かなり寄り道・・・「建築家」生活

「主婦もする国際協力もする建築家」・・日々の暮らしと建築への思いをつづります

全体表示

[ リスト ]

中国の若者たちno2

私がはじめて海外を訪れたのは高校生のとき。自治体の行う国際交流のプログラムで中国へ行きました。中国の同い年ぐらいの高校生とおしゃべりやゲームをして、結構楽しかった記憶があります。
というか考えさせられた事が印象にあります。

とても素直に日本が好きと言ってくれたり、(まぁ、日本語勉強していた学生だからというのもあると思いますが)将来どうしたいか・・・なんてことをお互い話したわけです。
それまで「中国」という国に特には興味もなかったですし、良い印象も悪い印象もありませんでした。でも、話をした個人に対しては普通に友人になれたのです。

そのとき初めて国民同士のこういうちょっとした信頼関係が、両国の国際情勢などに果たして関係するのかしら??と考えたわけです。
で、結論としては「ないことはない」と。
たぶんこの旅行の事は私の人生で忘れ去ってしまうことはないだろうし、一緒にいた高校生の中にはその記憶を持ったまま将来偉くなる人もいるでしょう。(日中両方にね)
良い思い出を持つ彼らの中に両国の争いを望む確立は低いと思います。

若いうちに受けた印象や衝撃は大きいですからね。
今思えばそれが青少年育成であり、国際理解です。私はまんまと自治体の意図にハマったのです。今思うと。

最近の反日デモの参加者は、若者が多く25歳以下が半数だとありました。
若者への愛国教育が原因だとありますが、彼らに愛国教育と共に国際理解や国際交流を受ける機会がもっとあれば、結果は変わったかもしれない・・・と思いますがね。。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事