AudioProject

閉鎖ブログです。皆さんありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

今は、出張中なので、図を描いて説明はできないのでご了承ください。
C-2はもうどうでもよいのですが、入力何Ωかといったときに私が、入力に100Ωかましてあるので100Ωと言ったのがまずかったようだ。

①通常のアンプの入力インピーダンスは高い、それでも入力に入力抵抗とか負荷抵抗と呼ぶものを付けて、見かけ上の入力インピーダンスとするのが普通だ。
この時点ではC-2の正式な回路が分かっていたわけでないから、それほど騒ぐほどではない。
②ブロック図に反転入力のヘッドアンプ図がでてきて初めて推測が立った。
もしかして反転アンプの入力インピーダンスの低い回路かもしれない

①②ここまで推測

③入力インピーダンスのみシミュレーション

④カートリッジ相当の抵抗をいれて入力感度から出力までシミュレーション
最終的には、ほぼ間違いないと思われるまで解析


反転入力は普通は使いにくいし。用途は限定となる。
入力抵抗が普通反転アンプでは付いているからいいが、小さすぎたら使いにくい

以下やさしく説明します。非反転アンプの例
分かりやすいアキュフェーズのC-37フォノイコアンプで見てみましょう
以下部分転載、ダウンロード取説より
大変分かりやすい仕様です。

入力感度表記です。これは入力インピーダンスを変えても、ゲインも変わりません。ここではアンプとしての仕様ですから、入力インピーダンスと呼んでいます。これが非反転増幅回路です。入力インピーダンスをたくさん持っていますね。よく見ておいてください。

仕様(抜粋)
イメージ 1

次にカタログを見てみましょう。MC6種類、MM3種類の豊富な負荷インピーダンス切替と書いています。これはカートリッジ側からみれば負荷インピーダンスな訳です。
イメージ 2

入力インピーダンスと読んだり負荷インピーダンスと読んだりするのはこの辺の違いです。

次にブロックダイヤグラムを見てみましょう。
ヘッドアンプ回路は、非反転アンプとなっています。
これにロードインピーダンスの負荷抵抗を切り替える形式となっています。

イメージ 3

ここで取説によりますと、カートリッジの指定インピーダンスに合わせるか好みで設定と書いてあります。カートリッジというものは、インピーダンス設定は結構自由です。昔の普及価格帯のフォノ入力でさえ負荷抵抗切替スイッチが背面にありました。
もちろん好みに応じての設定でした。

高級、高価格の物が電流入力アンプだとは限らないことがお分かりいただけたと思います。

ゲインが接続されるカートリッジで変わってしまうフォノアンプは、あまり詳しい仕様を書かないのはこの辺に事情があるかもしれませんね。






閉じる コメント(11)

こんばんは(^_−)−☆

出先で投稿ご苦労様です(=^ェ^=)
確かにね。あんまり詳しく書くと、仕様の通りに繋いだのに音が小さいじゃないか! とか、ハイ受けしてるのに、高域が伸びないのは何故だ! とか、訳の分からない言い掛かりを付ける輩が出て来る(笑)
だから、お好みで選択くださいとかの方がクレーム少ない。大体アナログオーディオは予測など付かない。マニアなら分かっているんだが(爆)

2018/9/26(水) 午後 8:19 しんのすけ 返信する

こんばんは〜♪

わたしの方で反転ばかり取り上げるものだから非反転の紹介でバランス取りですね(^_^)ゞ

ちなみに私がよくブログ記事を紹介するオーデザさんも抵抗切り替え方式です(*´▽`*)

2018/9/26(水) 午後 9:12 [ nightwish_daisuki ] 返信する

顔アイコン

> C-2はもうどうでもよいのですが

終わったことを蒸し返してすみません。

C-2や、TA-E900の感度表記時には、インピーダンスを規定していましたが、C-37では、どうして不要なのですか。

また、C-2では10Ω、TA-E900では2Ωと違いがあります。
同じにしないで、不公平にはならないのですか。

また、そのインピーダンス(負荷抵抗?)は、何と呼ぶのですか。

また、実用状態では、そのようなインピーダンスを付加しないので、測定条件とかけ離れませんか。

2018/9/26(水) 午後 11:39 [ 那須山 ] 返信する

顔アイコン

> しんのすけさん

おはようございます。
スペック表示は意外に難しく、その条件は、業界の標準できまっているので、問題はないのですが、時々評論家さんなどの解説違いなどがあるからですね。

