Art to People

さぁて、どうするかな・・・・

マルソー追悼

[ リスト | 詳細 ]

パントマイムの神さま、マルセル・マルソーの追悼欄です。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

マルセル・マルソーが亡くなった。
2007年9月22日。享年84歳。80歳を超えてなお、海外での舞台にさえ立ち続けた。

イメージ 1

わたしは1986年からパントマイムを始めた。マルソー氏は憧れだった。東京公演、バンコク公演と計4回の舞台を観た。
写真はバンコクでの非公開舞台のときのもの。今から十数年前の写真だ。
中央がマルソー氏。左が当時の私。タイ人のパントマイム「コン・ナー・カーオ」=パイトゥーン・ライサクンと某ホテルのロビーで。
フランス企業の顧客パーティ、つまりマイムをみせることが目的ではないアトラクション舞台だったため、パントマイムどころかマルセル・マルソーが何者かさえ知らない観客が多かった。ロビーを素顔で歩いているマルソー氏に気づいたのは私たち二人だけ。
呼びかけるときに声が震えたのを憶えている。
「パントマイムの神さま」だもの。

イメージ 2

たぶん、この人がいなかったら、パントマイムがいまほど世界に知られることはなかっただろう。パントマイムをやる人も今ほど多くはなかったろう。そして、今ほどいろいろなタイプのパントマイムが生まれることもなかったにちがいない。
なぜなら「マルソーの前にマルソー無し、マルソーの後にマルソー無し」といわれた人だから。
マルソーには決してなれないと気づいたとき、人はマルソー以外のマイムの道を創っていくしかなかった。

上の写真は舞台が終わったあとの楽屋へ押しかけたときのもの。
「ビップ」という名の白塗りのキャラクターの化粧のまま、彼は開口一番
「観てくれたかい。いまの舞台、どうだった?」
とわたしたちに訊ねた。
「すばらしかったです」
としか答えられなかったのだが、彼は言った。
「実のところ、こういう舞台は好きじゃないんだ。みんな食事をしながら、酒を飲みながらの舞台だ。集中できないのでね」

日本人である私がタイでパントマイムをやっているということに、マルソー氏は少し驚いた。日本びいきとしても知られる彼はこう言った。

「日本人!? ヤノは日本人なのか! ならば聞いてくれ。川の水は流れていく。そして海となり、蒸発して雲になる。雨になってまた川の水に戻る。すべてが元へ戻っていくんだ。それが、パントマイムなんだよ。日本人だったら、わかるな?

何を問いかけたわけでもないのに、何の質問もしていないのに、マルソー氏は「日本人」という言葉に反応し、身振り手振りを入れながら、突然そう言った。本当に突然だった。何の脈絡もなく突然だった。そして微笑んだ。自信ありげに微笑んだ。
「日本人」だったらわかるにちがいない、という自信だと感じた。
わたしはその目を見ながら、ただただ「Yes」と、「神さま」に嘘をついた。

最初で最期に聞いた「パントマイムの神さま」の言葉。
その意味はいまだに消化できないけれど、
自分ひとりの宝物にしておく時間はもう終わった。

哀しんでいるだろう多くの人々に伝えたいので、
ここに記しておこうと思う。
合掌。


イメージ 3

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事