3

城のすぐそばにある熊本大神宮。
城の石垣に押しつぶされた。

イメージ 4

城内の名物にいくつもの櫓がある。
武器や食料の倉庫であり、兵士の集合場所であり、戦の際の最前線の防衛拠点。
ある櫓は近代になって復元され、またあるものは当時のままで残されていた。
しかし土台の石垣が崩れたのではどうしようもない。
西南戦争で西郷隆盛軍の猛攻撃にも落ちなかった名城は崩れた。

イメージ 5

下の写真は5月1日の益城町での一枚。
周りは崩れかけた住宅や農家が広がっていたのだが撮る気にならなかった。
ただ、春のこの地域の自然は相も変わらず美しかった。

イメージ 6


**********
**********

私のカメラのメモリーには多くの戸惑いと焦りと迷いが詰め込まれることになった。
2016年春の日本。九州から東京、そして一度は行ってみたいと思っていた岩手県花巻、盛岡へ。桜前線を少し遅れて追いかける楽しいはずの旅だった。
その途上で、ふるさと熊本が揺れた。
何の技術も知識ももたない私だが、役に立たないならそれも良しという気で被災地のボランティアに参加した。
被災現場への道に迷った私を拾い、車で送ってくれたご夫妻は、夫婦ともに実家が全壊し幼子を連れて車中泊を続ける人たちだった。何の役にも立たないでしょうがと言う私に、いいえ、絶対に役に立ちます、と言ってくれた。
畑で採れたばかりのキャベツをどうしても土産に持って帰れと言ってきかなかった親父さんは「出荷どころの騒ぎじゃないんで」とつぶやいた。
爪が割れ、腰は痛み、帰りの電車の中で汗のすえた臭いを遠慮しながらも、がれきの片付けを手伝うくらいならまだできるという自分の体に気づいて嬉しかった。
泥に汚れた作業靴のまま、疲れ果ててぐったりとした若い女性のボランティアは、バスの中でうつむいたままだった。
チームを組んだボランティアたちは互いの身の内を紹介しあうことなく「ありがとう」と言い合ったまま毎夕を別れて散っていった。
どれもこれもがいとおしい。
東南アジアにまた、さらにまた飛ぶということを繰り返してきた私だったが、他の地へ体を移すということにいったい何の意味があるのかわからなくなった自分がいる。
うしろ髪をひかれる、という感覚を、私はこの春、知ってしまった。
                        記    2016/05/02

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事