本当のマニアは分かっています。自称は分かってませんが

2018/9/27(木) 午前 6:22 [ AudioProject ] 返信する

顔アイコン

> nightwish_daisukiさん
おはようございます。

何でも方式には、良いところと、悪いところがありますから、色々な意味で、今回のC-2の件では、掘り下げての討論になったことは、すべての流れを理解できれば有意義だったと思います。

2018/9/27(木) 午前 6:27 [ AudioProject ] 返信する

顔アイコン

> 那須山さん
おはようございます。
良いところにお気づきになりました。

>C-2や、TA-E900の感度表記時には、インピーダンスを規定していましたが、C-37では、どうして不要なのですか。

C-2などでは、10Ωとかの条件時の入力感度な訳です。
50μV/10Ωで2.3mVの出力が得られますが40Ωでは変わってきます。代表値で表示したのでしょう。
入力感度は、機器間の比較項目ではないので不公平にはならないと思います。

実使用に合わせての測定値表示は難しいでしょう。
ここで、MCカートリッジならどこのメーカーの物でも
使えますとなるわけです。

これは、那須山さんが苦労して実測して見て自分で分かったことですね。無駄ではなかったということです。

C-37の場合は電圧増幅です。
アンプの裸入力インピーダンスを高く設計しているハズですから、見かけ上のインピーダンスとするカートリッジ終端抵抗(インピーダンス負荷)が変わってもゲイン(増幅度)に変化は生じません。

2018/9/27(木) 午前 6:46 [ AudioProject ] 返信する

顔アイコン

> AudioProjectさん

朝の忙しいところ、丁寧な回答ありがとうございます。

そうか、感度はアンプのゲインを表示しているだけだから、測定条件さえ明示すれば、負荷抵抗は何でもいいんだ。

ごおるどさんが、SONY TA-F333ESXをネタにしていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/goldzg2003/71717781.html

TA-F333ESXは、3Ωと40Ωが切り替えできると言う。
https://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/amp/ta-f333esx.html

そのスペックを見たら、またまた、違った表記だ。
これだからど素人を混乱させる。

この表記のMC(40Ω),MC(3Ω)は、TA-E900とは、違った意味だろう。

TA-F333ESXは、3Ωと40Ωでゲインが同じなので、使い易い。
とかく、TA-E900のような高級品は使いにくい。

2018/9/27(木) 午前 7:25 [ 那須山 ] 返信する

顔アイコン

昨日、発売だか発表された YAMAHAのプリアンプ C-5000。
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2018/18092602/
---------------------------
入力感度/インピーダンス
100μVrms/300Ω
100μVrms/100Ω
100μVrms/30Ω
100μV/10Ω ※rms書き忘れかな
---------------------------

2018/9/27(木) 午前 7:59 [ nightwish_daisuki ] 返信する

顔アイコン

> nightwish_daisukiさん
> 100μV/10Ω ※rms書き忘れかな

いや、直流なのだ(爆)。

2018/9/27(木) 午前 8:15 [ 那須山 ] 返信する

顔アイコン

> nightwish_daisukiさん
> nightwish_daisukiさん
バランス入力だからですね。
こうなるとマイクアンプのバランスに近くなる
ヤマハはミキシングコンソールでの技術からその辺は
お家芸かな?


ダイナミックマイクもMCカートリッジもムービングコイル(MC) これは書いておかないと・・日中に混乱



取り急ぎ

2018/9/27(木) 午前 8:29 [ AudioProject ] 返信する

顔アイコン

> 那須山さん

>そうか、感度はアンプのゲインを表示しているだけだ
>から、測定条件さえ明示すれば、負荷抵抗は何でもい
>いんだ。


そういうことです。負荷が変わっても入力→出力の関係に影響を及ぼさないことを表示しています。

2018/9/30(日) 午前 8:05 [ AudioProject ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事