AudioProject

閉鎖ブログです。皆さんありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

今朝ブログを見ていたらあなたの耳に挑戦と言う、いかにも那須山さんらしい記事を見つけた。
聴いてみると、確かにうるさい。

しかしこの程度は普通だと思う人や気にしない人も多い。
結構、当地方で開催される音楽鑑賞会でも、ハム音は付き物だ。
主催者もハム音はありますがと認めているから陰口でもない。

追記
音楽鑑賞に精通している方より、この記事を見てメールをいただいた。
脳内補正で、演奏の良い部分は、わかるそうです。
また、オーディオファン層から、当時熱烈な評価も彼女は受けていたそうです。
だから末記の感想に抹消線入れます。

YouTubeからの音をWSで確認してみた。
(昨日の実験のままだったので器材が出しっぱなし、接続のままなのですぐできる)
ピアノの鍵盤をたたいて出た音と低音域の差を見ればわかる
その差はわずかだ。

イメージ 1

耳に挑戦不要で、トーンコンで上げなくとも、誰にでもわかるレベルだ。
昔の少年向けオーディオ雑誌風に言えば、「キミのシステムは再現できるか!」といったたぐいだ。

いずれにしてもこの演奏家が気の毒だ。
自称レコード演奏家(故人)の録音によって、演奏が台無しにされた例だろう。

青字は私、個人の感想なのでお手柔らかに頼みたい。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ご安心ください。
こちらの記事に菅野さんへの皮肉を書いておきました(笑)。
https://blogs.yahoo.co.jp/nasusan1915/38174523.html

2019/3/1(金) 午前 9:25 [ 那須山 ]

顔アイコン

> 那須山さん
早速ありがとうございます。

昔は、誇張された音がオーディオでは好まれました。
時代背景もわかっています。

2019/3/1(金) 午前 9:36 [ AudioProject ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事